和訳 “Money” (トランプ大統領就任記念)

f0134963_18583180.jpg


トランプ大統領の就任を記念して、「Money」を和訳しました。

「大統領の政治(1)」の中でも紹介したバックグラアウンドの声から、「ほら、やっぱり、マイケルはトランプを批判してるじゃない!」と思う人も少なくなかったようで、ハリウッドリベラルの影響下にある、アイデンティティ政治の申し子のようなMJファン(マイケルを「黒人」にすることに血道をあげる人が多いw)を、反トランプへと駆り立て、

また日頃から、資本家の強欲を悪魔化することで、自らの正義心を保っているような人の中にも、トランプの政策がまやかしという印象が広まり、そのカビが生えたような批判精神を安定させることにも役立っているようですが、

落ち着いて歌詞を読んだ方なら、これが、少し前に紹介した「問題はトランプではない。我々自身だ」と、同じ精神に基づくもので、記事で紹介した1番の歌詞の最後にもあったように、

自分(マイケル)も「金のためなら、何でもする」と言ってる点を見逃さなかったと思います。

彼の歌詞は、そのほとんどに「I You We」という精神が貫かれています。これは非常に大事な視点で、彼と同い年のクイーンのように、常に自分が「正義」の側にあると確信してしまう人は、敵を発見しては、相手を「悪魔化」してしまいます。

誰からも「いいひと」だと思われるオバマが、どれだけ多くの罪のない子供を殺したかを考えれば(→参考記事)、正も悪も同じ人間の中にあることがわかるはずなのに・・・

前回の記事で、ウィラは、「私はマイケル・ジャクソンが本当に彼を尊敬したり、彼に大きな愛情を持っていたなら、彼をリストに含めたとは思わない」と言っていますが、マイケルのイメージがどん底で、誰も彼に会いたがっていないときも、トランプが、マイケルとのつきあいを続けていたことも指摘しています。また、トランプは、「マイケルは、自分に興味をもっていた」と語っていますが、実際に『MJTapes』にも、マイケルの言葉として記録されています。

一方、メラニア夫人だけでなく、最近、マドンナも、マイケルとのキスについてメディアに話し、ふたりの仲が良さそうな写真も多く見られますが、マイケルは、その当時のマドンナについて、こう語っています。

彼女はマスコミに僕のひどい悪口を言い、僕は、彼女は意地悪な魔女だって言った。彼女にはとても親切に接したんだけどね。・・・彼ら(ハリウッドの人々)は僕が関わりたくないって思うような馬鹿げた事をたくさんするからね。・・・彼女は大きな衝撃を与える事を好んでいて、どんな風に人々の心をつかむかを知っていると思うんだ。彼女は心から僕を好きになってくれたけど、僕にはそういう気持ちはなかった。彼女は常軌を逸した事をたくさんやってきたし、それが、彼女のやり方なんだ。僕たちには、なんら共感しあえるものがないと、僕にはわかっていた。・・・彼女はちっともセクシーじゃない。僕は、セクシーさっていうのは、その人のあり方、内面から醸し出されるものだと思うんだ。(『MJTapes』より)

また、リシャは、「リストに載っている他の企業家や金融業者に比べ、トランプは小者だと思う。 だから、彼らの影響力や社会的卓越性よりもむしろ、これらの人々が富を達成するのに悪徳的なやり方に関するものなんじゃない?」と言っています。

それは、確かなことかもしれませんが、マイケルが、「自分も、お金のためなら何でもする」と言っていることを思い起こせば、そこには、私たちのような庶民が、資本家を見る目線とは、また別の視点が見えてくると思います。

これは、誰もがお金持ちと言って、すぐに名前が出るような人々のリストでもあり、トランプは、他と比較すると、確かに小物ですが、当時のアメリカでもっとも有名なお金持ちであり、最近の報道でみる彼からは想像できないかもしれませんが、若くて、ハンサムで、女性にモテる、大衆が憧れ、嫉妬するお金持ちの代表でした。

マイケルは、歌詞においても、時流に乗ることなく、時代を経ても価値が失われないことを追求していましたから、そこにトランプの名を忍ばせたことは、注目に値すると思います。このリストが、ロックフェラーや、カーネギーといったすでに歴史になっている人物だけならありがちですが、時代の寵児と言われるお金持ちは、その凋落も激しいものなのに、この曲がリリースされた1995年から、20年以上有名人であり続け、ついに大統領として米国史に遺る人物となるトランプをこの時点でリストに入れておくなんて!

『HIStory』って、本当にスゴいアルバムですね!

マイケル被害者史観にハマり過ぎている人は、あまり理解したくないのかもしれませんが、彼はエンターテイメントの天才としてだけでなく、ビジネスマンとしても最高に優れた人物です。これが、ただ、史上最高のレコード売上げという意味に留まらないことは、音楽業界よりも、ビジネス界の方が評価していることです。

マイケルは、彼らに庶民感覚の正義心で言っているのではなく、同じ目線・・というか、彼の飽くなき上昇志向から考えれば、むしろ、上から目線wで、資本家たちに「金が欲しいのなら尊厳をもって稼げ」と言っているのかもしれません。(それで、トランプが、マイケルの言う「尊厳をもって稼げ!」という矜持から、大統領戦に臨んだ・・なんてことはないとは思いますがw)

彼と同い年のクイーンが、自分の欲望や野心を、すべての女性の権利に置き換えて、正義の立場に立っていることに、私の女性としてのプライドが満たされることはありませんが、マイケルのキングとしての矜持の高さには、永遠にひれ伏したい気分です。

マイケルの歌詞には、ノーベル賞の選考委員が喜びそうなレトリックも、説教臭さもありませんが、言葉だけでない、その信念が形となった、真のカッコよさがあります。

この歌詞は、強欲資本家にだけでなく、自分がやってることを、お金のためだけとは決して思わない、自分の正しさに酔いやすく、様々なアリバイで自分を誤魔化そうとしがちな、私や、あなたへのメッセージだと思います。





Money

written by Michael Jackson


Money

Money

Lie for it

Spy for it

Kill for it

Die for it


金,金

お金のために嘘をつき

お金のためにスパイをして

殺すことも

殺されることもある


[Verse 1]

So you call it trust

But I say it’s just

In the devil’s game

Of greed and lust


それを「信用」だって、君は言うだろうけど

僕に言わせれば

物欲と肉欲にまみれた

悪魔との駆け引きにすぎない


They don’t care

They’d do me for the money

They don’t care

They use me for the money


彼らはなにも気にせず

お金のために僕を利用する


So you go to church

Read the holy word

In the scheme of life

It’s all absurd


君が教会に行って

聖書の尊い言葉を読むのは

処世術のため

まったくばかげてる


They don’t care

They’d kill for the money

Do or dare

The thrill for the money


彼らはなんとも思っちゃいない

お金のためなら人を殺すことだってするし

お金のスリルを楽しんでる


You’re saluting the flag

Your country trusts you

Now you’re wearing a badge

You’re called the just few

And you’re fighting the wars

A soldier must do

I’ll never betray or deceive you my friend but


君は国旗に忠誠を誓い

国からお墨付きをもらい

今じゃ、勲章も身につけてる

数少ないエリートだと言われ

そして、戦争をたたかうことになる

兵士としては従うしかないよね

僕は、君を裏切ったり

友達をだましたりなんてしない。でも・・


If you show me the cash

Then I will take it

If you tell me to cry

Then I will fake it

If you give me a hand

Then I will shake it

You’ll do anything for money


君がお金を見せてくれるのなら

僕は受け取るよ

泣けと言われれば、泣くふりをするし

握手を求められれば、喜んで応じる

人は金のためならなんでもするんだ


[Chorus:]

Anything

Anything

Anything for money

Would lie for you

Would die for you

Even sell my soul to the devil


どんなことでも

なんであっても

金のためならなんでもする

嘘をつくことも

命に関わることも

魂を悪魔に売っても構わない


(繰り返し)


[Verse 2]

Insurance?

Where do your loyalties lie?

Is that your alibi?

I don't think so


保険だって?

じゃあ、君の忠誠心はどこにある?

それが君のアリバイ?

そうは思えないね


You don't care

You'd do her for the money

Say it's fair


なんだっていいのさ

お金のために彼女をだましても

悪いことはしてないって言う


You sue her for the money

Want your pot of gold

Need the Midas touch

Bet you sell your soul

Cause your God is such


君はお金のために彼女を訴える

金のなる木が欲しいのさ

触れるものすべてが金に変わるなら

君は魂を売りかねないね

だって、君の神はそんなものだから


You don't care

You kill for the money

Do or dare

The thrill for the money


なんだっていいのさ

お金のために人を殺すことだってするし

お金でスリルを楽しんでる


Are you infected with the same disease of lust, gluttony and greed?

Then watch the ones

With the biggest smiles

The idle jabbers... Cause they're the backstabbers


君も同じ病気にかかってるんじゃない?

好色と大食いと強欲の病気だよ

それなら、満面の笑みを浮かべてる

彼らをよく見ておけよ

何もせず、ただべちゃくちゃとしゃべってる・・・

彼らは、いきなり人を裏切るから


If you know it's a lie

Then you will swear it

If you give it with guilt

Then you will bear it

If it's taking a chance

Then you will dare it

You'll do anything for money...


嘘だってわかっていても

君は本当だと誓うだろう

罪の意識を感じても

その気持ちを押さえ込み

もし、チャンスが転がり込んできたら

君は何だってする

人はお金のためなら、なんだってやるんだ


[Chorus]

Anything

Anything

Anything for money

Would lie for you

Would die for you

Even sell my soul to the devil


どんなことでも

なんであっても

金のためならなんでもする

嘘をつくことも

命に関わることも

魂を悪魔に売っても構わない


(繰り返し)


[Verse 3]

You say you wouldn't do it

For all the money in the world


世界中のお金を積まれたって

そんなことはしないと君は言う


I don't think so

If you show me the man

Then I will sell him

If you ask me to lie

Then I will tell him


でも、僕はそうは思わない

もし、そんな男に会ったら

僕がそいつを売り飛ばす

もし、僕に嘘をつけというなら

僕はそいつに嘘をつく


If you're dealing with God

Then you will hell him

You'll do anything for money


もし、君が神と取引するなら

君は神さえも地獄に送るだろう

人はお金のためなら、なんだってやるんだ


Anything

Anything for money

Would lie for you

Would die for you

Even sell my soul to the devil

Anything

Anything

Anything for money

Would lie for you

Would die for you

Even sell my soul to the devil


どんなことでも

なんであっても

金のためならなんでもする

嘘をつくことも

命に関わることも

魂を悪魔に売っても構わない・・・


(繰り返し)


[Background Sounds]

If you want it, earn it with dignity, Vanderbilt, Morgan, Trump, Rockefeller, Carnegie, Getty, Getty, Getty, …


もし、金が欲しいのなら尊厳をもって稼げ、ヴァンダービルト、モルガン、トランプ、ロックフェラー、カーネギー、ゲッティ、ゲッティ、ゲッティ、...


(訳:yomodalite)


誰が大統領でもかまいませんが、マイケルは永遠に私の「王様」!


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/27478657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2017-01-26 07:00 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite