和訳 PRINCE "Sign “O” The Times"

f0134963_11150749.jpg

これまでテキトーな順番で紹介してきましたが、ここまでを年代順に並べると、


4 the tears in your eyes(1985年『We Are The World』収録)

The Ladder(1985年『Around The World In A Day』収録)

Gold(1995年『Gold Experience』収録)

One Of Us(1996年『Emancipation』に収録された プリンスのカバー曲) 

Resolution(2007年『Planet Earth』収録)

BREAKDOWN(2014年『Art Official Age』.収録)

WAY BACK HOME(2014年『Art Official Age』.収録)


8回目の今回は、多くの人がプリンスの最高傑作だというアルバムの1曲目に収められたタイトルソング「Sign “O” The Times」(1987)。


邦題では、プリンスのライブを再現した映画のタイトルも含めて「サイン・オブ・ザ・タイムス」という表記になっていますが、原題では、”OF” ではなくて、核軍縮の頭文字「N」と「D」を手旗信号にした形を合体させて円で囲んだデザインになっているピースマーク。

f0134963_11264501.jpg

ちなみに、Sign of the times というタイトルの曲はたくさんありますが、元は聖書から来ていて、「Sign(しるし)」には、神の奇跡とか、神からのメッセージという意味があり、キリスト教が禁止されていた時代、空に十字架が現れ、この印(Sign)によって汝は勝利するだろう。という夢を見たコンスタンティヌス一世が改宗し、戦いに勝ったことで、ローマ帝国にキリスト教が拡がったという伝説が有名で、新約聖書にも「the signs of the times(人々がしるしを見たがる)」という話があります。


このアルバムには、他にも「The Cross」というやがて、僕らのすべての問題は十字架によって肩代わりされるだろう・・・泣くことはない、彼はやって来るんだから。十字架の意味を知ることなく、死んではならない」という内容の曲も収められていて、プリンスが、sign of the times(時勢)について歌っているだけでなく、「時が来た」ことを告げているのは明らかだと思います。


将軍であるコンステンティヌス一世が戦争の勝利を「十字架」に見たのとは異なり、プリンスは平和について考える「時」を感じ、人々にとっての「勝利」向かって、その始まりを告げようとする曲が「Sign “O” The Times」なのだと思います。






Prince "Sign 'O' The Times"


Oh yeah

In france a skinny man

Died of a big disease with a little name

By chance his girlfriend came across a needle

And soon she did the same


フランスで痩せた男が、短い名前の重病で死んだ(*1)

偶然にも、彼のガールフレンドも同じ注射針から感染し

まもなく同じ運命を辿った


At home there are seventeen-year-old boys

And their idea of fun

Is being in a gang called the disciples

High on crack, totin' a machine gun

Time, time


家の中は17歳の男の子たちの溜まり場

彼らが考える面白いことといえば

ディサイプルズ(*2)という名のギャング集団に入って

クラックでハイになって、マシンガンを持つこと


Hurricane Annie ripped the ceiling of a church

And killed everyone inside

You turn on the telly and every other story

Is tellin' you somebody died


ハリケーン・アニーは、教会の屋根を剥ぎ取り

中にいた人々の命を奪った

テレビをつければ、また別のことで

誰かが死んだと言っている


Sister killed her baby cuz she couldn't afford to feed it and

We're sending people to the moon

In September my cousin tried reefer for the very first time

Now he's doing horse, it's June

Time, time


同胞の女の子は、食べるものを与えることができなくて

自分の子供を殺してしまったのに

僕らは人々を月に送ってる

9月に、初めてマリファナを覚えた従兄弟は

今じゃ、ヘロインをやってる、そんな6月


It's silly, no?

When a rocket ship explodes

And everybody still wants to fly


バカげてると思わない?

宇宙船が爆発したっていうのに

まだみんな飛びたがってるなんて

 

Some say a man aint happy

Unless a man truly dies

Oh why

Time, time


人は死なない限り

本当に幸せにはなれないという

いったい、何故なんだ


Baby make a speech, star wars fly

Neighbors just shine it on


赤ん坊が演説し、宇宙戦争が繰り広げられ

近所には爆弾が落ちてくる


But if a night falls and a bomb falls

Will anybody see the dawn

Time, times


でも、もし夜に爆弾が落ちてきたら

誰が夜明けを見られるというのだろう


It's silly, no?

When a rocket ship explodes

And everybody still wants to fly


バカげてると思わない?

宇宙船が爆発したっていうのに

まだみんな飛びたがってるなんて


Some say man aint happy

Truly 'til man truly dies

Oh why, Oh why, sign "O" the times

Time, time


人は本当に死ぬまで

幸せにはなれないという

なぜ、なぜなんだ、平和な時代の兆し

今がその時


Sign o' the times mess with your mind

Hurry before it's 2 late

Let's fall in love, get married, have a baby

We’ll call him Nate(if it's a boy)

Time, time

Time, time


時代の兆しは、君の精神と混ざり合う

手遅れになる前に急いで

恋をして、結婚して、赤ちゃんをつくって

Nate(*3)って名前で呼ぶんだ(男の子だったらね)

時は来ている

今がその時


(訳:yomodalite)



歌詞の中のTime, time の箇所は、色々な意味で「時」を意識しろという意味だと感じられるので、あまり訳しませんでした。


(*1)big disease with a little name 短い名前は「AIDS」と思われる

(*2)disciplesは、弟子、またはキリスト教十二使徒を指す言葉

(*3)Nate(ネイト)は、ナサニエル(ナタニエル)、もしくはネイサンの短縮形。神から与えられた者を意味する名前で、12使徒にもその名前があり(別名:バルトロマイ)、生きたまま生皮を剥ぎ取られるという残酷な刑で殉教をしたことが有名。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/26005501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-09-23 07:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite