スコセッシ監督の『沈黙』は・・・

f0134963_11103745.jpg


遠藤周作の「沈黙」の映画化を、永年模索していたスコセッシ監督の映画がようやく完成したというので、期待して観に行きました。

トランプ大統領が誕生し、EUを離脱した英国のメイ首相も、「我々自身のイメージで世界を作り直そうと、独立国に介入する時代は終わった」(→記事リンク)というような発言をする時代に創られた「沈黙」には、今、本当に求められている欧米統治の歴史への自戒が込められているのでは・・・

そんな過大な期待をしていたせいでしょうか。ちょうどこの映画の公開にあわせて、CSで放送されていた、篠田正浩監督の『沈黙』(1971)も見ていたのですが、そちらとの出来栄えの差は圧倒的だと感じました。

ただ、見栄え以上の「差」はあまりなく、今、この作品を・・という意味においては、正直、がっかりしたというか、普通に原作どおりに作られた作品だと思いました。

俳優たちの演技は、ほとんどの場面を、英語で演技している日本の俳優陣も含めて、みな素晴らしいのですが、篠田作品と極端に違うのは、「井上さま(井上筑後守)」のキャスティング。

篠田作品では、アラン・レネ監督作品で主演も務めた、堂々たる二枚目俳優、岡田英次(ただし、篠田作品では「井上」は、あまり重要人物として描かれていない)なのですが、スコセッシ監督作品では、イッセイ尾形になっていて、彼の珍妙な演技によって、まさに、日本の「沼地」を象徴するような人物造形がなされています(その功績なのか、他の演技派俳優の中で、彼だけが、ロサンゼルス映画批評家協会賞で助演男優賞にノミネート!)。

彼が、『太陽』で昭和天皇を演じたときは、そうは思わなかったのに、今回の大名の演技には、うっかり、「反日俳優」という言葉が浮かんできて、そんな自分にも驚いてしまう・・・

公式サイトの予告編の最後には、長崎の遠藤周作文学館にある「沈黙の碑」の言葉、「人間がこんなに哀しいのに主よ、海があまりに碧いのです」が流れます。

これは小説にはない言葉で、遠藤周作が最後にたどり着いた、神への言葉のように思えるのですが、スコセッシの映画には、その視点は感じられず、日本の純粋な民への愛はあっても、民を虐める為政者を、常に海の向こうに求める気持ちは、相変わらずというか・・・

実際の映画の最後には、日本のクリスチャンへの言葉が流れます。

日本だけでなく、我々は「沼地」に敗北したのだ。という作品のように思えました。





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/27483085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YY at 2017-02-21 18:51 x
遅ればせながら沈黙見て参りました。遠藤先生のエッセイは大好きでよく読んでます。沈黙はたぶん学生の時に読書感想文の為の時のものか、遠藤周作イコール沈黙と思い購入したものが最近まで有ったはずなのですが、消えてました。
どこに行ったのだろうか?謎です(ToT)
映画公開に合わせて、こちらの地方ではドキュメンタリーがありまして、遠藤先生が、沈黙の中に声が有るのではないか、それを描きたかったと。仰っていたのを知ってから見たので、終始苦しかったというか(ToT)やっぱり何か、自分の代わりのような尊い方が守ってくれることを求める、何があってもキチジローとなんか標語のようですが、色々な登場人物に自分を投影して見ることで、苦しかったです。
日本人は昔は月の満ち欠けと共に生き、尊い自然を前に何も出来ないことを知っていた。辛い状況下でいかにあるべきか、考えさせられる映画でした🌹
あと、塚本晋也監督が本当ロバート・デ・ニーロかというくらいの作り込みで、感動しました。あとじいさまも👴引き込まれました。
Commented by yomodalite at 2017-02-22 14:03
>どこに行ったのだろうか?謎です(ToT)

私も映画見に行く前と後で、持ってたはずの文庫探したんですけど、『深い河』しか見つからなくて、本屋に立ち読みしに行っちゃいました。

>こちらの地方ではドキュメンタリーが・・

記念館があるところですか?どんな内容だったのか興味あります。

>塚本晋也監督が本当ロバート・デ・ニーロか・・

塚本監督は、監督業よりも俳優の方が断然いいと思います。ホント俳優陣はみんな素晴らしかったですよね!
Commented by YY at 2017-02-22 22:32 x
番組名は「小説沈黙の旅」で、鶴田真由さんが、山根道公先生と沈黙の舞台となった長崎市外海地区などを、遠藤先生の取材の足取りを追う形で進む番組でした。長崎の放送局の制作でした!特に遠藤周作文学館と、枯松神社は行かねば!と直感的に思いました!あと、日本で独自の進化を遂げた、カクレキリシタンの方々も紹介されていました。オラショで祈りを捧げる姿、合掌するように見えて十字を親指できっていたり、自分の信仰するものを、隠れても大事にされている姿は、今は隠れていないのですが、羨ましく、また人間の強さを感じさせました。
俳優人は本当皆良かったと私も思ってます。はいりさんは、異国の方にはどう写ったのか気になるところですが、井上さまのイッセー尾形さんが評価されているとのことなので、なんか期待してしまってる私が居ます✨
Commented by yomodalite at 2017-02-24 09:57
>番組名は「小説沈黙の旅」・・・

その番組名で検索してみたら、予告編映像がyoutubeにありました。記念館の地元だけあって、テレビ長崎はすごく良い番組を作られたみたいですね。私も遠藤周作文学館に行きたくなってきました。スコセッシの映画は佳作だとは思いますけど、今の私には、それからずっと後の遠藤氏の言葉、「人間がこんなに哀しいのに主よ、海があまりに碧いのです」の方が、マイケルのGod感にも近いような気がして・・・

枯松神社は潜伏キリシタンの隠れ家なんですね。長崎に行くときは、こちらもマストですね。

私は、イッセー尾形の演技が嫌いでしたが、『イングロリアス・バスターズ』でナチスの高官を演じたクリストフ・ヴァルツのような怪演だと評価されているとか・・・

映画ではあまり目立たなかった片桐はいりさんのことは、甲野善紀さんとの番組を見てから、ますますファンになったのですが、ご覧になりました?

http://ami-go45.hatenablog.com/entry/2016/07/03/090350

ここに、その番組の抜粋がありますが、このページの最後の「片桐さんって誠実な人なんですよ」のあと、甲野氏はたしか、芸能人には、何人かそういう人がいますが、あなたはその中でも、特別すごいというようなことを言っておられたのですが、番組全体でそれがものすごく伝わってきて。

この動画で全部見られるのかな?
https://www.youtube.com/watch?v=KR-cfQqx1JA
Commented by YY at 2017-02-27 14:20 x
「人間がこんなに哀しいのに主よ、海があまりに碧いのです」は小説には出てこない言葉らしいですが、本当マイケルの神感に近いというのは同意です!
はいりさんの番組は存じ上げませんでした。よく考えたら、はいりさんは演技しているところしか見たことが無かったです。木皿泉脚本のドラマが大好きで(特にすいか)、その中に出てくる人は皆好きというか、憧れてます!
番組またじっくり拝見してみます!ありがとうございます!長崎に行きたい衝動に駆られてます!
沈黙のロードショー短かったですね!こちらは一ヶ月も無かったようでした😢
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-01-27 12:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite