聖誕祭2016「Legend」

f0134963_23223164.jpg


本日、8月29日はマイケル聖誕の日。

現地での生誕の瞬間(日本時間8月30日午前10:33)までも、あとわずかです。

今年は、Invincible期(今回は2004年まで)以降を

Legend期とし、Birthdayはこの時期の写真を紹介したいと思います。





f0134963_22204922.jpg





f0134963_23081744.jpg




f0134963_23083143.jpg




f0134963_23092214.jpg




f0134963_23093581.jpg




f0134963_23100402.jpg




f0134963_23101887.jpg




f0134963_23143088.jpg





f0134963_20414327.jpg





f0134963_23124258.jpg





f0134963_23125717.jpg





f0134963_23131772.jpg





f0134963_23133306.jpg





f0134963_23134894.jpg





f0134963_23140184.jpg





f0134963_23141560.jpg





f0134963_23145384.jpg





f0134963_23150902.jpg





f0134963_16344138.jpg





f0134963_23152076.jpg





f0134963_23153224.jpg




f0134963_23154725.jpg




f0134963_23160413.jpg




f0134963_23163283.jpg




f0134963_23164647.jpg




f0134963_23165721.jpg





f0134963_23171011.jpg





f0134963_16350622.jpg




f0134963_23181485.jpg

2010年から誕生日に合わせてたくさん写真をアップしようと思ったのは、Invincible期以降のマイケルが、本当はこれまで以上に素敵で、彼の顔がひとりの人間とは思えないほど変化したのは、整形手術以上に、彼自身の内面によるものだったという驚きからでした。


2013年は少年期を、2015年は「Jackson 5」から「THIS IS IT」まで、ここにアップできなかった写真も含めて、膨大な写真を1枚1枚撫でるように見ながら、彼の軌跡をたどることで、私の中ではますます彼が生きているというか、レジェンドの輪郭がより鮮やかになっていくような気がしています。


今年は、デヴィッド・ボウイやプリンスも旅立ち、彼らの写真を見る機会も増えました。


プリンスは、2009年のMJの旅立ち後も創作意欲に衰えを見せることなく、アルバムはより膨大な枚数になり、毎回趣向の違うライブや、他のアーティストのプロデュースなど、何もかもが精力的で、プリンスの写真はMJと違ってアーティスト活動やパフォーマンスを捕らえたものばかり。パートナーとのプライヴェート写真も素敵で、私は嬉々としてそれらをPinterestに保存している。


でも、MJの写真を見ていると、どうしても「そのまま」保存しておくことができない。パパラッチに撮られた写真や、記念撮影に応じたものは特にそうだけど、どこか「未完成」なところが気になって、絵画を修復するように、欠けている絵の具を少しだけ足したくなるというか、あるべき姿に直して整理して、展示されなくてはならないような思いに駆られてしまう。誰よりも「完璧」を見せてくれたマイケルだけに、少しの傷が気になるということもあるのかも。


プリンスがいつでも「プリンス」だったり、サルヴァドール・ダリが「ダリ」を演じているように、アーティストが天才として認められるのは、「自分の理想とするアーティスト像」をどれだけ完璧に演じられるかにかかっている。ただ、マイケルの理想像は、そういった天才アーティストたちのやり方とは少し違うように思う。


デヴィッド・ボウイは、アーティストとして幾つもの架空のキャラクターを造り、マイケルも演じたかったエレファントマンや、宇宙人、ヴァンパイアの演技で高く評価されたけど、彼の変化に驚いた人がどれだけいただろう。「Changes」を、本当にやってのけたのは、マイケルだったと思う。


◎和訳「Changes」


でも、マイケルの変化は、ボウイが変わろうとしたこととはやっぱり少し違う気がする。


どれだけの楽器を演奏できるの?と聞かれて、プリンスが「千」と答えたように、マイケルの内には元々「千の顔」があった。


それは、世界で一番愛されることに繋がった一方で、彼には、人々の内にある不安や疑惑や嫉妬といった様々な感情も投影されることになり、マイケルが旅立つと、周囲にいた人々も、それぞれが見た彼の真実を言わずにはいられなくなった。マイケルが、圧倒的に「不世出」だと思えるのは、そういった感情すべてを受け入れたところにあると思う。


20代の彼が「スリラー」で自覚し、40代のときの「スレテンド」で、さらに確信したように、マイケルは天才と言うより、「モンスター」を目指していた。


◎和訳「スレテンド」


彼が常に一緒にいたかった子供たちも大人にはないモンスター性がある。老人の知性と、子供の無邪気さ、あらゆる動物と宇宙人やロケットや宇宙船・・それらすべてが一体化したようなモンスターは、きっとマイケルが子供の頃から交信してきた「神」に近いものだったと思う。Invincible以降、MJがときおり見せた「未完成」は、「未知」のものでもあったのだ。




f0134963_23183629.png


MJ Birthdayの記事へのリンク


◎Jackson5 Era

Happy Birthday Michael!!! 2013(Part 1) 

Happy Birthday Michael!!! 2013(Part 2) 

聖誕祭2015「Jackson5時代」① 

聖誕祭2015「Jackson5時代」②

聖誕祭2016「Jackson 5」


◎The Jacksons Era

聖誕祭2015「Jacksons & Off The Wall期」①

聖誕祭2015「Jacksons & Off The Wall期」②

聖誕祭2015「Jacksons & Off The Wall期」③

聖誕祭2016「Off The Wall」


◎Thriller Era

聖誕祭2015「Thriller期」①

聖誕祭2015「Thriller期」②

聖誕祭2016「Thriller」


◎Bad Era

聖誕祭2015「Bad 期」①

聖誕祭2015「Bad 期」②

聖誕祭2016「Bad」


◎Dangerous Era

聖誕祭2015「Dangerous 期」

聖誕祭2016「Dangerous」


◎HIStory Era

聖誕祭2015「HIStory 期」

聖誕祭2016「HIStory」


◎Invincible Era & Forever

Happy Birthday Michael!!! 2010

Happy Birthday Michael!!! 2011

Happy Birthday Michael!!! 2012(Part 1) 

Happy Birthday Michael!!! 2012(Part 2)

聖誕祭2015「Invincible 期」

聖誕祭2016「Invincible」

聖誕祭2015「Post Trial 期」①

聖誕祭2015「Post Trial 期」②

聖誕祭2016「Legend」


その他、カテゴリ「MJ Birthday」には、

マイケルの56回目の誕生日を前に」(1~6)もあります。






[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/25705114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kume at 2016-08-30 10:32 x
>彼の顔がひとりの人間とは思えないほど変化したのは、整形手術以上に、彼自身の内面によるものだった

ことを気づかせていただいたのは、このブログででした。
 「マイケルの顔について」シリーズを読んで「目から鱗の落ちる」ような思いをしましたし、裁判についての考察で、あの時期のMJがいかに大人で素敵だったかも思い知りました。
 これまでの写真に対するワクワク・うっとり感(Invincible期にはちょっとハラハラ感もありますが)とはちがった、しみじみした感動が、このLegend期MJにはあると思います。ずっと眺めて、いろいろなことを考えていたいような…。
 今夜は、MJのために書かれたような曲、カーペンターズのClose to Youを頭に浮かべながら(菊池成孔さんのブログにものせられているのを紹介して下さいましたよね)、私にとってのMJの誕生となったw、This Is Itを見てすごそうかなと思っています。
 テクニカルなことはまったくわからないのですが、「欠けている絵の具を少しだけ足し」て、「あるべき姿に直して整理」する作業は、きっとすっごく大変だったのではないでしょうか。でも、おかげで私は例年に増して素晴らしい聖誕祭を堪能させていただきました。本当にありがとうございます!
 では、yomodaliteさんと一緒に、のつもりで言わせていただきます。

Happy Birthday MJ !
Thank you for everything. We love you!


Commented by yomodalite at 2016-08-30 21:58
最後の聖誕祭を楽しんでもらったことをご報告いただいて・・
これまでのことを含めての長文コメントありがとうございます。
kumaさんも、同じ時間に一緒に言ってたんだね。
ホント、おめでとうっていうよりは、ありがとうって感じだよね。
Commented by dill at 2016-08-31 00:03 x
遅ればせながらですが、、、私もyomodaliteさん&MJガールズのみなさまとマイケルの誕生をお祝いしたいです!!

Happy Birthday Michael!!!
We love you from bottom of our heart!!! XOXO

yomodaliteさんが大切に大切に修復の作業をして載せて下さったLegend期のマイケルの姿が夢のように綺麗で、ため息さえ出ません。
ただ息をのむばかりです。

この時期のマイケルの姿を見るといつも心のどこかがひりひりする感じがします。
それは彼の受けた諸々の傷のことをつい考えてしまうから、ということもあるとは思うのですが、それだけではなくて、彼の理想というものが、おそらく世界の誰にも真には理解できないくらいオリジナルなもので、それを目指して命がけで努力する歩みの絶望的な孤独と強さに心が打たれるせいかもしれません。

yomodaliteさんの素敵なブログのおかげで8月が楽しかったです。どうもありがとうございました!!
今年が最後の聖誕祭ということでひょっとしたら??と不安だったのですが、ブログ続行のお知らせも、とても嬉しいです。
これからも楽しみにしています。
(、、、が、ひとまずはお目目と手をゆっくり休ませて下さいませ。)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-08-29 07:00 | ☆MJ Birthday | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite