夏休みの思い出「友ヶ島」


f0134963_20043357.jpg


和歌山旅行2日目は友ヶ島へ。ここは、明治時代、旧日本軍により、外国艦隊の大阪湾への進入を防ぐため、砲台や防備衛所が造られ、第二次世界大戦まで要塞施設として一般の立入は禁止されていていたのだけど、現在、その要塞跡が『天空の城ラピュタ』に似ていると人気になっている場所。



f0134963_20052009.jpg



加太港から友ヶ島汽船に乗って20分で到着。

加太港の海も、泳いでる魚が見えるぐらいだったんだけど、友ヶ島の海はさらに透き通っていて本当にキレイ。ここでは、キャンプや、水泳を楽しむ人も多いのだけど、私たちは3時間ぐらいのハイキングコースで島をめぐりました。



f0134963_20074144.jpg



まずは、船着場からすぐのところにある神社にお参り。



f0134963_20091775.jpg




f0134963_20095388.jpg


お参りを終えて、ここから海沿いの道を歩いていきます。








f0134963_20110626.jpg






f0134963_20334567.jpg






f0134963_20112919.jpg





f0134963_20115982.jpg



太陽と蜘蛛の糸がちょうど重なってた。。



f0134963_20151277.jpg





f0134963_20151657.jpg



ものすごく大きなヤモリ(?)が蝉を狙ってるとこ。



f0134963_20163385.jpg




f0134963_20163983.jpg




f0134963_20164407.jpg




f0134963_20165506.jpg




f0134963_20175440.jpg





f0134963_20180066.jpg





f0134963_20180874.jpg





f0134963_20181392.jpg






f0134963_20181994.jpg





f0134963_20215110.jpg


「近代産業遺産」にもなっている日本で8番目に竣工した西洋式灯台。



f0134963_20224919.jpg



何か所もある砲台跡ですが、第三砲台跡はもっとも見所が多い場所。



f0134963_20241525.jpg





f0134963_20245040.jpg





f0134963_20250849.jpg




f0134963_20251474.jpg





f0134963_20252088.jpg





f0134963_20252643.jpg





f0134963_20253295.jpg





f0134963_20254781.jpg



ここまでの島歩きで疲れきっていたものの、懐中電灯なしでは、まったく前が見えない暗さの弾薬庫通路を、いくつかくぐり抜けているううちに、徐々にテンションが上がってくるのを感じました。



f0134963_20273740.jpg





f0134963_20274130.jpg





f0134963_20274406.jpg





f0134963_20274968.jpg



透き通るような穏やかな青い海と、大自然に溶け込むような廃墟。。

島の上空は関空の飛行ルートのため、飛行機の音がよく聞こえ、この島の歴史を思い出させてくれるようでした。

◎和歌山観光協会「友ヶ島」


二泊三日の和歌山旅行は、海の美しさに驚き、海の幸も野菜の美味しくて、2日間雨天だったのに、1日目はホテル川久に癒され、3日目の和歌山城では、めずらしい緑色の石畳が、雨のおかげでより一層綺麗でした。



f0134963_20565094.jpg


友ヶ島に興味が湧いてきた人はこちらの動画を






[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24398135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jean moulin at 2015-09-03 18:08 x
空も海もあおが深くて、すっごくきれいだね。
「友ヶ島」って、紀伊半島と淡路島のあいだにあって、こんな歴史のある島だなんて、全然知らなかった!
Googleマップでどんなに拡大しても、島が出てこないんだけど、とても小さな島なのかなあ。
最後の雨に濡れた緑泥片岩も、神秘的で素敵。
和歌山市観光協会、yomodaliteさんの写真掲載すればいいのにね。
Commented by yomodalite at 2015-09-03 21:13
>Googleマップでどんなに拡大しても、、、

へぇ、そうなんだぁ、、無人島だからかな。
一日中歩けば、一周できるぐらいの大きさなんだよね。
珍しいきのこが生えてたり、他にない自然もいいんだよねぇ。。

最終日は「那智の滝」が見たかったんだけど、
お天気最悪でしかたなく和歌山城に行ってみたんだけど、
お城は雨で正解だった。。
濡れてないと、緑色の石の美しさがあんまりわかんないのかもね。
Commented by mitch_hagane at 2015-09-04 09:33
>Googleマップでどんなに拡大しても、島が出てこないんだけど、とても小さな島なのかなあ。

そうです、あまり小さいので、ウィルス並みの大きさにならないと、見えません。(嘘)
「友の島」は沖ノ島+αの総称なので、「友の島」という「島」はないですよぉ。
Commented by yomodalite at 2015-09-05 19:42
みっちさん、確かにそうです。。

上記の和歌山県環境協会のリンクにも書いてありますが、友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名で、ここに掲載した写真はすべて「沖ノ島」です。ただ、フェリーで行けるのは沖ノ島だけなので、一般的に沖ノ島のことを「友ヶ島」って言うんですよね。

それとリンク先に、砲台跡をめぐるハイキングコースは、洋式灯台、第2砲台跡をはじめ、展望台、第3砲台跡、桟橋をめぐって約1時間30分。とありますが、これは最短コースで、私がめぐったコースでは、3時間ぐらい歩いて、島を半周したって感じでしたね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-08-25 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite