ユダヤ・キリスト教世界支配のカラクリーニーチェは見抜いていた/ベンジャミン・フルフォード, 適菜収

ニーチェは見抜いていた ユダヤ・キリスト教「世界支配」のカラクリ

ベンジャミン フルフォード,適菜 収/徳間書店

undefined



フルフォード、適菜氏の対談+コラム。内容はユダヤの世界支配ではなく、一神教の問題点がほとんど。目次にコラムが含まれておらず、本文に挿入されるスタイルが読みにくく、対談では、ユダヤ差別に関して慎重であるにも関わらず、凡庸な陰謀論タイトルが気になります。

適菜氏のニーチェ本に関しては、この本で初めて知りました。

【目次】
第1章 世界を壊しゆくユダヤ・キリスト教の超支配をいかに終わらせるか!?
第2章 一神教の神の座に神に入れ代わって鎮座する「民主主義」「近代理性」の正体
第3章 キリスト教の「羊の群れ=人間牧場」管理システム
第4章 キリスト教に虐げられたユダヤ教の復讐―それが世界を動かす原理に化けた!?
第5章 ユダヤ・キリスト・イスラムの唯一神教に我々はどう対処すればいいのか!?
第6章 巨大宗教の限界と終焉!宇宙/神との繋がりは、一人一人の能力にまかせた方が自然でいい!!
第7章 神を待つな、頼るな、仰ぎ見るな!! この世界は人間の手でしか天国にならない!!
__________

【出版社/著者からの内容紹介】 「神様は一つには納まりきれない」が持論のベンジャミンとユダヤ・キリスト一神教への舌鋒鋭い批判が本質の哲学者、ニーチェ研究者が激論! 資料としてアメリカ元副大統領アル・ゴアのスピーチ原稿を収録。 徳間書店 (2007/02)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/5301868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-05-04 22:35 | 評論・インタヴュー | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite