『ブルーム・オブ・イエスタディ』とか、フィギュアスケートとか

f0134963_16215917.jpg



先週までをおさらいしてみるw
前日、家で『最終版』のDVDで復習した後、『ブレードランナー 2049』を見に近所の映画館へ。水曜日だったのに、私が座った席の列では、私以外はすべて男性という客層に驚いたんだけど、

人はなぜ生まれてきたのか?という問いは、男性の方がより持ちやすいのかも。

福岡伸一氏によれば、生命誕生から10億年、地上にはメスしか存在せず、「生命の基本仕様」はメスだった。しかし、地球環境の変化により、生物は多様な遺伝子を作り出そうとし、その結果、メスの遺伝子を掛け合わせる存在として「オス」が誕生したという。

聖書が男性中心なのも、新たに生まれた彼らには、マニュアルや、プロトコルが必要だったからで、その過程の中で発見された「アメリカ」は、新天地の開拓から歴史が始まっているので、他の国に比べて、より男性中心なのね・・・みたいなことをちょっぴり思いつつ、

2時間半以上の上映を堪能した3日後、日本初の「IMAX次世代レーザー」があるという大阪エキスポシティの巨大スクリーンでも、再度見た。

普段、上映前の情報はあまり必要とせず、むしろ避け気味の私なんだけど、今回の続編に関しては、公式ホームページの「予告/動画」にある、渡辺信一郎監督による、すっごくレベルの高い、前奏アニメ「ブレードランナー ブラックアウト 2022」「ブレードランナー ブラックアウト 2022」、「2036:ネクサス・ドーン」「2048:ノーウェア・トゥ・ラン」の3本を見ておく方がより楽しめるかも。



で、その次の週に見たのが『ブルーム・オブ・イエスタディ』。
ナチスやヒトラーとまったく関係のないドイツ映画なんてあったかな?と思うくらい、ユダヤ人虐殺という罪に呪縛されてきたドイツ映画だけど、2015年の『帰ってきたヒトラー』など、ようやく、新しいタイプのナチス映画というか、

『MJ Tapes』でマイケルが語っていたように、被害者以外の人間が罪を問うことで、新たな世代のドイツ人にも責任を押し付けるのはやめようといった趣旨が感じられる、よくできたドラマだと思いました。



読書では、『リトルプリンスー星の王子さまと私』の余韻で、『星の王子さま』をヴァージョン違いで2回読んだ以外、新刊本ではこれは!と思う本には出会えてなくて、我らのキングの未出映像を見るのにも忙しかったりしつつ(みんな知ってると思うのでここには貼らないw)、他に映像関係では、CSで、『雲のむこう、約束の場所』『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』という新海誠作品を見て、映画館で見て以来だった『君の名は。』も、2度目の方がなぜか感動したり・・。



羽生君のケガが残念だったNHK杯では、ランビエールのコーチぷりが、なぜか現役時代に負けないぐらい魅力的で、彼がリンク外で見守ってるとことか、キスクラとか、なんか別の意味で、デニス・ヴァシリエフスに注目しちゃったりしてたんだけど、それにしてもNHK、日本選手を優先するのはわかるけど、優勝したボロノフや、2位のリッポンのエキシビジョンを放送しないって酷すぎない?


ロシアのスケーターって大好きなんだけど、
EXでの音楽の趣味については、いつも残念・・・





それに比べて米国選手の「曲」にはいつも注目しちゃって、コールドプレイの「O」も、リッポンが滑ってくれたおかげで知ったイイ曲だったんだけど・・・






今回のリッポンのEXはなんと「歌」!(驚)






ジェイソンが選ぶ曲はいつも楽しみなんだけど、今回SPは「ハミルトン」から、「The Room Where It Happens」だったけど、EXも「DEAR EVAN HANSEN」という、どちらも今話題のミュージカルの曲なのね。






そういえば、カーニバルオンアイスの高橋大輔が素敵だったので、


Carnival on Ice 2017
高橋大輔 「Gilty Crown - Krone」





「ギルティクラウン」っていうアニメも見なくちゃいけないんだったww




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/28565421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-11-13 17:02 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite