和訳 Lorde “Team”

f0134963_21040078.jpg


[和訳を修正しました]

Lorde が作詞する歌に共感するひとびとが以前から先進国中に広がっていて、そんなひとびとが彼女を世界のトップ・アーティストに押し上げました。今回、ドナルド・トランプに投票したのは、まさにそんな人たち。

と、どなたかが言っているのを小耳に挟み、どんな内容かなと思って和訳してみました。

たしかに大勢の観客に、hands up in the air をさせるのが好きなアーティストたちにトランプ嫌いが多いということは言えそうですね。

その他、和訳の気になる点など、いつでも遠慮なくご指摘ください。





Team

Wait 'til you're announced
We've not yet lost all our graces
The hounds will stay in chains
Look upon your greatness and she'll send the call out
Send the call out

呼ばれるまで待っていればいいのよ
私たち品格だって失っちゃいない
猟犬も繋いでおくしね
自分の素晴らしさを大切にしていれば
いつかお呼びがかかる・・・

Call all the ladies out, they're in their finery
A hundred jewels on throats
A hundred jewels between teeth
Now bring my boys in, their skin in craters like the moon
The moon we love like a brother, while he glows through the room
Dancin' around the lies we tell
Dancin' around big eyes as well
Even the comatose, they don't dance and tell

首にいっぱいジュエリーをつけて
歯に歯列矯正器を光らせた
着飾ってるレディーたちを呼び出して
私の仲間の顔面がニキビでクレーターみたいになってる
男たちを連れてくから
その月面みたいな顔したやつのことがみんな好きで
彼もここでは輝いてるの
私たちはウソを言い合っては踊ってる
大きな眼をした人たちの周りで踊らされてる彼らは
フラフラになってるときでさえ、
踊れないし、しゃべることもできない(*)

We live in cities you'll never see onscreen
Not very pretty, but we sure know how to run things
Livin' in ruins of a palace within my dreams
And you know we're on each other's team

私たちの住んでるのは、映画の舞台になることなんて絶対にない街

ちっともキレイじゃないけど、私たちは上手くやってる

私の中では、宮殿の廃墟に住んでるって感じ

私たちはお互い仲間だしね


I'm kind of over gettin' told to throw my hands up in the air
So there

両手を上にあげて、楽しもうぜー!みたいなのは
もういいかな

So all the cups got broke
Shards beneath our feet
But it wasn't my fault
And everyone's competing for a love they won't receive
Cause what this palace wants is release

カップとかみんな壊れちゃって
割れた欠片が足元に散らばってるけど
私のせいじゃないし
誰もが愛を手に入れようと競争してるけど
この宮殿ではそういうものから解放される

We live in cities you'll never see onscreen
Not very pretty, but we sure know how to run things
Livin' in ruins of a palace within my dreams
And you know we're on each other's team

私たちの住んでるのは、映画の舞台になることなんて絶対にない街

ちっともキレイじゃないけど、私たちは上手くやってる

私の中では、宮殿の廃墟に住んでるって感じ

私たちはお互い仲間だしね


I'm kind of over gettin' told to throw my hands up in the air
So there
I'm kind of older than I was when I reveled without a care
So there

手を上にあげて、盛り上がろうぜー!みたいなのは
もういいかな
大人になったっていうか、あの頃は私もそうやって
楽しんでいたんだけどね

We live in cities you'll never see onscreen
Not very pretty, but we sure know how to run things
Livin' in ruins of a palace within my dreams
And you know we're on each other's team

私たちの住んでるのは、映画の舞台になることなんて絶対にない街

ちっともキレイじゃないけど、私たちは上手くやってる

私の中では、宮殿の廃墟に住んでるって感じ

私たちはお互い仲間だしね


We're on each other's team
And you know we're on each other's team
We're on each other's team
And you know and you know and you know

私たちはお互い仲間だし
みんなも仲間だってわかってる
私たちが “チーム” だなんてことは
わかりきってることでしょ

(訳:yomodalite)

(*)このパラグラフ全体で迷った箇所が多いのですが、big eyes は、hands up in the air をさせたがる側で、私たちではなく、「彼ら」の方だと思いました。

(追記)自分でも訳してみようという方には、きっと参考になるコメントを頂いています。私訳とは異なる訳もご紹介いただきましたので、コメント欄もぜひご覧くださいませ。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/26864539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mitch_hagane at 2016-11-14 09:42
yomodaliteさん、ごぶさたぁ。みっちです。(笑)

これは面白い詩ですね。
>Look upon your greatness and she'll send the call out
まず、この行のsheって誰よ?というのが気になります。
全体としては、ティーンのパーテイみたいな雰囲気なので、この「彼女」はパーティの主役級の女性のことですかね。

>A hundred jewels on throats
>A hundred jewels between teeth
のどに光ってるのは首飾りでしょうけど、歯の間に光るのはブレスでしょう。大人の女を気取っているけど、ティーンだから。なにしろ、男の子はニキビですから。(笑)

>Dancin' around the lies we tell
>Dancin' around big eyes as well
>Even the comatose, they don't dance and tell

これまた問題のところ。最初の行は「嘘をついては踊る」
だろうけど、次行は「大きな目の子を囲んで踊る」くらいですかね。
あっ、映画「ビッグアイズ」は新しすぎるので、違うと思います。
最後の行は「コーマ状態(飲み過ぎが何かで)の、ダンスもおしゃべりもしない人も囲んで踊る」と取ります。
Commented by yomodalite at 2016-11-14 11:18
みっちさん、ありがとうございます。頼りになるご意見うれしい限りです。

A hundred〜の周辺、ご指摘どおりだと思ったので、修正してみました。

>これまた問題のところ。最初の行は「嘘をついては踊る」
だろうけど、次行は「大きな目の子を囲んで踊る」くらいですかね。

そうですね。その訳はなんども考えたんですが、ここで「大きな目の子」が出てくる意味がよくわからなかったので、嘘とかかるところがある、「ビッグアイズ」にしてみました。

「Team」は、2013年のリリース。映画『BigEyes』の全米での公開は2014年だけど、この実話と、この絵についてはもっと前から有名だったから・・と思ったんだけど、たしかにそうかもしれないですね。このパラグラフは、もうちょっと考えてみますので、

またご意見いただけると、うれしいです!
Commented by yomodalite at 2016-11-14 13:22
>Dancin' around the lies we tell
>Dancin' around big eyes as well
>Even the comatose, they don't dance and tell

あれから何度も考えて、修正してみました。
みっちさん、どう思います?
Commented by mitch_hagane at 2016-11-14 15:09
>あれから何度も考えて...

ずいぶん考えましたね。(笑)
「big eyes」が何を意味しているにせよ、それは好ましくないもの(ネガティブなもの)であるのは、間違いないと思います。
「lies」「big eyes」「comatose」は大体同類というか、同じ穴の狢というところかと。
ひょっとすると、「the comatose」は「(好きな子に見とれていて)踊ることもなく語ることもなく呆然と立ち尽くしている奴」なのかもしれません。(爆)
あっ、the comatoseなんで、文法的には名詞句で「コーマ状態にある奴」になると思います。形容詞の「コーマな状態」ではないです。
Commented by yomodalite at 2016-11-14 16:36
>「big eyes」が何を意味しているにせよ、それは好ましくないもの(ネガティブなもの)であるのは、間違いないと思います。

同意。「私たち」ではなく「彼ら」サイドという点も同意いただけます?

>「the comatose」が、呆然と立ち尽くしている奴・・・

最後の行は「コーマ状態の、ダンスもおしゃべりもしない人も囲んで踊る」という考えもあったんですけど、

そうなると、Dancin' around の場に、ニキビ面の男の子と、着飾ったレディーが「実際」にいることになると思うんですね。前の方のパラグラフで「着飾ってるレディーたちを呼び出して」って言ってますけど、実際に彼女たちが来たわけじゃないと思うんですね。そーゆー子は、月面顔の男のたちと、同じ場所でダンスすることはないから。

>文法的には名詞句で「コーマ状態にある奴」になると思います。形容詞の「コーマな状態」ではないです。

そこは、「ふらふらになってる奴」なんですけど、その前の「彼ら」との文章のマッチングが難しくて・・

みっちさんにお願い!

このパラグラフ全体か、Dancin' around the lies we tell からの3行分の、みっちさん訳を教えてください。
Commented by mitch_hagane at 2016-11-14 17:06
このLordeさん(初めて知りました-汗)の詩は知性と皮肉(毒)が効いてますね。
ただ単語並べただけの詩とは違います。(愉)
みっち訳↓

いいこと、呼ばれるまで待ってるのよ
私たち、礼儀をなくしちゃいないからね
猟犬も必要になるまではつないでおくのよ
自分の格好よさを信じて、彼女(プロム・クイーン)が呼ぶのを待つの
呼ぶのを待つのよ

女の子をみんな呼んできて、どの子も着飾ってるわ
のどにはきらきら宝石が
歯にもきらきら光るブレスが
さあ男の子も連れてきて、ニキビ跡が月面みたいな子たちよ
このお月様を、私たちは兄弟みたいに大好き、舞踏室でも輝くわ
お気楽な嘘でも言って踊りましょう
目を血走らせてる子も一緒に、
踊りも語りもしない、硬直しちゃった子も巻き込んでね

はい、状況としてはプロム(ハイスクールの舞踏会)みたいなものを想定しています。
みっちはそんな経験、全然ないのですが(笑)、まあ映画なんかで見た光景で、妄想しております。(爆)
Commented by yomodalite at 2016-11-14 20:04
みっちさん、ありがとうございました!

みっちさん訳では、着飾った女の子もニキビ跡の男の子も同じ学校に通ってるんですね。(普通に考えればそっちかw)

私訳は、この詩に共感する人が「トランプに投票した」という見解に引きずられ過ぎなのか、うっかりw、学園のイケてるチームじゃなくて、スタジアムでライブが出来るような、put your hands up とかよく言いそうなヒラリー支持のメガスター(big eyes)を想像してましたww 

Wait 'til you're announced も、プロムじゃなくて、時代が来るまで待つぐらいの意味でw、この詩の中の「We」と「They」は、(地元を愛する)私たちの「Team」と、都会にいる「彼ら」。

一旦、big eyesがメガスターに見えてしまうと、なかなか「プロム」に戻ってこれないので、とりあえず、しばらくはこのままの私訳で押し通してみようと思います。

みっちさんが言われるように、Lordeの詩はメタファーが多そうなので。

いやーーみっちさんのおかげで、今回も色々と勉強になりました。またよろしくですぅーーー!!!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-11-14 06:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(7)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite