神戸のチョコと西成夫氏の言葉

f0134963_20011256.jpg



今日のチョコは、LUNE et VENT(リュンヌ エ ヴァン)の「5×5」。

f0134963_20070254.jpg

上下に同色のチョコが入っていて、上の段が左から、嗅覚、視覚、味覚、聴覚、触覚の「5感」のチョコ。下の段が「塩味、酸味、旨味、苦味、甘味の「5味」のチョコ。この上下の2つを合わせていただくというめずらしいチョコ。


f0134963_20063678.jpg

ちなみに、左から二番目の黄金色のマーブル模様の上段は、バルサミコのガナッシュをミルクチョコレートで包んである「視覚」のチョコで、下段は、パッションフルーツのピューレのパートドフリュイがミルクチョコと組み合わせられてる「酸味」のチョコ。


f0134963_20100476.jpg


真ん中のチョコには見えないような、濃いメタリックブルーのは、上段が、センターに希少品種のホワイトカカオをミルクチョコでコーティングした「味覚」で、下段が、ヘーゼルナッツのペーストに昆布と椎茸エキスの旨味がまろやかな深みを演出するという「旨味」のチョコ。

5種類のチョコには他にも、紀州南高梅や、ピンクグレープフルーツ、ギモーブや、ゴーヤ、アイリッシュウィスキーなどの素材が使われているとか、もう能書き長っ・・と思ったけど、今年は「関西チョコ」に注目してる私としては、LUNE et VENTは、高島屋の大阪店と京都店で、バレンタインの時期のみ出店しているお店で風月堂のショコラティエが作っているものなんです。ってお店の人から聞いて即買いしちゃいました!




「5×5」は0:55〜


風月堂といえば、銀座のイメージだった私は、ユーハイム、モロゾフ、ゴンチャロフ・・だけじゃなく、風月堂も神戸本店だったの?と驚いたんだけど、

Wikipediaによれば、大坂から江戸に下った初代が、宝暦年間に江戸・京橋に開いた「大坂屋」が起源で、2代目から「凮月堂」に改名。その後なんだかんだ色々あって、結局、上野凮月堂と、神戸凮月堂と、東京凮月堂は、全部別会社で、凮月堂を代表する「ゴーフル」も、東京発祥説と関西発祥説の両方あって、登録商標は神戸凮月堂が出してる、とか、

いろいろと甘くなさそうな話が・・・

一方、西成では、


f0134963_20263197.jpg

せやな。あの人ら、して欲しいことは、絶対しぃひんからな。


f0134963_21384116.jpg

ええこと言うなぁ。西やん!


f0134963_20281515.jpg

ホンマやな・・と一瞬思ったけど、やっぱ大事な話は1回でええんちゃう?

どないにエエことでも、何回も人に言ったら、なんかアカンことなると思うわ。

大事なことは自分に言い聞かせて、人にはしょうもない話しかしない。

マイケルも、明石家さんまも、西やんも、


f0134963_23240439.png


ええ男は大体そんな感じ!


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/27593237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-02-27 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite