梅の香りに誘われて、聖徳太子に会いに行く

f0134963_12032589.jpg



快晴に恵まれた日曜は、大阪と奈良の境に位置する太子町にドライブ。
ここには、聖徳太子廟をはじめ、推古天皇陵や、孝徳天皇陵といった古墳があって、近所の羽曳野市、堺市など、実は面積が大きい古墳は奈良ではなく、大阪に一番多いのだけど、太子町にある、近つ飛鳥博物館という、安藤忠雄がデザインした古墳文化を紹介する博物館にも行ってみたかったんですね。


f0134963_12051105.jpg



f0134963_12052458.jpg



f0134963_12053511.jpg

館内に入る通路を歩いていると不思議な音がして、手を叩くとビョーンビョーンって鳴るのが楽しい(私ひとりしかやってなかったけどw)


f0134963_12073375.jpg
館内の様子



私が訪れたとき建物周辺は、白、桃、赤の梅でいっぱいでしたが、桜の季節はさらに華やぐようです。



f0134963_12125809.jpg


そこから車で数分のところにある聖徳太子の墓所とされる叡福寺へ。


f0134963_12133397.jpg



f0134963_12134477.jpg



f0134963_12135717.jpg


日本の仏教が洗練された時代にできた寺が多い京都には、完成された日本の様式美があって美しいのだけど、大阪には、伝来当初の古来仏教様式をもつ寺が多く、そういった古代と、近代日本を創造した日本人を多く輩出し、今もそのエネルギーが失われていない大阪に興味津々な私は、連休前にふと聖徳太子のことを思い出し、ここに来てみたくなったんですね。


f0134963_12151129.jpg



f0134963_12153290.jpg



f0134963_12154920.jpg



f0134963_12160287.jpg



f0134963_12161393.jpg


四天王寺を創った人のお墓(個人寺)って感じ。。


大阪に、東京よりも目を見張る建築が多いのは、太陽の塔や通天閣など、ここには人に優しい塔があって、それで人々がモニュメントの重要性を理解し、愛しているからではないかと思うんだけど、、


f0134963_12180514.jpg


で、、そんなことも含めて、八紘一宇からどうして大アジア主義が消えてしまったのか、私も「あのおっさん」に2時間ぐらいインタビューしたいんですけど(笑)

大阪・奈良は古墳パラダイス!

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/27657239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mitch_hagane at 2017-03-22 15:57
ごぶさたしてます。みっちです。

>飛鳥博物館という、安藤忠雄がデザインした...

ほぉ、これは良さげな博物館ですねぇ。
お客さんが少なそうだ。

聖徳太子というと、どうしても、あの大山誠一氏の「虚構説」が思い浮かびます。
その後、学界での方向性はどうなっているのかな。
面白いテーマなんですが、邪馬台国の実在とその場所の問題と同じく、決定的な結論は出ないんでしょうねぇ。

(なぜか、コメントの投稿が不調だったので、重複しているかもしれません。その時はお手数ですが消去ください-笑)
Commented by yomodalite at 2017-03-22 23:19
お久しぶりです。みっちさん!(嬉)

>ほぉ、これは良さげな・・・お客さんが少なそうだ。

もう、ホンマに良さげって思ってますぅ?(笑)
大阪は地元なので、よくアンドー建築に出くわす気がしますけど、こちらは代表作のセルフ贋作みたいな感じでしたね。

>聖徳太子というと・・・大山誠一氏の「虚構説」が思い浮かびます。

虚構であり、蘇我入鹿なのかもしれませんが、私は概ねイエスと同じことなんじゃないかと思ってます。実際「厩戸の王子」なんていうのは、イエスの影響を受けた伝説でしょうし、聖書の中の奇跡のようなことはなかったけど、古代では、権力と宗教はより密接で、神権政治だったでしょうし・・・

ダビデやモーセと一緒なんじゃないでしょうか。ミケランジェロが造った像で、ダビデが生きているように、こういう人物を創り出し、「いる」としたり、「いない」のではないかとか、そのどちらの「教育」であり「芸術」でもあると私は思いますけど、政治と歴史は一体で、聖徳太子を生かすのも殺すのも、その時代の都合なんでしょう。

ただ、、中国系ってことを拒否しようとすると、あらゆる歴史を改ざんしないといけなくなるので、そーゆーのは困ったものだと・・。

>コメントの投稿が不調だったので・・・

みっちさんのコメントは重複してませんでしたよ。でも、重複コメントは確かに多いんですよね。なぜか・・
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-03-21 12:40 | 日常と写真 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite