マイケルとヒップホップ(3)N.W.A.~2Pac

f0134963_21570247.jpg


(2)の続き・・・

パブリック・エネミーよりも、さらに過激な論争を呼ぶことになったN.W.A.(Niggaz Wit Attitudes 主張する黒人たち)は、後年ギャングスタ・ラップのゴッドファーザーとも呼ばれるようになるイージーE、議論を招くリリックを書き、現在も俳優として活躍しているアイス・キューブや、脱退後シュグ・ナイトと共にデス・ロウ・レコーズを立ち上げたドクター・ドレーなど、個性豊かな4人のメンバーをそろえ、Run-D.M.Cの「Walk This Way」が大ヒットした1986年にデビュー。


パブリック・エナミーのチャックDをメンターに、ネイション・オブ・イスラムについても学んでいたアイス・キューブがリリックを書いた「Boyz N The food」は、ブラック・パンサー党幹部の弟である、ジョナサン・ジャクソン(ショットガンやライフルを携行して裁判所を襲撃し、脱獄を企てた罪で死刑判決を宣告されていた兄ジョージの釈放を要求し、検事を人質に立てこもったが、警官の突入を受け、射殺された)の実話を取り入れたことで、同世代の神話ともいえるレヴェルにまで祭り上げられ、その過激なスタイルはギャングスタ・ラップと呼ばれるようになり、1988年のアルバム『ストレイト・アウタ・コンプトン』は大ヒットを記録します。



N.W.A. - Straight Outta Compton






しかし、凶悪犯罪はこれまでにない件数を記録し、前年よりも4人多い78名の警察官が職務中に殺害されていた1988年、「Fuck Tha Police」など、警官への暴力を支持するような曲によって、N.W.A.は、大統領まで巻き込んだ大論争を巻き起こすことになる。


それでも、ストリートのリアリティをあるがままに語っているようなN.W.A.のスタイルは、新しいパンク・ロック以上のものになり、ギャングスタ・ラップは、若年層のリスナーに受け入れられただけでなく、ラップのミックステープを作れば、誰でもお金が稼げるかもしれないという希望は、ストリートの若者を夢中にさせ、ディスコを古いものへと押しやってしまう。


ロス暴動が起こったのは、それから4年後の1992年。


ハーレムで暮らす黒人と韓国人社会の対立は、1989年のスパイク・リー監督の映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』でも描かれていたように、アフリカ系アメリカ人の高い失業率、LA市警による黒人への恒常的な圧力や、韓国人の黒人への蔑視など、サウスセントラル地区の黒人社会には怒りが渦巻いていました。


そんなとき、ロドニー・キング事件(*1)のLA市警警官が無罪になり、ラターシャ・ハーリンズ射殺事件(*2)における韓国人店主にも、異例ともいえる軽い判決が下りたことが引き金になり、「ロス暴動」へと発展していく(*3)


1991年にN.W.A.を脱退していたドクター・ドレの1992年のアルバム『The Chronic』(強力なマリファナという意味)は、ロス暴動がようやく終結した数ヶ月後にリリースされたのですが、それは、人々にとってストリートの緊張を和らげてくれる強力な鎮静剤としても作用し、大ヒットしたようです。



Dr. Dre, Snoop Dogg - Nuthin' But A G Thang





そして、1993年、ドレーはスヌープ・ドッグのデビュー・アルバム「Doggystyle」をプロデュースし、初のビルボード・チャート1位デビューという大ヒットを記録。西海岸ギャングスタラップは、その後もヒップホップシーンを席巻するようになります。



Snoop Dogg - Gin & Juice






ビッチだの、ファックだの、ドラッグだの・・といった内容を好意的に解釈すれば、政治や宗教に傾倒しすぎの男たちや、フェミニズムにハマっていく女たちに、もっとリラックスして人生を楽しめ。


そして、政府に要求したり、誰かから奪うのではなく、「自分自身で自分のものを得るべきだ」というメッセージが込められているのではないでしょうか。また、Nワードとして差別用語だったニガという言葉の多用には、いわゆる「ブラックパワー」的な黒人啓発運動への反動もあるようです。


そんな西海岸のギャングスタ・ラップは、ライヴァル「バッドボーイ」レーベルとの獲得争いに勝利し、デス・ロウ・レコーズに移籍することになった2パックによって、さらに確かなものになりました。



California Love





ヒップホップの歴史に必ず登場する「東西抗争」というのは、主に「西海岸」と「東海岸」のレーベル同士の争いで、


N.W.A.の初期メンバーであるドクター・ドレが、N.W.A.を脱退後の1991年に、シュグ・ナイトと共に設立したDeath Row Records(西海岸)と、


ショーン・コムズ(パフ・ダディor ディディ)が、1993年に創立した、Bad Boy Records(東海岸)は、実際のギャングさながらに対立していました。



デス・ロウ移籍後初のアルバム『All Eyez On Me』から

メッセージ性の高い曲

Life Goes On(和訳付き)





1992年に公開された映画『ジュース』など、映画スターとしても人気を集めていた2パックは、ファンにレイプをした罪に問われ、収監されますが、デス・ロウ・レコード(西海岸)のオーナー、シュグ・ナイトは、140万ドルの保釈金を用立てることを条件に、刑務所内で2パックと契約を結び、出所後、2パックはライヴァルであるバッドボーイ(東海岸)を代表するノトーリアス・B.I.G.らを激しくこき下ろす曲を発表する。









ヒップホップ界の東西対決は、2パックの大成功によって激しさを増し、対立が話題となることで、ますます活況を呈すことになりましたが、


1996年9月6日、ラスベガスで行われたマイクタイソンの試合観戦後、2Pacは何者かに銃撃され、25歳にして命を落としてしまい、そして、翌年の1997年1月、ノートリアス・B.I.G.は、LAで行われた「Soul Train Award」に出席し、その後のパーティー終了後の移動中、交差点で何者かに銃撃され、亡くなってしまう。こちらもまだ24歳の若さで、ふたりの死は、ヒップホップの東西対決が引き起こした最大の悲劇となりました。




ちなみに、


一年間だけ通ったハリウッドのガードナー小学校や、エンシノ、ネバーランド、Hornby Hillsと、マイケルは基本的に「西海岸」の住人で、N.W.A.以降のラップミュージックは、ワッツ地区や、コンプトンに限らず、それぞれ自分がいる場所を語るという考え方があるのですが、


『HISTory』の「This Time Around」や、『Invincible』の「Unbreakable」でラップを披露したノトーリアスB.I.Gはバッドボーイレーベル(東海岸)で、


マイケルが『Invincible』までに共作した、Run-D.M.C、ヘヴィD、LL・クール・J、ノトーリアスB.I.G、ジェイ・Z(Heartbreakerや、Invincibleに参加しているFatsに関しては不明)は、全員ニューヨーク出身。バスケ選手でありながら、音楽的にも成功し、『HIStory』の「2Bad」にラッパーとして参加したシャキール・オニールもニュージャージー州の出身なので、


マイケルが共演したラッパーは、全員「東海岸」なんですよね。


プロデューサーであるテディ・ライリーがNYハーレム出身で、ロドニー・ジャーキンスも、やはり東海岸であるニュージャージー州出身ということもあるのかもしれませんが、


どうして、マイケルは「東海岸」びいきなんでしょう?


そして、才能あふれるラッパーは数多くいるのに、なぜ、ノトーリアスB.I.Gと二度も、しかも、二度目の「Unblackable」のとき、すでに、ノトーリアスB.I.Gは亡くなっていたのに、インヴィンシブル期のインタビューで、マイケルは一度もそれについて話しておらず・・・


マイケルはあれほどこだわっていた「Unbreakable」について、そんなことさえ語っていません。


わたしのヒップホップへの興味は、この二度も共演することになったノトーリアスB.I.Gと、彼のラップの魅力を理解したいという思いからスタートしているのですが、それについては、またあとで触れることにして、ヒップホップとビジネスの結びつきに関してもう少し・・・





これは死後アルバムからの曲で

「俺たちは変わる必要がある」という

Changes

(youtubeのページに和訳あり)




(*1)ロドニー・キング事件

1991年3月3日、黒人男性ロドニー・キングがスピード違反を犯し、LA市警によって逮捕された。その際、20人にものぼる白人警察官が彼を車から引きずり出し、装備のトンファーやマグライトで殴打、足蹴にするなどの暴行を加えた。たまたま近隣住民が持っていたビデオカメラでこの様子を撮影しており、この映像によって、白人警官3人とヒスパニック系警官1人の計4人が起訴された。裁判の結果、キングは巨漢で、酔っていた上に激しく抵抗したため、素手では押さえつけられなかったという警官たちの主張が全面的に認められ(実際は両手をあげて地面に伏せたキングが無抵抗のまま殴打され、医療記録によるとあごを砕かれ、足を骨折、片方の眼球は潰されていたとされるが、裁判では認められなかった)、事件発生から1年後の1992年に陪審員は無罪評決を下した。


(*2)ラターシャ・ハーリンズ射殺事件

ロドニー・キング事件の13日後の3月16日、持参したバックに1ドル79セントのオレンジジュースを入れ、手に支払いのための小銭を握っていた15歳の黒人少女ラターシャ・ハーリンズを、韓国系アメリカ人の女性店主が射殺した。事件の様子は防犯ビデオに収められており、2人は揉み合いになったのちに少女が店主の顔面を4度殴打、店主は床面に激しく転倒させられ、店主は少女に椅子を投げつけた。その後、件のオレンジジュースをカウンターに置いて店から歩いて出て行こうとする少女に対して、韓国人店主は背後から銃を向け、その頭部を撃ち抜いた。女性店主は逮捕されたが、陪審員は16年の懲役を要求していたにもかかわらず、判決は5年間の保護観察処分、およびボランティア活動400時間、罰金500ドルという殺人罪としては異例に軽いものだった。この判決によって、黒人社会と韓国人社会間の軋轢は頂点に達した。


(*3)ロス暴動

1992年4月末から5月頭にかけて、アメリカ合衆国・ロサンゼルスで起きた大規模な暴動。ロドニー・キング事件のLA市警警官に対して無罪評決、ラターシャ・ハーリンズ射殺事件における韓国人店主への異例の軽罪判決が引き金となり、黒人社会の怒りが一気に噴出して起きた事件と言われる。暴動鎮圧のために、4,000人を超える連邦軍(陸軍、および海兵隊)が投入され、さらに司法省が、ロドニー・キング事件について再捜査をアナウンスするなどの努力によって、6日間にわたった暴動はようやく収束を見た。暴動による被害は死者53人、負傷者約2,000人を出し、放火件数は3,600件、崩壊した建物は1,100件にも達した。被害総額は8億ドルとも10億ドルともいわれる。韓国人街は市警が暴動鎮圧に消極的だったと厳しく非難し、また彼らは『無実の我々が犠牲を強いられた責任は市当局にある』と述べた。この事件での逮捕者は約1万人にものぼったが、人種的にもっとも多かったのは44%のヒスパニック系で、42%が黒人、そして9%の白人と2%のその他の人種が含まれていたとされる。(以上、Wikipediaより)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/27769318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-05-01 07:00 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite