映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』

f0134963_23105069.jpg



同じ世界観の中で複数の作品を展開させて、本来作品の異なるキャラクターが共演したり、ストーリーがリンクし合ったりする映画企画を「ユニバース」と言って、米映画で大流行していますが、

ユニバーサル・スタジオがスタートさせた、往年のクラシック・モンスターホラー映画を現代版にリブートするという「ダーク・ユニバース(Dark Universe)」の第1作目が『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』(原題The Mummy)。

エジプト、ファラオ、十字軍、死者の書、宝剣・・など、マイケルが好きそうな要素がいっぱい詰まっているうえに、「Hollywood Tonight」のMVにも登場した超魅力的なダンサー、ソフィア・ブテラも出演!


プテラが演じているのは、ファラオの息子に女王の座を奪われた謎の王女で、生きたままミイラにされた彼女が蘇って・・・というのも、なんだかマイケルのツタンカーメン好きに通じてそう。

聖書の民は、ミトコンドリア・イブが黒人だという説が有力であっても、世界文明の源流であるエジプト人が、アフリカ系だとは絶対に認めたがらないのですが、マイケルがツタンカーメンにすごく興味があったのも、聖書以前の歴史に興味があったからで・・・

と、まあ、そんなことばっかり想像して、大量のネズミが登場するシーンでも、映画『BEN』を思い出すというMJ中毒症状を抱えながら鑑賞していたんですが、映画の展開がさっぱり「母」に行かなくて・・・「The Mummy」ってタイトルは何だったんだろうと帰ってきてから調べてみたら、

マミー(Mummy)って、ミイラのことなんですね。

米国でミイラとママが同じ呼び方をされている(スペルも同じ)理由については、色々調べてみても、納得がいかなかったのですが、映画自体は普通にスリラーとして楽しめるというか、トム・クルーズと、ラッセル・クロウがつまらない脚本の映画に出演するわけがない。という保険がギリギリ効いていたという感じw

でも、せっかくユニバースなのに、この脚本だとソフィア・ブテラは今作限りっぽくて残念!


f0134963_23135773.jpg



f0134963_23143459.jpg



f0134963_23150348.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/28021231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mitch_hagane at 2017-08-03 10:59
おーっ、観られましたか。

みっちも、さすがにオリジナルの「The Mummy」(1932)はリアルタイムでは観ていないのです。(笑)
記憶にある「The Mummy」(1999)は、邦題「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」以下の3部作です。これはまあ面白かったような。
今回の「The Mummy」(2017)は、未見です。どうも雰囲気からすると、後日ビデオで観てもいいかなぁ、などと思っています。(汗)
Commented by yomodalite at 2017-08-03 16:36
>記憶にある「The Mummy」(1999)は、邦題「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」以下の3部作です。

そうそう、『ハムナプトラ』も原題が「The Mummy」だったって、帰宅後調べて初めて知ったんです!

元々、その手の映画が得意じゃないので、『ハムナプトラ』もシリーズ作の最初で挫折してるし、『インディジョーンズ』は、マイケル絡みで何度か挑戦したものの、どうしても音楽のうるささに耐えられなくて(笑)

そのせいなのか、この映画、本国ではかなり酷評されてるみたいなんですが、『ハムナプトラ』や、『インディジョーンズ』嫌いの私には、それなりに楽しめましたw

トム・クルーズがこれまで演じてきたキャラを総動員して、シリーズ最初になんでも出来まっせ感をアピールし過ぎるのも、「やる気満々なのね」と、余裕で見てられましたしw、ラッセル・クロウの、ジキルとハイドをモデルにした博士には、一瞬誰?って言いたくなったり、秘密組織って・・みたいな感じもあったんですけど、なんだかんだ、舞台がロンドンというところが素敵で、ああいった歴史のある美しい街並みが壊れていく様は、スクリーン向きでした。

あと、お目当のソフィア・ブテラはすっごく背が高い人だと思っていたのに、トム・クルーズより小柄でびっくり!とか・・・全然参考になんなくてスミマセン(笑)
Commented by kuma at 2017-08-05 21:11 x
公開三日目に観ました、『ザ・マミー』!

常日頃から「『ハムナプトラ』こそ私のオールタイムベスト!」と豪語する娘に引っ張られて観に行ったのですが、トムの献身的なアクションと、こういう映画の主人公は絶対死なない!という安心感で結構楽しめました。すっごくお金のかかったお化け屋敷とジェットコースターを一緒に楽しんだみたいな気分。

『ハムナプトラ』に比べると、ちょっといろんな要素詰め込みすぎかな、とか、話の展開に無理あるかな、とも思いましたけど、ダーク・ユニバースシリーズの第一作目ということですから、二作目三作目のためにとってある情報もあるのでしょうね(ラッセル・クロウ率いる組織のこととか)。

ゾンビが元気いっぱいに泳ぐシーン、『ハムナプトラ3』で走る兵馬俑を観たときと同じくらいびっくりして、かつ笑っちゃいました。
それから、女王が「Hollywood Tonight」の素敵な素敵なダンサーの方だということには、こちらでおしえていただいてはじめてわかりました。ありがとうございます!



Commented by yomodalite at 2017-08-06 20:13
kumaさんのお嬢さんのオールタイムベストだなんて言われると、もう一回「ハムナプトラ』見てみなきゃ、なんて気分になってきちゃいました。

>トムの献身的なアクションと・・・

それにしても、この映画のトムって、20代の設定?って思うような演技じゃなかった? もう55歳だし、意外とラッセル・クロウよりも年上だし、今後のシリーズのことを考えて、40代前半ぐらいのキャラ設定にしとけばいいのに・・なんて心配してるの、私だけかな?

ソフィア・ブテラが、「メンバー」として定着するようなユニバース企画があったら、いいのになぁ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-08-03 00:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite