映画『FAKE』監督:森達也

f0134963_23145865.jpg


『A』も『A2』も、忘れられないぐらい面白い作品だっただけに、森監督が佐村河内氏を撮ると聞いて、公開をずっと楽しみにしていました。


大阪は東京よりも1週間も初上映が遅いうえに、上映館はアングラなんていう言葉を久しぶりに思い出してしまいそうな「第七藝術劇場」というシアター。


今どきの映画館と違って、席つきチケットをネット予約することも出来ず、チケットを買うときに「整理券」を渡されて、順番に入場するというシステムにちょっぴりイライラしつつも、やっぱりワクワクの方が勝っているという感じで、窓口までたどり着くと、森監督のトークショー付きの12:25からの上映は、11時の段階で、すでに「立ち見」。


立ち見で映画を見るなんて無理なお年ごろなので、14:45からのチケットを購入すると、整理番号は60番台で、食事をして劇場に戻って番号順に並んでいると、あまり広くないロビーには、ナインティナインの岡村氏もいた。彼がどのあたりの席で見たのかはわからないけど、トークショーのないこの回も、立ち見の人が30人ぐらいはいたと思う。


第七藝術劇場は、想像していたよりもずっと小綺麗な映画館で、椅子の座り心地も良く、スクリーンがよく見えるだけでなく、最近のシアターと違って、映画に没頭できる「暗やみ」もありがたかった。


一切の予告編もなく、唐突に『FAKE』が始まると、私を含めて多くの観客が笑った箇所が5、6個あって、衝撃はラストシーンだけではなかった。


上映後の森監督の「舞台挨拶」を曖昧な記憶から少しだけ紹介すると、


監督は、ようやく15年ぶりに映画に帰ってきたこと、映画だけでなく、映像が好きなんだけど、それ以上に映画館が好きだ。でも、人が入っていない映画館は好きではない、つまり、来てくれる人が好きなのだ、と。映画館では、周りの人のちょっとした息遣いを感じながら、映画を見ることになる。この暗やみの中で、ぜひ、佐村河内氏を見て欲しい。


といった感じのことを語り、少ない残り時間の中、進行役が2人だけ観客からの質問に答えましょうと言うと、若い女性がすぐに手を挙げ、「この映画について、本に書かれますか?」と質問。監督が、「この映画については絶対に本にしない」と答えると、


次に手を挙げたのも20代ぐらいの女性で、東京から来た熱心な森監督ファンらしく、冒頭で、監督からは、多くを学んでいると言い、「人を信用すること」と、「困っている人に手を差し伸べること」について質問した。


監督は「たぶん、質問したいことと、言っていることが少し違ってしまっているように思うけど・・」と優しい言葉をかけ、自分は人を信用する方だ、と答えていた。


年代は様々なものの、男性客が多かった場内で、臆せず質問したのが二人とも若くて普通に可愛い女性だったことが、嬉しくもあり、残念でもあるような・・舞台挨拶の終了後、監督のサインを求めてパンフを購入する列も長く続いていた。


映画を見るとき、映画館で見るか、DVD発売まで待つか、迷う人は多いと思う。大きなスクリーンに相応しいかということを考えると、ドキュメンタリー映画はDVDでいいかと思う人も多いと思うけど、


この映画は、映画館で見た方がいい。


話題として古くならないうちに、というわけではなく、


何が真実で、何が虚偽なのかがわかるというわけでもなく、


佐村河内氏を見るのも、佐村河内氏の音楽を聴くのも、映画館の方がずっといいと思うから。


自分がどう思うか、それだけを確かめに観に行って欲しい、必見の映画。


猫が好きな人には特におすすめ!




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/25322335
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-06-12 18:00 | 映画・マンガ・TV | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite