対訳ホイットマン詩集(岩波文庫)

ホイットマン詩集―対訳 (岩波文庫―アメリカ詩人選)

ホイットマン/岩波書店




マイケルは、インヴィンシブル期といっていい1999年後半、「TALK magazine」のインタヴューで、気に入っている作家を聞かれ、「サマセット・モーム、ホイットマン、ヘミングウェイ、トウェイン」と答えています。

MJ : "I watch cartoons. I love cartoons. I play video games. Sometimes I read."

Q : "You mean you read books?"

MJ : "Yeah. I love to read short stories and everything."

Q : "Any in particular?"

MJ : "Somerset Maugham.. Whitman. Hemingway. Twain."



そんなわけで、この中で一度も読んだことがなかったホイットマンを読んでみようと思い、岩波文庫の『対訳・ホイットマン詩集』を購入。

岩波の対訳文庫といえば、ウィリアム・ブレイク、エドガー・アラン・ポー、イェイツと、これまで疑問ばかりが増幅することが多かったのですが、


本書には、ホイットマン自身による全詩集『草の葉』から33篇が収録されていて、訳者である木島始氏の素敵な「まえがき」により、ホイットマンの世界に惹きこまれ、これまでのように読み出して数秒で「マジ?」と言いたくなるようなこともなくw、私にとって最適な入門書になりました。



以下は「まえがき」から抜粋。


詩集『Leaves of Grass “草の葉”』をよんで、こういう作品をイギリス文学は生み出したことがない、という意味のことを、今世紀のもっとも批評眼のある女流作家ヴァージニア・ウルフが述懐しているのにふれたとき、ああ英語文化の生え抜きのひとにしてそうなのだ、とわたしは思ったものだ。

『草の葉』こそ、アメリカが生み出したものであり、アメリカをしてアメリカたらしめている根源ではないかと。岡本太郎風にいえば、アメリカの土壌からの「爆発」が『草の葉』となったのではないか。

1855年の初版から、1892年のいわゆるDeath Bed Edition 臨終版にいたるまで、詩人自らが活字、造本、宣伝と自分の意思を可能なかぎり詩集出版で実現しようと全力を尽くした。詩の編成や、改訂、改題も数多く、受け取る人によって何年版を最良とみなすかも、異なってくる。


このあと、木島氏は、初版につけられた序文を、対訳付きでいくつか紹介してくださっています。すべて素敵なのですが、今日の気分でほんの少しだけ抜粋します。


The art of art, the glory of expression and the sunshine of the light of letters is simplicity. Nothing is better than simplicity … nothing can make up for excess or for the lack of definiteness.

わざのわざ、表現の栄光、文学の光の太陽の輝きとは、単純さだ。単純さにまさるものは、何もない・・・過剰とか、明確さの欠如とかをつぐなうことができるものは、何もない。


読んでいるうちに、自分でも訳してみたくなったので、原文を探してみたところ、


想像以上に長い序文で、、速攻コピペして「いつかやる」フォルダにしまい込んだのですがw、とりあえず、この部分の続きを含めてパラグラフで抜粋したものをメモ。。


The art of art, the glory of expression and the sunshine of the light of letters is simplicity. Nothing is better than simplicity … nothing can make up for excess or for the lack of definiteness. to carry on the heave of impulse and pierce intellectual depths and give all subjects their articulations are powers neither common nor very uncommon. But to speak in literature with the perfect rectitude and insouciance of the movements of animals and the unimpeachableness of the sentiment of trees in the woods and grass by the roadside is the flawless triumph of art. If you have looked on him who has achieved it you have looked on one of the masters of the artists of all nations and times.

You shall not contemplate the flight of the gray gull over the bay or the mettlesome action of the blood horse or the tall leaning of sunflowers on their stalk or the appearance of the sun journeying through heaven or the appearance of the moon afterward with any more satisfaction than you shall contemplate him. The greatest poet has less a marked style and is more the channel of thoughts and things without increase or diminution and is the free channel of himself.

He swears to his art, I will not be meddlesome, I will not have in my writing any elegance or effect or originality to hang in the way between me and the rest like curtains. I will have nothing hang in the way not the richest curtains. What I tell I tell for precisely what it is. Let who may exalt or startle or fascinate or soothe I will have purposes as health or heat or snow has and be as regardless of observation. What I experience or portray shall go from my composition without a shred of my composition. You shall stand by my side and look in the mirror with me.



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24457605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-09-11 12:00 | ☆マイケルの愛読書 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite