シンギュラリティ:人工知能から超知能へ/マレー・シャナハン

シンギュラリティ:人工知能から超知能へ

マレー・シャナハン/エヌティティ出版

undefined


現代は、日本でもその他の先進国でも、未来への希望より、昔に戻りたいという欲望が噴出しているように感じるのですが、そのひとつの要因が、「人工知能」の進歩ではないでしょうか。

本書は、2015年に出版された「The Technological Singularity」の日本版で、マサチューセッツ工科大学に次いで世界大2位の最難関大学と言われるインペリアル・カレッジ・ロンドンの教授で、認知ロボット工学の専門家であるマレー・シャナハンが書いた本。間近に迫ってきた人間レベルのAIの可能性について、具体的な話が展開されています。

汎用人工知能とはどういったものか?という、第1章・人工知能への複数の道、脳をコピーし、マッピングする・・という、第2章・全能エミュレーション、そして、機械学習アルゴリズムとか、ビッグデータによる人工知能、人間レベルのAIは、どこまで人間レベルなのか?もしくは、どこまで人間らしくするか?といった、第3章・AIの設計、生体脳と違い、脳のエミュレーションでは任意に何度でもコピーすることができる。生体脳とちがって、デジタル脳は加速できる。という第4章・超知能。

ここまでで、本書の半分ぐらい。

よく出来たSF映画の10倍以上怖いというか、AIの擬人化についての想像が身に迫ってきて、すでに胸が苦しくなるぐらいなんですが、

AIが感じる自己認識や、苦しさといった、第5章・AIの意識から、人間レベルのAIから、人間以上の「超知能」と、人間がどう亜変わっていくのかという、第6章・人間に及ぼすインパクト。

第7章は、「天国か地獄か」という章題ですが、私にはここに「天国」を見出すのはむつかしかったです。




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/25437187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-07-12 07:00 | 科学・環境問題 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite