HIStoryと黙示録:『地獄の黙示録』③

f0134963_21444488.jpg

②の続き・・・

たった、数分足らずのショートフィルムを解読するのに、なんでこんなに一杯読まないといけないの?とお思いの方も大勢いらっしゃると思うんですけど、ただ、こういったことは、マイケルが意識していたに違いないことではあるものの、わたしたちにとっては前提となる知識も意識もないことなので、説明しようと思うと、どんなに短くしようとしても、これぐらいになってしまって・・・(大泣)。


それでも、同じ資料を、ただただ「頭がいいフリ」とか「わかったフリ」をするためだけに使用してきた数多のものよりは、よっぽどわかりやすくマシなものになっているという自負もあるのですが、そんな私の伸びた鼻をへし折ってくれる人もマジで感謝しますので遠慮なく!


では、今回は、歴史・政治との関連と、

あらゆる場面で成立しない「父と息子の関係」や「お笑い」もちょっぴり・・・



◎リンカーンの言う “心の天使”


ウィラードが、カーツ殺しを請け負ったときに司令部から言われた言葉、


この戦争ではいろいろな混乱が生じている。権力と理想、古い道徳観と現実の作戦行動、現地人の間に入り、自ら神となるのは、大きな誘惑に違いない。人間の心には戦いがある。合理と不合理、善と悪、善が勝つとは限らぬ。時には、悪が勝って、リンカーンの言う “心の天使” を打ち負かす。誰にも理性の限界がある。君にも、私にも。カーツは限界に達し、完全にイカレてしまった。彼の行動は良識による抑制を失い、人間の行ないとしていささかの容赦の余地もない。その彼が軍の指揮を取っている」


この、リンカーンの言う “心の天使”というのは、彼の最初の就任演説の最後の方で述べられた、


I am loathe to close. We are not enemies, but friends. We must not be enemies. Though passion may have strained, it must not break our bonds of affection. The mystic chords of memory, stretching from every battlefield and patriot grave to every living heart and hearthstone all over this broad land, will yet swell the chorus of the Union when again touched, as surely they will be, by the better angels of our nature.


私は演説を終えるのが残念です。われわれは敵同士ではなく、味方なのです。われわれは敵同士になるべきではありません。感情が高ぶっても、われわれの親愛のきずなを切るべきではないのです。思い出の神秘的な弦が、全ての戦場や愛国者の墓から、この広大な国の全ての生けるものの心と家庭へとのびていて、再び奏でられるとき、統一の音を高らかにならすことだろう。その音は確かに、われわれの本来の姿であるよい天使によって鳴り響くことだろう。


のことで、黒人奴隷の解放をめぐって争われた南北戦争後、南部が連邦から脱退できないことを述べたあと、彼らへのアピールとして語られた言葉のようです。


で、このあと、司令部を出たウィラードは、戦場でテンガロン・ハットをかぶり、未だに南北戦争を戦っているかのような、カリカチュアされた南部・テキサス人、将軍キルゴアに出会います(キルゴアはテキサスにある地名)。



◎ここは笑っていい


深刻な戦争を描いている映画でありながら、また、色々と《逆》になっている部分や、パロディでもあると言ってしまいましたが、そう言ってしまうと誤解されそうな部分も・・・


キルゴア登場シーンは、「笑いどころ」が多くあるものの、実は「真実」という場面もあります。


まず、島に到着したとき、「カメラを見ないで先へ進め。テレビだ!カメラを見ずに戦っているフリをしろ!」というカメラクルーが登場しますが、ベトナム戦争は初めてテレビカメラが入った戦争で、人々に「反戦」意識が高まったのもそれが原因だったと言われています。ですから、これは実際の話。


でも、典型的なテキサス人のキルゴアがサーフィンをやってるわけがないw。


これは《逆》になっているという例なんですが、キルゴアが遺体にトランプを配っているのは、死者数を数えたり、恐怖を与えるために、実際に使われた方法で、これは真実です。また、戦闘中に、牧師が祈っていたり、その祈りの言葉も真実で、爆撃したあとに、「我々は暖かい庇護の手を差し伸べる」というアナウンスなども、本当にバカバカしいのですが、こういったことは、すべての戦争で行われていることで、この映画で何度も繰り返し表現されている、攻撃しておいて、助けようとする。という偽善行為で・・・一番笑えないところです。


そして、爆撃を終えて、「DEATH FROM ABOVE」と書かれたヘリコプターから、キルゴアが降りると、テンガロンハットの正面についている「騎兵隊」のマークが、それまでの倍ほどデッカくなっているw(これに似たギャグ、マイケルもやってたよね)。



f0134963_12051705.jpg
(befor)


f0134963_12085226.jpeg
(after)



また、本来、いかにも軍人らしいキルゴアのような人物は、戦場がどういうところかわかっていないサーファーのランスを、軍人として鍛えることが役目であり、その厳しさが、若者が成長するための《通過儀礼》になるというのが、『愛と青春の旅立ち』などでも、おなじみの構図なんですが、キルゴアは、戦場では、まったく役に立たないサーフィンのカリスマを尊敬するような態度で接し、戦場における《父と息子》の関係は築かれることなく、ランスの成長も阻害されています。



物資運搬船の乗員を虐殺する


船の中では、もっとも冷静沈着にみえた “チーフ” は、航海中に船を発見し、物資を運搬している船は調べなくてはならない、というもっともな理由から検問するのですが、武器を隠しているかもしれないという疑惑は、軍人として未熟な若者 “クリーン” を興奮させ、銃の乱射を招いてしまう。


このシーンは、ベトナム反戦運動のシンボルにもなった「ソンミ村虐殺事件」から発想したと、コッポラは述べていますが、私たちの国で問題になっている南京虐殺にも似ている点があるように思えますし、この映画よりもずっと後に起きた、イラクに大量破壊兵器があると信じたことから始まったイラク戦争のことも思い出されますね。


そして、ここでも、同じ黒人である “チーフ” と “クリーン” に築かれるはずの《父と息子》の関係が壊れていて、父である “チーフ” は、軍人としての経験と判断から行動を起こしたことで、息子 “クリーン”の致命的な行動を招いてしまう。



◎ふたりのL.B.ジョンソン


この映画にはふたりのL.B.ジョンソンが登場します。そのひとりが、サーファーのランス・B・ジョンソンで、もうひとりが、ベトナム戦争時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソン(Lyndon Baines Johnson


この、ふたりのL.B.ジョンソンについては、地獄の黙示録のレヴューとして評価の高い、立花隆氏の『解読 地獄の黙示録』でも指摘されていて、


「L.B.ジョンソンと聞けば、誰でもすぐに、あの大統領を連想する。(…)カーツ大佐のドキュメントの中に、二人が肩を並べて撮った写真が出てくるし、ベトナム戦争の将来展望に関する参謀本部宛の特別報告書がジョンソン大統領にも提出されていたこと、また、カーツがウィラードに読んで聞かせるタイム誌の記事にも(特別編集版)、ジョンソン大統領の名前が出てきて、ベトナム戦争がジョンソン大統領の戦争であったことを、いやでも思い出すように仕向けられている。」


と、ここまでは完全に納得。ただ、このあとの記述、


ランスとジョンソン大統領を重ねることで、ラストシーンの意味的含みが現実のベトナム戦争と重なってくる。カーツを殺したウィラードが群衆の中にわけいり、ランスの手をつかんで、一緒にボートに乗る。そのとき雨が降ってくる。ランスは雨に顔を濡らして喜ぶ。このシーンは、病める漁夫王が癒されて、「荒地に雨が降り、世界が救済される」というシンボリックな表現である。ここで、「L.B.ジョンソン」の名前が意味を持ってくる。L.B.ジョンソンこそが病める王だったのである。


については「???」で、これについては、最後の「神話」との関連で説明する予定ですが、私は、コッポラは、ランスとジョンソン大統領を、ある意味において《類似形》として描いているのではないかと思います。


リンドン・ジョンソンの経歴は、


保守的な南部テキサス州(キルゴアと同じ)から、戦争で戦うことを公約して、南部では支持者の少ない民主党の上院議員になり、その後、実際に戦争に行って、名誉勲章を受章するほど活躍する。ケネディ政権では副大統領になり、ケネディが暗殺されたことで、大統領の座につき、次の選挙でも大勝するものの、ベトナム戦争への判断ミスによって、政治生命を断たれ、また、ケネディ暗殺の首謀者だという根深い疑惑ももたれた。


というようなものなのですが、これらは、一貫したイデオロギーがなく、その場その場で上手く世の中を渡ってきたようにも見え、戦地と政界というふたつの厳しい戦場で成功をおさめ、生き残った人物であるともいえます。


そして、またランスも、サーフィンのカリスマとしては、誰もが一目置くような人物だったものの、軍人としてはまったくの素人。にも関わらず、結局、戦場の波をも乗り切って、最期まで生き残る。


カーツは、自分のことだけではなく、他人のために生きること決断し、そのためには、現在の価値観を破壊することも厭わない「英雄」の道を目指した人間ですが、リンドン・ジョンソンや、ランスは、既存の価値観の中で自分の目標を見つけ、そこのみに邁進する。だから、世界を変えることはできないし、その意思は元々ない。


また、ふたりのL.B.ジョンソンが、共に、ジョンソン(ヨハネの息子)という名前だという点も重要なのではないかと思いますが、それについても後述。



◎カーツとリンドン・ジョンソン


カーツに関する最初のレポートで、マーロン・ブランドが、ドイツ軍の青年将校を演じている『若き獅子たち』の写真が使われていたり、サーフィンをしているランスが「サヨナラ!」というのも、ブランドが演じた映画のタイトルだという「遊び」のあと、


「輝かしすぎる、いや、完璧だ。軍の最高幹部となるべき男だった。大将にでも、参謀長にでも・・・しかし、ベトナムがつまづきとなる。ジョンソン大統領宛の報告書は握りつぶされた。問題があったのだ。続く数ヶ月空挺部隊を訓練課程を3回も志願して、やっと受理された。空挺部隊?38歳にもなって? そして、特殊部隊に加わって、ベトナムに戻る」


というカーツの経歴は、ジョンソンが、自身の上院選挙の運動時に、もし戦争が始まったら、戦地に赴き敵と戦うという公約を掲げ、実際に、第二次世界大戦に海軍少佐として従軍し、輝かしい叙勲を受けたという経歴にそっくりで、しかも、副大統領時代、ケネディ大統領に送った、「アメリカが迅速に行動すれば、南ベトナムは救われる」という予想が大きく外れ、悪化する一方の戦争の責任から政治生命を断たれた。という経歴と対比するものですが、


カーツは名誉勲章を受章して除隊した後、出世には、何の見返りも期待できないうえに、厳しい訓練を必要とするグリーンベレーに自ら希望して入り、実際の軍事行動として、適切な作戦を実行したにも関わらず、軍部に逆らったとして処罰されようとしている。つまり、カーツは、ジョンソン大統領と、ある地点から《逆》コースを行く人物として、造形されているんですね。



◎カーツとダグラス・マッカーサー


上記で、L.B.ジョンソンと対比したカーツですが、軍人として一旦退いたあと、再び、軍に復帰して、カンボジアに行ったという、カーツの人物造型に、アメリカ史上、一人の手にこれほど巨大で絶対的な権力が握られた例は無かった。と評されるほど、日本を占領したダグラス・マッカーサーを感じた人も多いでしょう。


ウィラードが、カーツの資料を読みながら、「陸軍士官学校を首席で卒業、朝鮮戦線、空挺部隊、叙勲の回数多々、見事な経歴だ。」という字幕の背景にある資料映像には、ハーバード大学で歴史を専攻し、その修士論文は、「Phillipines Insurrection: American Foreign Policy in Southeast Asia, 1898-1905(フィリピンの反乱:東南アジアのアメリカの外交政策1898-1905)」とあるのですが、



f0134963_12441889.jpg



マッカーサーが、ウェストポイントアメリカ陸軍士官学校を首席で卒業し、フィリピンに陸軍少尉として派遣されたのは、1903年。このときが、マッカーサーとフィリピンとの長い関係の始まりなのですが、彼がフィリピンにこだわった理由には、マッカーサーの父親が、フィリピン総督だったという歴史があり、カーツが学んだ「フィリピンの歴史」も、マッカーサーの父親の外交政策といえるのかもしれません。また別の資料で、カーツの母親らしき女性が大きく写っているのも、マッカーサーのマザコンエピソードを思わせますし、独断で行った作戦に、上層部はカンカンになるものの、マスコミ人気によって、昇進したことなども・・・



f0134963_12241538.jpg


トルーマンや、アイゼンハワーの忠告を聞くことなく、終戦後、天皇に代わって日本の「王」となり、その後、仁川上陸作戦で、ソウルの奪回にも成功して、名声を高めると、米国の執行部は、ますます、マッカーサーに手を焼くようになり、最終的に解任されるという道のりと、この映画でのカーツの経歴には、重なる部分が少なくありません。


また、⑤でも取り上げた、元シェフのジェイが、ウィラードと一緒に船を降りて、マンゴーを探しに行ったとき、虎に襲われた、というシーンですが、


マッカーサーの有名なセリフ「I shall return(必ずや私は戻るだろう)」は、1942年に、ルーズベルトの命令で、フィリピンからオーストラリアへ脱出するよう命じられたときに発せられたものなんですが、その後の1944年から終戦までフィリピン・レイテ島で行われた、日本軍とアメリカ軍の戦闘で《マレーの虎》と呼ばれて恐れられた日本軍の大将、山下奉文とは敵対する関係で、


戦後、他のA級戦犯には同情的だったにも関わらず、フィリピン国民に「戦争犯罪人は必ず罰する」と約束したこともあり、フィリピン戦での戦争犯罪訴追には、非常に熱心に取り組み、山下は、フィリピンでの降伏調印式が終わるとすぐに逮捕され、部下がおこなった行為はすべて指揮官の責任だという理由で死刑判決が下されました。これには、山下に全責任を負わせ、アメリカ軍のおこなったマニラ破壊を日本軍に転嫁するためとの見方もあるのですが、マッカーサーは山下の絞首刑に際して、より屈辱を味わわせる様に「軍服、勲章など軍務に関するものを全て剥ぎ取れ」と命令し、山下は囚人服のまま《マンゴーの木で》絞首刑を執行された。ということがありました。


マンゴーを探しに行って、虎に殺されそうになった。というのは、《マレーの虎》を《マンゴーの木》で殺した。ことを《逆》にしたエピソードなのかもしれません。



◎カーツとジョンソンとマッカーサーの共通点


カーツの部屋で、ウィラードが発見したこちら・・


f0134963_11071064.jpg



これは、銀星章(シルバー・スター)と呼ばれる勲章なのですが、この章は、アメリカ合衆国の軍の勲章・記章の序列で、戦闘時における功績に限定すれば、シルバースターは名誉勲章、十字章に次ぐ第3位の勲章です。


しかし、名誉勲章の授与基準は「敵対する武装勢力との直接戦闘における任務の要求を越えた著しい勇敢さと生命の危険に際しての剛胆さ」とされるため、生存者の受章は非常に困難で、また、十字章は、「敵対する武装勢力への作戦行動における非凡な英雄的行為」なので、前線で戦った者への受章機会は少ない。


一方、シルバースターの叙勲は「敵対する武装勢力との交戦における勇敢さ」に対して贈られるため、上位の勲章よりも、前線将兵の受章機会は多く、実際に勇敢な行動に対して与えられる章であるとも言えます。


銀星章の受章経験者の中でも、7回受章というぶっちぎりの記録をもつのはマッカーサーで、あとから疑惑をもたれるものの、ジョンソンも歴代大統領の中で唯一この章を受章した人物。


カーツの人物像が、ジョンソンとマッカーサーを経由して出来ていることが、ここからもわかると思いますが、さらにわかりたい人は、カーツが、戦後の日本と大いに関係があり、この映画も・・ということも夜露死苦!



◎兵士のロボット化と、殺人ロボットの実用化


ウィラードが、司令部からカーツ殺しを命令される場面に戻りますが、こんなシーンがありました。



f0134963_11140763.png
抹殺するのだ。私情を捨てて」(字幕訳)
Terminate With Extreme Prejudice



このTerminateっていうのは「ターミネーター」と同じ言葉ですが、Extreme Prejudice というのは、通常使われない言葉だったそうで、当時かなりの流行語になったそうです。


直訳すると、「極端な偏見によって始末しろ!」といった感じでしょうか。マイケルファンとしては、彼の「Prejudice Is Ignorance(偏見は無知なり)」の方を深く噛み締めてしまうのですが、兵士たちは、実際に戦場に行くと、人を殺すことを嫌がり、なかなか立派な兵士にはならなかった。それで、兵士たちの発砲率を上げるために、色々と研究がなされ、ベトナム戦争では、それまでわずか15~20%にすぎなかった銃の発砲率が、90%に跳ね上がったということがあったようです。


◎参考図書「戦争における「人殺し」の心理学」


私情を捨てて目的をやり遂げる兵士は、これまでに紹介した、ヨハネの黙示録や、バガヴァッド・ギーターでも、理想の兵士だと考えられてきているわけですが、そこから、ロボット戦士が地球を救う『ターミネーター』へと繋がった可能性は大いにありそうですね。そして、最近では、「殺人ロボットの実用化」が実際に近づいてきたというニュースもありました。



次回は、神話や騎士道物語との関連について。






[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24905350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2016-01-28 18:44 | ☆MJアカデミア | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite