『The Michael Jackson Tapes』終了

f0134963_09444914.jpg



『The Michael Jackson Tapes』は、明日で翻訳完了。

マイケルの会話がなくなった時点で、終了してた。と思う人がほとんどだとは思いますが、シュムリーの「謝辞」と、翻訳監修者childspirits先生の「あとがき」で、本当に終了です。

シュムリーのあとがきまでガマンして読んでくださった方も、彼のあまりのしつこさに「いいかげんにしろ!」と思われた方も多かったでしょう。

マイケルが旅立ってから、彼を救いたいと思っていた大勢の人は、誰もが彼を救うことができなかったと言い、誰もがそれを、自分とは別の取り巻きのせいにしました。

でも、マイケルを救うってどういうことなんでしょう?

彼は、イエスが言ったように

「自分の目の中の〈丸太〉に気がつかないのに、なぜ、人の目についた〈おが屑〉が気になるのか。自分の目の中の丸太で物が見えなくなっているのに、どうして、人に「あなたの目から〈塵〉を取り除く手助けをしよう」などと言えるのか。(→ 山上の説教)

と思っていたのではないでしょうか。

シュムリーは、取り巻きだけではなくマイケル自身に責任があり、とりわけ、幼い子供を残して去ったことを厳しく責め、自分の子供だけでなく、世界中の子供を救いたいという彼の夢をメシア・コンプレックスだと非難しました。

でも、マイケルについて書かれた数多くの本の中で、著者の内面や脳が割れるような体験とともに書かれた本は、シュムリーのこの本だけではなかったか。と、私は思います。私の方がもっともっと悲しんだ、と思う人は大勢いると思いますし、私自身、流した涙の量では余裕で勝っている気もしますが・・・それでも、人生をかけた仕事や、9人の子供をもつ父親としても、そのアイデンティティのすべてにおいて、本当に心を揺さぶられ、激しい葛藤の中で書かれた本は、この本以外にはないように思います。

人を導くラビとして、ようやく成功の果実を手にいれられそうになっていたとき、突如現れたピーターパンとの出会いと別れ・・・

そんな風に感じるのは、私だけかもしれませんが・・・シュムリーは「謝辞」でも、マイケルにありがとう。と言っていて、私はその言葉だけは100%信じています。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/25076083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-03-25 10:03 | ☆マイケルジャクソン書籍 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite