『リトルプリンスー星の王子さまと私』と私

f0134963_10540629.jpg



その日私は、ちょっぴり張り切って準備していたことが、急にキャンセルになるということがあって、ちょっぴり落ち込んでいた。ホントに取るに足らないことで、ショックを受けるほどでもないんだけど、それでも、こういうことを受け止めるのは、大人になったから出来ることで、子供時代にはできなかったなぁ、なんてことを思い出す。

子供には、学校と家という2つの社会しかなくて、そこから逃れる方法もないから、ささいな辛さでも受け止めるのはすごく大変なことだったけど、大人には色んな手段が使えるし、痛みも苦しみも、そのうち終わるという慣れや経験も豊富だ。

私は子供の頃、自由を感じたことなんてなかったから、子供時代に戻りたいなんて思ったことがない。

ただ、そのドタキャンの理由は、私のミスではないものの、誰が一番責任があるのか、と言われれば、やっぱり「私」しかいないみたいな状況で、誰かから謝罪を求められることも、怒られることもなく、逆に謝られたりもしたんだけど、やっぱり、自分の中ではさまざまな反省点が何度も「もやもや」と立ち上がってきて・・・

そんな時間を過ごしているうちに、ふと、録画してあった『リトルプリンスー星の王子さまと私』のことを思い出した。この映画のことは、マイケルの誕生日を祝うためのMIXのために、ネヴァーランドで流れていたクラシックや、MJと関連の深い映画音楽を聞きまくっていたことから発見したので、音楽の素晴らしさは知っていたけど、映像の方はなかなか見ることができなかったのだ。


原作以外の「星の王子さま」については、スタンリー・ドーネン監督の映画のみ、マイケル関連で見ていて、ボブ・フォッシーや、王子役の子供の可愛らしさが印象的だったものの、ミュージカル曲が苦手な私には、あのダンスにもっといい音楽が付いていたらいいのに・・(マイケルがミュージカル映画を作りたいというモチベーションもそういう理由にちがいない)と思ってみたり、




(マイケルに影響を与えたと言われるボブ・フォッシーのシーン)


また、この映画の惹句のように「ファンタジー・アドベンチャー」と言うのも、原作のダークなストーリーとは別物のように感じられ、この作品を子供も大人も楽しめるように創るなんて、そもそも無理なことだし、最近のCGアニメの絵柄にも不安を抱いていたんですが、

結果からいうと、今日のもやもやを晴らしてくれるような、素敵な作品でした。


f0134963_10570406.jpg


ストーリーは、原作の後日譚のような内容になっていて、良い学校に入るために勉強漬けの毎日を送る9歳の女の子が、名門校の学区内に引っ越してくると、隣にはオンボロの飛行機に乗ろうとする風変わりなおじいさんが住んでいて、女の子は、そのおじいさんから「星の王子さま」の話を聞くうちに・・・という設定。


f0134963_10581586.jpeg


「星の王子さま」のストーリーに救われるのが「女の子」だったり、教育熱心なお母さんのことも、どこか優しい目線で描かれていて、アドベンシャーから女の子を除外しないところや、大人とこどもを敵対させない気配りとか、大人になった「王子」の描かれ方も、ドーネン作品のような無垢でかわいい子供というのより、私にはイイように感じられたし、

音楽が素晴らしいだけでなく、質感に変化のある映像も想像以上に良かった!

ただ一点だけ、これはこの映画に限らず、洋画を見ていていつも感じることなんだけど・・・

おじいさんが病院に運ばれるシーンで、女の子が救急車を追って走っているときに、自転車に乗った少年とぶつかってしまう場面があって、自転車に乗っていた少年は、ぶつかったことで、ケガをしたみたいなのに、それを見た女の子は謝りもせず、少年の自転車に乗って、救急車を追いかける。

とかく洋画の主人公は、車の持ち主にはなんの落ち度もないのに、衝突したり、窓を割ったりすることになんの抵抗もなく、さまざまな都合で、他人の迷惑を顧みず、自分の要求や行動を通そうとするよね。私は、少なくともこの場面では、ぶつかって自転車から落ちた男の子に、ひとこと「ごめんなさい」ぐらいは言って、自転車に乗って行ってもらいたかったんだけど・・・

欧米の、特に米国映画がこれほど同じようなシーンを繰り返すのは、世の中には、そんなことを無視してもやらなくてはいけないことがある、という「教育」なんだと思うけど、そういう国でセレブが銃規制について語ってもなぁ・・・(この作品はフランス映画です)。


f0134963_11253294.jpg

そして、「他人に迷惑をかけてはいけません」という教育を受けてきたのに、「戦うんだ」なんて言われても・・・



(私が観た字幕版では松任谷由実のテーマソングはかかってなかった)

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/28225268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by co at 2017-10-18 00:21 x
>質感に変化のある映像も想像以上に良かった!

そうそう!
とくに、和紙でつくった折り紙みたいな前半!
絵本の世界に入りこんだ気分になれたし、すごくかわいかった💓
ネバーランドのシアターで隊長と一緒にみたいなーなんて妄想も楽しめたしっ。
後半はフツー。大きなスクリーンじゃなくてTVサイズな感じ。←雑な感想。

急なキャンセルは悲しいけど、張りきって準備してたことがあるなんてステキ✨
Commented by yomodalite at 2017-10-18 20:33
coさんも観てたんですね(^ ^)
しかも、ネバランのシアターで…。
だなんて、やっぱり隊長がらみのところも、一緒だったりして。
ホントにもう私たちってどこまで… なんだか( ̄▽ ̄)
Commented by ヤンチャ at 2017-10-23 16:58 x
今度、東京にお泊りの御用がありましたら、
江戸川シーサイドホテルにいらしてみて。
観覧車はもとより、ネバーランドと広さが同じくらいですから。私は主人の出張をよいことに、数回宿泊してみており、ネバーランドだったらの瞑想に程よい興奮と、なんとも言えない自然との対話を体験しております。
Commented by yomodalite at 2017-10-23 22:33
葛西臨海水族館は、あの海と繋がっているような風景が大好きで、何度か行ったことがありましたが、こちらのホテルのことは、全然知りませんでした。

確かにこの観覧車のサイズはネバランぽいし、周辺の景色も良さそうなうえに、ロビーの雰囲気も外国みたいですね!

実は数日後に東京にお泊りの用事があって、激安物件に決めたところだったんですが、次回はここに泊まってみたいですぅーー
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-10-17 12:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite