和訳 “You Are My Life”

f0134963_19271117.jpg


『Invincible』の和訳、6曲目は “You Are My Life”。


マイケルは、911テロのあとに行われた2001年のOnline Audio Chatインタヴューで、今後の人生で1曲しかパフォーマンス出来ないとしたらどの曲にしますか?という質問に、


1曲には絞れないけど、Heal The World、Speechless、それからかなり迷った末に、You Are My Life を選び、


その理由として、


うん、すごくメロディックという点が大事なんだ。こういった曲から重要なメッセージを受け取るとしたら、それは、時や場所を超えて、永遠だってことでしょう。

この曲をライブで聴くことが出来なかったのは本当に残念ですが、続けてインタビュアーが、


もうひとつ質問、実はぜひ聞いてみたかったんですが、あなたも知っているように、ニューヨークや、ワシントンDCで恐ろしいテロ攻撃があって、こんなときに自分の役割をどう感じていますか?あなたはワシントンでチャリティコンサートを行いましたが、そういった場所で、音楽を通して、アーティストとして、この難しい状況の中で人々に何をするのがいいと思いますか?


と尋ねると、


自分自身ができること、自分が持っている才能や技術・・天から授かったものを与えればいいんだ。そういったときにみんなが必要としている現実逃避の感覚をもたらすために、僕たちはここにいるんだから。


君が画家なら絵を描き、彫刻家なら彫刻を作り、作家なら書くべきで、作曲家なら曲を作り、ダンサーなら踊りを捧げ、いくらかの愛と喜びとひとときの夢を与えて、あなたが心から気にかけていること、彼らのためにそこにいることを示すこと。


遠くからじゃなくて、実際に長い時間をかけてそばまで行ってそうする。僕がやってきたのはそういうことで、他の大勢の人もそんな風に気にかけて助けてきたんだ。そういうことが重要なんだよね。


と答えていました。


マイケルの愛は、欲しがるものでなく、ギブアンドテイクでもなく、ただ与えるもの。自分のことをわかってくれる特別な「君」が、いつかは現れるのではなく、与えられるものがあると気づいて、自分が愛することをしていたら、自分も愛されていたと気づくようなもの。ではないでしょうか。


アルバムでは、前回紹介した “Privacy” はこの曲のあと。こういった穏やかさと、怒りが交互に織り込まれているのも、マイケルのアルバムの特徴ですね。







“You Are My Life”


Once all alone

I was lost in a world of strangers

No one to trust

On my own, I was lonely

You suddenly appeared

It was cloudy before but now it's clear

You took away the fear

And you brought me back to the light


僕は昔ひとりぼっちだった

見知らぬ人々の世界で、自分を見失い

信じられる人など誰もいなかった

そこでは自分しかなくて、孤独だったんだ

そんな僕の前に君が突然現れて

曇っていた心が今は晴れ渡っている

君は僕の恐れを取り払って

光のもとへ連れ戻してくれたんだ


[Chorus:]

You are the sun

You make me shine

Or more like the stars

That twinkle at night

You are the moon

That glows in my heart

You're my daytime my nighttime

My world

You're my life


君は僕の太陽

君の光で僕は輝いてる

君は星のように

夜空に輝いていて

君は月のように

僕の心を照らしてくれる

君は昼も夜も

僕のすべて

君こそが僕の人生なんだ


Now I wake up everyday

With this smile upon my face

No more tears, no more pain

'cause you love me

You help me understand

That love is the answer to all that I am

And I'm a better man

Since you taught me by sharing your life


今の僕は毎朝

微笑みとともに目覚める

泣くこともなく、痛みもない

君が僕を愛してくれるから

君が気づかせてくれたんだ

愛こそが僕が求めていたすべてだってことを

僕は前よりずっと良くなれたよ

君が僕と人生を分かち合ってくれたから


[Chorus]


You gave me strength

When I wasn't strong

You gave me hope when all hope is lost

You opened my eyes when I couldn't see

Love was always here waiting for me


僕がくじけそうなとき

君は勇気を与えてくれた

僕が絶望しているときも

君は希望の光を与えてくれた

僕が光を見失っているとき

君は僕の目を見開いて教えてくれたんだ

愛が僕のそばにずっとあったことを


(訳:yomodalite )





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/26681926
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-11-02 06:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite