マイケルとトランプタワー(ブラッド・サンバーグの話)

f0134963_22450089.jpg


『Bad』以降のテクニカル・ディレクターとして、マイケルと2003年まで付き合いがあったブラッド・サンバーグ氏が、MJの旅立ち後始めた音楽セミナーの宣伝のためにフェイスブックでシェアしてくれた話です。

* * *

政治には関係のない、親しみやすい話だよ。みんなも知ってると思うけど、『HIStory』は、MJが初めてニューヨークでレコーディングしたアルバムなんだ。1994年の1月17日に起こった、あのひどいノースリッジ地震のすぐあと、マイケルはプロダクションチームをミッドタウンの西54番街にあるヒット・ファクトリーに移すことにしたんだ。余震が続くLAからしばらく離れようってね。

プロジェクトの最初の時点では、チームはさほど大人数じゃなかった。ビル・ブレイとボディガードを除くと9人か10人てとこかな。で、その年の間に2人ほど加わって、1994年の大半をニューヨークで過ごしたんだ。アルバム完成後の仕事は1995年の春まで続いた。マイケルも含めてみんながニューヨークパレスに滞在していて、革のジャケットにジーンズの僕らは、ミンクのコートを着たお上品な人々と一緒のエレベーターに乗ることになったけど、我々にとってはそこが家だったんだよね。

でも、ルームサービスにも、ホテルのルールにもみんなうんざりしてきて(何週間かのホテル暮らしで、「あー、シンプルなスープ自分で作りたいな-!」って思ったのを覚えてる)、1994年の春の終わり頃、マイケルも結婚してちゃんとしたアパートメントに住んだ方がいいんじゃないかと思ったんだね。


f0134963_22455842.jpg

f0134963_22462652.jpg

(トランプタワーは超高級アパートメントとして、ジャネットや、C・ロナウドを始め、大勢のセレブが利用していますが、MJが借りた部屋はもっとゴージャスだったようで・・・)



それでスーツケースに荷物をまとめて、トランプタワーの最上階に移ったんだ。みんな知ってるかどうかわからないけど(私は初めてでそこに行くまで知らなかった)、トランプタワーの最上階は2つの大きなペントハウスになってる。それぞれが3階構造で、バルコニーがあって、言葉で表せないくらい豪華だったよ。

f0134963_22501341.jpg


それで、片方にはドナルドが住んでて、マイケルは通路をはさんで彼のお隣さんになった。(ふたりが、バスローブを着たまま、砂糖やなんか貸し借りしてるとこ想像すると、面白いよね)



f0134963_22504655.jpg
(MJが借りてた部屋はわからないので、お隣の写真を)


f0134963_22521697.jpg




f0134963_22524867.jpg


マイケルは結婚について、私に相談することはなかった。でも、新しいアパートメントにダンススタジオを作ってほしいと言ってきて、それで私はそこへ行ってどんな場所かチェックした。噂通り、マイケルの部屋は結構散らかっていたけど、それは気にしないことにした。



f0134963_22532225.jpg

(お隣りの部屋の写真は最近のものですが、雰囲気は当時とそれほど変わっていない模様)



実際のダンス・ルームはベッドルームの一角に、ポータブルのフローリングを持ち込んで作ってあって、あとは音楽だけだった。我々は巨大なウェストレイク・オーディオのモニターを2台買って(型番はBBSM-12、ばかでかいやつだった)、パワーアンプやケーブルやスタンドなんかと一緒に、それを部屋に運び込んだ。

マイケルがダンスしながらニューヨークの街を見渡せるように、スピーカーは窓の前に置いた。ケーブルを這わせ、スピーカーをスタンドの上に置き(スタンドは下の写真とはちがう)、システムを起動させた


f0134963_22570506.jpg



爆音だった。尋常じゃない音だったよ。「痛い」くらいの爆音。パーフェクトだった。ところが・・・その時私はスピーカーの正面にはいなかったけど、スタンドがずれる音を聞いた。次に目に入ったのは、巨大な100キロの重さのスピーカーが、床から天井までの高さのトランプタワーの窓へと、後ろ向きに倒れていくところだった。スピーカーが窓ガラスを突き破り、200メートル下の通りにいるタクシーをつぶす絵が頭に浮かんで、私は完全に血の気が引いたよ。



f0134963_22590442.jpg


スピーカーは、ガラガラドスンと窓ガラスにぶつかったが、そのまま床に落ちた。幸運なことに、高層ビルの窓ガラスを作るのは、私なんかよりずっと優秀な人たちで、マイケル・ジャクソン所有のステレオがぶつかっても大丈夫なように作ってあるんだね。冗談はともかく、スピーカーが落ちてからの数秒間は震えが止まらなかったよ。



f0134963_23300286.jpg


それから、我々はもっと丈夫なスタンドを探して、このすごい音響システムを組み直した。ただ、マイケルがこの経緯を知ることはなかった。言わない方がいいこともあるからね。
では、6月にLAで会おう。
Keep The Faith!ブラッド


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/27605678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-03-03 09:51 | マイケルジャクソン資料 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite