韓国の悲劇ー誰もかかなかった真実/小室直樹

韓国の悲劇―誰も書かなかった真実 (カッパ・ビジネス)

小室 直樹/光文社

undefined



85年の初版から10年以上再販されていた名著。

現在も読んでも価値がある本です。

【目次】
1/獲物は勝利者に属する—国際政治のダイナミズム
・逆流する日韓二千年史
・すべての不信と誤解は「ごめんなさい」からはじまる
・やさしい帝国主義国、日本がなぜ恨まれるのか
・八月十五日以降も朝鮮には日章旗がひるがえっていた
・韓国の解放は日米の共同統治ではじまった
・朝鮮半島分裂の責任は日本だけにあるのではない
・独立運動二人のリーダーの大喧嘩の罪
・日本はアメリカ軍に韓国をひきわたした

2/二つの「日本・朝鮮同祖論」—古代史が落とす影
・日本の比ではなかったイギリスの帝国主義
・韓国人はなぜ、親米、反日なのか?
・日本に対してだけ感情的になってしまう韓国
・何でも韓国が本家で日本が分家という論理
・無礼というだけで軍事行動を起こした日本の異様さ
・二つの「日本・朝鮮同祖論」の意味
・文化的忘恩こそ対日反感の淵源
・なぜ韓国に天智天皇の銅像がないのか

3/日本人の「うそ」と「善意」—差別と安重根
・かみ合わない日韓の用語意識
・「朝鮮征伐」か「倭乱」か
・日本人は李退渓を通じて朱子学を学んだ
・なぜに日本に宗教がないのか
・結婚する日本の僧侶を見てあきれた韓国人
・日本人が韓国人を理解できない理由
・韓国社会の中で正面衝突する儒教とキリスト教
・日本人の「うそ」が小さな差別を大きくした

4/韓国は日本に迫りつつあるか—躍進経済の手品の種
・韓国の爆発的エネルギーは本物か
・インフレが韓国経済の救世主という矛盾
・韓国を苦しめるべらぼうなウラ金融
・見栄っぱり韓国の経営
・ウォンと円の格差が日韓の経済の差
・名家の美女・韓国と喧嘩だけが強い粗野な男・日本
・日韓の「垂直分業」の実態
・紛争が存在すること自体が必要な日韓関係

5/韓国資本主義の弱点—両班の残滓とハングリー経済
・系図を買えば、名門の子孫になれる日本
・キムチとタクアンほども違う、日本と韓国同族経営の意味
・なぜ韓国の企業で人材が育たないのか
・韓国は両班が特権を教授する階級社会
・韓国人が憧れる働かずして食う生活
・韓国人の労働のエトスはなぜ付焼き刃なのか
・資本主義から遠く隔たった韓国人の意識
・ハングリーでなくなったとき、韓国はどうなるか


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/5003344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2007-03-23 20:02 | 歴史・文化:美術 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite