和訳 The Boy and the Pillow『Dancing the Dream』[38]

f0134963_17510589.jpeg



マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
The Boy and the Pillow」の和訳です。

この詩で『Dancing the Dream』の和訳は、あと8篇になりました。


この本には、詩の内容を絵にしたようなイラストと、これまで撮影されたマイケルの素敵な写真が収められているのですが、元々は『BAD』のジャケットにしたかったというこの写真が、この詩を飾っているのは少し意外な気がしませんか?


隊長には「ありがちなこと」と言ってしまえば、確かにそのとおりなんですけどね!



The Boy and the Pillow

少年と枕 


A wise father wanted to teach his young son a lesson. "Here is a pillow covered in silk brocade and stuffed with the rarest goose down in the land," he said. "Go to town and see what it will fetch."


ある賢い父親は息子に試練を与えようとして、こう言った。「ここにある枕は、錦織りの絹でできた布の中にガチョウの羽毛がたっぷりつまっていて、この国ではとても貴重なものだ。これを持って行けばどれだけのものが得られるか、町に行って見ておいで」


First the boy went to the marketplace, where he saw a wealthy feather merchant. "What will you give me for this pillow?" he asked. The merchant narrowed his eyes. "I will give you fifty gold ducats, for I see that this is a rare treasure indeed.”


最初に、少年は市場に行き、そこで裕福な羽毛業者に会った。「あなたは、この枕をいくらで買ってくれますか?」少年は尋ねた。業者は目を細め、「金貨50ドルをあげよう。私の見るところ、それは本当に貴重な品のようだからな」


The boy thanked him and went on. Next he saw a farmer's wife peddling vegetables by the side of the road. "What will you give me for this pillow?" he asked. She felt it and exclaimed, "How soft it is! I'll give you one piece of silver, for I long to lay my weary head on such a pillow.”


少年は業者に礼を言い、その場を離れた。次に少年は、道端で野菜を売っている農家の妻に出会った。「あなたは、この枕をいくらで買ってくれますか?」少年は尋ねた。彼女は枕に触れると興奮して言った。「なんて柔らかいの!これなら銀貨1枚をあげるわ。こんな枕に疲れた頭をのせて眠る事が夢だったのよ」


The boy thanked her and walked on. Finally he saw a young peasant girl washing the steps of a church. "What will you give me for this pillow?" he asked. Looking at him with a strange smile, she replied, "I'll give you a penn, for I can see that your pillow is hard compared to these stones." Without hesitation, the boy laid the pillow at her feet.


少年は彼女にも礼を言い、その場を離れた。最後に、少年は教会の石段を磨いている貧しい小作人の娘に出会った。「君は、この枕をいくらで買ってくれますか?」少年は尋ねた。娘は不思議そうな笑顔で少年を見つめながら、こう言った。「私なら1ペニーあげるわ。だって、あなたの枕の方が、この石段より硬そうなんだもの」少年は迷うことなく、その枕を娘の足元に置いた。


When he got home, he said to his father, "I have gotten the best price for your pillow." And he held out the penny.


少年は家に帰って、父親に言いました。「あの枕を一番いい値段で売ってきたよ」そうして、彼は1ペニーを差し出しました。


"What?" his father exclaimed. "That pillow was worth a hundred gold ducats at least."


「なんだって?」父親は声を荒げて言った。「あの枕は少なくとも金貨100枚分はする物なんだぞ」


"That's what a wealthy merchant saw," the boy said, "but being greedy, he offered me fifty. I got a better offer than that. A farmer's wife offered me one piece of silver.”


「お金持ちの羽毛業者もそう言ってたよ」と少年は答えた。「それなのに、彼はケチで金貨50枚だってさ。次はもう少しマシで、農家の奥さんは銀貨1枚で買ってくれるって言ったんだ」


"Are you mad?" his father said. "When is one piece of silver worth more than fifty gold ducats?" "When it's offered out of love," the boy replied. "If she had given me more, she wouldn't have been able to feed her children. Yet I got a better offer than that. I saw a peasant girl washing the steps of a church who offered me this penny.”


「お前は馬鹿なのか?」父親は言う。「銀貨1枚が、金貨50枚より価値があったことがあるか?」少年は、「愛がこめられているときさ」と答えた。銀貨1枚よりも高かったら、あの奥さんは子供たちを養うことができないだろう。でも、ぼくはそれよりもいい値段をつけてくれる人に会ったんだ。教会で石段を磨いている小作人の娘が、ぼくから1ペニーで買ってくれたんだよ。


"You have lost your wits completely," his father said, shaking his head. "When is a penny worth more than one piece of silver?”


「お前の頭は完全におかしいよ」少年の父は、首を振りながら言った。「1枚の銀貨より、1ペニーの方が価値があったことがあるか?」


"When it's offered out of devotion," the boy replied. "For she was laboring for her Lord, and the steps of His house seemed softer than any pillow. Poorer than the poorest, she still had time for God. And that is why I offered her the pillow."


「神さまへの献身がこめられているときだよ」少年は答えた。彼女は神さまのために働いていて、教会の石段は、どんな枕よりも柔らかいものに見えたんだ。彼女は、誰よりも貧しくても、神さまのための時間は惜しまなかった。それが、彼女に枕を売った理由だよ」


At this the wise father smiled and embraced his son, and with a tear in his eye he murmured, "You have learned well.”


賢い父親は、その理由を聞いて、息子を微笑みながら抱きしめ、目に涙を浮かべてつぶやいた。「お前はよく学んでくれたよ」


(訳:yomodalite)








[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24445565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-09-08 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite