死は狂気によるものか?『ゴッホ 最期の手紙』

f0134963_21495753.jpg



何かとやらなきゃいけないことが迫ってきて、色々とあせってしまうことの多い年末ですが、冬空に似合う映画を見てきました。

最初、タイトルを見たときは、物心両面で支えていた弟テオとの手紙を通して、ゴッホの人生を描く、これまでにもあったような物語を想像していたのですが、全然そうではなくて・・・

ゴッホの絵に描かれていた人々が、ゴッホのタッチそのままのアニメーションになって、死の真相を探るというアートサスペンス。


f0134963_09514948.jpg
(郵便配達人ルーラン)


友人だった郵便配達人ルーランは、1年ほど前に自殺したゴッホが弟テオに宛てて書いた手紙を出し忘れていて、息子のアルマン・ルーランに手紙を届けてほしいという。


f0134963_09531731.jpg
(アルマン・ルーラン)


父の願いを聞き入れた息子アルマンは、テオの消息をつかめないまま、パリへ旅立ち、画材商のタンギー爺さんを訪ねると、兄の死にうちひしがれたテオは、半年後、後を追うように亡くなっていた。


f0134963_09582347.jpg
(タンギー爺さん)


ゴッホの最期を知るうちに、その死に疑問を抱くようになったアルマンは、精神科の主治医だったポール・ガシェや、


f0134963_09593732.jpg
(ポール・ガシェ)


その娘マルグリットに会い、一般的には銃による「自殺」とされているゴッホの死に、不可解な事実が隠されていたことを突き止め・・・。


f0134963_10014257.jpg
(マルグリット・ガシェ)


ゴーギャンとの友情が破綻し、耳切り事件を起こしたことはよく取り上げられますが、アルルの村での生活や、村人との交流、そしてあの絵のモデルたちとの関係を通して、彼の日常や、その狂気についても、これまでとは少し違う、ゴッホに出会えて、

エンデイングで、Don McLeanでおなじみの「Starry, Starry Night」のカバーが流れ、映画館を出て家に着くまでの寒空が少しだけ輝いて見えました。





この映画は画面に字幕が入らない方がキレイなので、吹替版の方がいいかも(主役のアルマンの声は山田孝之!)。また、通常のシネマサイズではなく(4:3)、油絵タッチのアニメなので、劇場ではいつもより前方の席をオススメします。

関連記事・・・

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/29002360
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-12-28 10:37 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite