和訳 “Invincible” の補足と「Cream」と「This Is It」の類似

「Invincible」の和訳を見てくださった方と、ツイッター経由でやりとりしました。プリンスの歌詞や、ふたりの関係についてなど、色々と補足する内容になっていると思うので、前回の和訳と合わせてこちらもお読みくださいませ。
_________

yomodalite ‏

マイケルがこっそりプリンスをディスっている曲(笑)です!

和訳 “Invincible”

http://nikkidoku.exblog.jp/25463890/


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite Diamonds&Pearlsの解釈が反対の様に思います。歌詞では、「もしもぼくがダイヤモンドと真珠をあげたなら~」となっていますが、最後は「でもぼくにできるのは あなたに愛を捧げることだけ」と締められます。


(下記の和訳は歌詞カードから)


This will be the day

That you will hear me say

That I will never run away

今日この日、ぼくはあなたに言おう

決して逃げたりしないと


I am here for you

Love is meant for two

Now tell me what you're gonna do

ぼくはここにあなたのために居る

愛は二人のために在る

さあ どうするつもりかおしえて


(コーラス)

If I gave you diamonds and pearls

Would you be a happy boy or a girl

If I could I would give you the world

But all I can do is just offer you my love

もしもぼくがあなたにダイアモンドと真珠をあげたなら

あなたは幸せな少年か少女になってくれるだろうか

できるなら ぼくはあなたに世界だってあげる

でもぼくにできるのは あなたに愛を捧げることだけ


Which one of us is right

If we always fight

Why can't we just let love decide (let love decide)

ぼくらのうちどっちが正しいんだろう

いつも争ってばかりいたりしたら

何故ぼくらは愛に決定を委ねられないんだろう


Am I the weaker man

Because I understand

That love must be the master plan (love is the master plan)

ぼくは弱い男だろうか

愛はマスタープランにちがいないと考えているから


D to the I to the A to the M

O to the N to the D to the pearls of love

D to the I to the A to the M (to the m)

O to the N to the D to the pearls of love

DへIそしてAへMそしてOへNそしてDへ

真珠のような愛へ


There will come a time (there will come a time)

When love will blow your mind (blow your mind)

And everything you'll look for you'll find (take a look inside)

やがて訪れるだろう

愛が我を忘れさせ

そして 探していたものすべてがみつかる時が


That will be the time (that will be the time)

That everything will shine (forever)

So bright it makes you colorblind (you will be color blind)

その時こそ、あらゆるものが燦然と輝いて

あなたは色による差別ができなくなるだろう


(コーラス)繰り返し


yomodalite

@3121Rain かみるんさん、感謝です!!!おっしゃる通り、プリンスの歌詞は、「でもぼくにできるのは あなたに愛を捧げることだけ」で、プリンスの意図ももちろんそうだと思います。ただ、MJがこの歌詞で「こっそり」プリンスを意識しているのは、間違いないんじゃないかと。


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite 基本は物質より愛という路線の曲なんだと思います。プリンスがマイケルを意識した曲というのは、「My Name Is Prince」で、「俺の名前はプリンスー俺はキングになりたくない」の所だと思います。これは僕もマイケルを意識したのかな、と思いました。


yomodalite

@3121Rain 同感です!それに関しては(http://nikkidoku.exblog.jp/24643638/)ここに少し書いたんですが、いずれにしろ、プリンスがマイケルを意識している部分は、すごくはっきりしているんですけど、マイケルの方はあくまでも「こっそり」なのではないかと。


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite ここの解釈は気になっていましたので書いてみました(*_ _)失礼しました。でもいつも興味深く読ませて頂いています。

おやすみなさい


yomodalite

@3121Rain 励みになります。ありがとうございます。ちなみに、私の文章の至らない点を補足したいので、このツイートのやりとりを該当記事に転載してもいいでしょうか?


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite 今仕事の休憩中で、あまり時間がないので長いお返事はできないんですけど、転載はオッケーですよ( ´∀`)b


yomodalite

@3121Rain 転載OK感謝です。MJファンにはプリンスに興味がある人が少ないので、プリンスファンの人と「ふたりの天才」について語れるのはすごく楽しいです。そんなわけで、私の解釈も「ネタ」として楽しんでいただきたいのですが・・・


①マイケルの場合は、プリンスに限らず、大体感情の発露まで、常に「ワンクッション」置くところがあるんですよね。ここでも、ときに自分より評価されていることに対して、どうして、彼(プリンス)の方がいいなんて言うの?という疑問を「彼女」に言っているようなんですが・・


②自分の口からじゃないラップ部分では、「俺はネックレスもブレスレットも、超輝いてるやつを手に入れたぜ」とか、「旅は出来ても、金は長続きしそうにないね。悪態つくことはできても、勝負強さが足らねえんだよ」とか・・「上辺だけなんてのはナシだぜ。俺のはマジだから」っていうのは、


③自分だって結構稼いだ癖に、「僕にできるのは、あなたに愛を・・」だなんて、歌詞だけ甘ったるいこと書いてんじゃないぜ。みたいなねw そんなところも、プリンスの歌詞が、「かみるんさんがおっしゃる通り」だからこそ効いている、と。


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite なるほど、そういう形の捉え方はかなり頷けます。

実際プリンスも、金持ちの生活を送っている事は事実ですからね。

それで歌詞と実際にギャップを感じてマイケルが皮肉っているとしたら、それは確かに面白いです。


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite 大変分かりやすかったです、ありがとうございます(^ω^)

マイケルがプリンスを意識した最たるものは僕は「This Is It」だと思います。

同じO2アリーナ、プリンスの21公演に対して50公演の予定。

実現していたら…見てみたかったです。


yomodalite

@3121Rain 「This Is It」はホントそうですよね。オルテガが、MJの「神様が僕にアイデアをくれたのに、やらなかったらプリンスにあげちゃうかもしれない」発言をフィルムに残してくれたことで、ムーンウォーカーに続いて、MJの映画2本にプリンスが登場したことになりますよね。


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite ムーンウォーカーでもしっかりプリンスの名前出してましたねえ。バブルス絡みでしたっけ。W

奇妙なことに、プリンスのCream の最初の歌詞がThis Is Itです。W






yomodalite

@3121Rain いくらポール・アンカと昔作った曲だからって言ったって、ダメですよねw。きっとなんかあるって私も思っちゃってますw


yomodalite

@3121Rain 私は天才同士の熾烈な戦いみたいなのが、大好きなんですけど、ふたりの間には、卑怯な手口が全然なくて、胸がすくようなライヴァル争いって感じがして、たまらないんですよね!


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite 色々タイプが違ったり、でも共通する部分もあったりして。本当、両方が最高に魅力的です。

マイケルのソロデビュー、プリンスのI Wanna Be Your Lover辺りから続いたライバル関係は、本当に素晴らしいものでしたよね。


yomodalite

@3121Rain MJは、自分が遺す歴史をすごく意識していましたから、プリンスを、彼のヒストリーの重要な登場人物と位置付けていたと思うんですよ。オルテガが語ってくれたアイデア相撲の話もプリンスのことを思い出したなぁ・・


yomodalite

@3121Rain クリームのエロい歌詞wで思い出したんですけど、MJTapesで、僕は世界中で親善大使のようにメッセージを広めてきたのに、他のシンガーはセックスについてとか「ベイビィ、バスタブの中で君の体を・・とか歌っているのに、僕だけがメディアに変な奴だって叩かれてる」って嘆いてるんですよ(笑)ですから、曲の類似以上にプリンスの This is It がそれなら、僕のはこれだよ。って絶対に言いたかった気がしますw 


yomodalite

@3121Rain そして、そんなMJの思いを見通してかw、彼が休止中に、エロを封印し、MJが脱退した教団に入会し、MJが92年に出版した詩と同じタイトルのアルバム「Planet Earth」をリリースし、すっかり上品になっていくプリンス(笑)


かみるん ‏@3121Rain

@yomodalite Creamの出だしがThis Is It問題は、メロディの類似もあるし、かなり前から頭の中にありました。多分今日初めて言いました。W

沢山本を読み込んで、マイケルとプリンスの世界を解き明かしたい。

おやすみなさい!


Judith ‏@mj_bljn

@3121Rain @yomodalite 横からすみません!This is itは83年に制作されたものだそうで、時代的にはCreamよりも先だと思います。すごい偶然じゃないかと

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/THIS_IS_IT_(曲)





(意外とメロディも似ているw)




かみるん ‏@3121Rain

@mj_bljn @yomodalite なるほど、実はマイケルの方が制作は先だったんですね!(°ω°)!聴いてみて良かったW

ここ数年の疑問が消えました、ありがとうございます。

聞いてみるもんですね。W

それにしても本当、凄い偶然!


yomodalite

@mj_bljn 参加大歓迎!どっちが先かって、私もよく調べたくなるので助かりました!Safire版がカナダでリリースされたのが3/5、クリームは9/9だから、もし訴えていたらプリンス不利だったかもですねw


(ツイッターからの転載終了)


MJの「This is It」(曲)が発表されたとき、 Sa-Fireの ”I Never Heard" と同じ曲ではないかと話題になった。その後、ポール・アンカがこの曲は、1983年に自分とマイケルが共作したもので、Sa-Fireが1991年5月にリリースしたアルバム 「I Wasn't Born Yesterday」に収録された ”I Never Heard" も、自分たちの曲を提供したものだと証言。一方、プリンスの「Cream」は、 1991年のアルバム「Diamonds and Pearls」に収録され、1991年9月に先行シングルとしてリリース。プリンスは、この曲で久しぶりの全米No.1を獲得している。


ちなみに、、


これは、ブログ記事への返信だったので、ツイッターで会話させていただいたのですが、通常ツイッターでは、ブログ記事更新のお知らせをしているだけで、自分からつぶやくことはなく、フォロー返しもしていないので、このブログを見てくださっている方は「探さないでくださいね」(笑)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/25506035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サラ at 2016-12-31 06:50 x
とっても興味深いブログの数々…☆
私は13歳の頃から今迄の10年間、死ぬほどマイケルが好きです。
今後読ませて頂きますm(_ _)m
また更新楽しみにお待ちしております。

プリンスと良きライバルだったのですね…☆
Commented by yomodalite at 2016-12-31 22:58
サラさん、コメントありがとうございます!

>私は13歳の頃から今迄の10年間・・

ということは、ファンになったのは2006年頃ですよね。
当時のMJは活動休止中ですし、
良かったら最初に好きになった曲とか、
どんなきっかけで死ぬほど好きになってしまったのか、
今度ぜひ、教えてくださいね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-08-01 06:00 | マイケルの言葉 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite