AY対談w「ビルとジェイボンと衣装について」

f0134963_21422210.jpeg


読者限定ブログで公開している『Remember the Time』(MJのボデイガードが書いた本)をネタに、akimさんと4時間ぐらいおしゃべりした内容を、ちょっぴり公開します。


A:akimさん Y:yomodalite


Y:2006年頃からのマイケルの写真、いっぱい見てるつもりだったんだけど、彼ら(ビル&ジェイボン)の顔は記憶がなかったんだよね。ビルに関しては、なんとなくそれらしいのがあったけど、ジェイボンは一度も見かけたことがないんだけど・・・



f0134963_21475477.jpg

テレビ出演時:マイケル・アミール(左)ビル(中央)とジェイボン(右)



f0134963_22580834.jpg

(左)ビル?



A:ビルは2006年からだけど、ふたりが揃ったのは2007年からだよね。


Y:裁判のとき証言してたボディガードが2人いたでしょう。でも、ビルとジェイボンは、彼らとは違うんだよね。パームスタジオのエピソードのときも、すでに2人共いたはずなのに、あの頃の写真に写ってるのも、ビルとジェイボンじゃないよね。裁判で証言したマイケル・アミールはよくマイケルと一緒に写ってるんだけど。



f0134963_21493972.jpg

MJのアシスタントでセキュリティチーフだったマイケル・アミール・ウィリアムス



f0134963_21521406.png

911通報をしたボディガード、アルベト・アルバレス




A:ボディガードが変わるのは、本の中ではこれ以降の話で出てくるんだよね。ビルとジェイボンは、たしかロスには行ってないか、常駐はしてないみたいな・・・



f0134963_21542230.jpg

(左)マイケル・アミール(右)ビルじゃない人w




今紹介してるところは、ちょうど、ビルに全権が移ったぐらいのところなんだけど、どこかの時点で、マイケル・アミールに移行して・・



f0134963_22035262.jpg
(左)マイケル・アミール(中央)アルベト・アルバレス


ビルたちは、自分たちが最後まで一緒にいられたら、みたいなことも言ってたみたいだけど・・




f0134963_21575123.png

(右)ビルでもジェイボンでもアミールでもない来日時のボディガード




A:2006年も、2007年も、同じプロモーターの人(ポジティブプロダクション代表ブロデリック・モーリス)が絡んでて、2007年の来日では、マイケルと彼はなんらかのビジネスの話を詰めてたらしいね。


Y:そのビジネスがポシャったから、あの本あんなに高かったのかw



A:この頃のマイケルって、パフォーマンスではない、ビジネス関係で来日してたんだと思ってて・・レイモン・ベインが、あのファン・パーティーが超高額ということを、実はマイケルに知らせてなくて、彼はあくまでもビジネス・ミーティングだと思ってて、ファンたちが歓迎してくれることは知ってたけど、そんなに高額だとは知らなかったんだとかって古くからのファンには言ってた、みたいな話は聞いていたんだけど・・


Y:でも、ビルとジェイボンも日本のファンはマイケルに会うだけで高額なお金を払うんだ、とか知ってたわけだから、マイケルがわかってないわけないよね。


それと、エリザベス・テーラーのパーティに出るための衣装とか、すごく張り切って有名デザイナーに依頼して作ってるのに、MTVアワードに関しては、来る前からわかってるのに、来日してからあわてて、衣装を調達したりしてるでしょ。テレビ中継もあるし、帰国後、世界ではじめてステージに立つことで注目もされてたのに・・




f0134963_22254600.jpg

Japan MTV Award

衣装がチープでも、MJはゴージャス!




A:まぁ帰国したばっかりってこともあるんだろうけどね・・


Y:でもさ、帰って来たところだったにしても、エリザベス・テーラーのパーティーのときは、ロベルト・カヴァリに注文してわけだし、それこそ、THSI IS ITのときもお願いして、これまでもずっとやってきたマイケル・ブッシュに声かけたって良かったじゃない。サイズもそんなに変わってないんだし・・・


A:そこは謎だよね。


Y:テレビも入ってるのに、直前にユザワヤで買ったような材料で、衣装作らせるなんてね・・


A:混乱してるよね。


Y:うーーん、混乱なのかなぁ、あの高額のファンパーティーのときはスペシャルな衣装だったじゃない?あれは、お金が入るってわかってるけど、MTVアワードの方は、マイケル側からねじ込んだから、出演料がそんなに出ないとか・・いや、そんなことないか・・だって「Smap×Smap」と同時期だもんね。あれは、フジテレビがすっごく高額なギャラ払ってるから・・ただ、同時期とはいえ、それぞれスポンサー別だから、ギャラ別にシビアに考えてるってことはあるかな・・


A:ファン・パーティの衣装は、あのランディが突入したことで、行けなくなっちゃったエリザベスのパーティで着る予定だったのを流用してると思うんだよね。


f0134963_22171027.jpg

マイケルのためにデザインしたロベルト・カヴァリのデッサン画



f0134963_22134507.jpg

ファンパーティーの写真



Y:あ、そうなんだ・・。でも、MTVアワードも別に歌うわけじゃなかったんだから、あーゆースーツでも良かったのにね。


A:カヴァリの衣装は、出来上がるまで何ヶ月もかかってるんだよね。彼に注文したとき、マイケルが「もう僕はローファーとか、白い靴下とかうんざりなんだ、スエードのアンクルブーツとか履きたんだよね」とか言ったらしくて・・カヴァリがそれに合うような衣装を考えてデッサンを見せたら、マイケルも大喜びしてくれたんだけど、それをロンドンのワールドミュージックアワードのときに着用したマイケルは、観客が盛り上がってることに気分が高揚して、そのジャケットを、会場のファンに投げちゃったんだよね。




ジャケット投げは11:45~



それで、カヴァリがあんなに時間かけて作ったのに・・みたいなエピソードを自分のサイトで公開してたよ(笑)





Y:日本のMTVアワードは、帰国後世界初とはいえ、ほとんど日本人しか見ないからね。ロンドンの方がお金かけるのは仕方ないか・・


A:うん、帰国してからはじめて公の場に出るっていうイベントだったせいで、マイケルもまだ気持ちが乗ってなかったっていうか、まだ怖がってるっていうか・・・


Y:じゃあ、あの日本のMTVアワードで力を得て・・みたいな(笑)、あれがあってのロンドンってこと(笑)


A:そうそうそう・・私はずっとそう解釈してる(笑)


Y:はいはいはい、たしかにね(笑)


A:そう、あの日本のファンの歓迎があって、僕はまだ大丈夫、みんなまだ僕のこと好きでいてくれる、みたいな・・ジャパンMTVアワードも、別にマイケルのファンが集まってるわけじゃないし、色々なアーティストのファンが見に来てるのに、自分が出て行ったら、「えーーっ、マイケルぅ?」なんて言ってた人でも、これだけ盛り上がったっていうのは、あの頃のマイケルにはすごく力になって、これなら、ロンドンも絶対にイケる!という自信になったんじゃない?




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/27894838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-06-15 07:00 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite