和訳 SO THE elephant MARCH『Dancing the Dream』[36]

f0134963_13493799.jpg



マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「SO THE elephant MARCH」の和訳です。



SO THE elephant MARCH
象たちが行進するのは

A curious fact about elephants is this: In order to survive, they mustn't fall down. Every other animal can stumble and get back up again. But an elephant always stands up, even to sleep.

象には興味深い事実がある。彼らは生きていくうえで、絶対に腰を下ろさないという。 他の動物は、つまずいても、再び立ち上がることができる。でも象は眠っているときでさえ、常に立ったままなのだ。

If one of the herd slips and falls, it is helpless. It lies on its side, a prisoner of its own weight. Although the other elephants will press close around it in distress and try to lift it up again, there isn't usually much they can do. With slow heaving breaths, the fallen elephant dies. The others stand vigil, then slowly move on.

もし、群れの中の一頭が足を滑らせたり、転んだりした場合、もうなす術はない。象は横に倒れたまま、その重い体を自分で動かすことはできず、他の象たちは集まって、押したり、持ち上げようとするが、彼らにできることはほとんどない。倒れた象は苦しそうな呼吸を長く繰り返して亡くなり、立ったまま見守っていた他の象たちは、またゆっくりと歩み始める。

This is what I learned from nature books, but I wonder if they are right. Isn't there another reason why elephants can't fall down? Perhaps they have decided not to. Not to fall down is their mission.
As the wisest and most patient of the animals, they made a pact -- I imagine it was eons ago, when the ice ages were ending. Moving in great herds across the face of the earth, the elephants first spied tiny men prowling the tall grasses with their flint spears.

これは、自然に関する本で読んだ話だけど、僕はそれが本当なのか少し疑問に思っている。象が腰をおろすことができない理由は別にあるのでは? おそらく、彼らは自分たちでそう決めたのだ。腰を下ろさないのは彼らの使命であり、僕の想像では、動物の中でもっとも賢く、辛抱強い象は、その昔、氷河期の終わり頃、そういった誓いをした。彼らは大きな群れで大地を移動しているうちに、小さな人間たちが、背の高い草を、石槍で突いているのを目にしたのだ。

"What fear and anger this creature has," the elephants thought. "But he is going to inherit the earth. We are wise enough to see that. Let us set an example for him.”

「なんて、怖がりで怒りっぽいやつらなんだ」象たちは考えた。「しかし、彼らはこの大地の支配者になっていくだろう。我々も賢いからそれはわかる。それならひとつ、彼らにお手本を見せてやろうじゃないか」と。

Then the elephants put their grizzled heads together and pondered. What kind of example could they show to man? They could show him that their power was much greater that his, for that was certainly true. They could display their anger before him, which was terrible enough to uproot whole forests. Or they could lord it over man through fear, trampling his fields and crushing his huts.

それから、象たちは灰色の頭をつきあわせて考えた。いったい 人間たちにどんなお手本を示せばいいのか? 自分たちの力が、人間よりはるかに素晴らしいということを見せるのもいいだろう。それは間違いのない真実だ。象たちには、すべての森を根こそぎにするほど激しい怒りを見せつけることもできるし、人間たちの畑を踏みつけ、小屋を押しつぶし、恐怖で支配することもできる。

In moments of great frustration, wild elephants will do all of these things, but as a group, putting their heads together, they decided that man would learn best from a kinder message.

野生の象が、激しい欲求不満に陥ったとき、こういったことをしてしまうのは事実だが、その場に集まった象たちは、もっと心のこもったメッセージを人間たちに送ることを決めた。

"Let us show him our reverence for life," they said. And from that day on, elephants have been silent, patient, peaceful creatures. They let men ride them and harness them like slaves. They permit children to laugh at their tricks in the circus, exiled from the great African plains where they once lived as lords.

「我々の生命に対する畏敬の念を人間たちに示そうじゃないか」そして、その日から、象たちは静かで、辛抱強く、平和的な生き物となった。彼らは装具をつけた背に人間を乗せて、まるで奴隷のように仕え、サーカスの芸では、子供たちに笑われることも受け入れ、かつて王者として生きたアフリカの大地から離れた。

But the elephants' most important message is in their movement. For they know that to live is to move. Dawn after dawn, age after age, the herds march on, one great mass of life that never falls down, an unstoppable force of peace.

でも、象たちのもっとも重要なメッセージは、彼らの行動にあった。彼らは生きることは動くことだと知っている。陽は昇り、年は過ぎても、象たちは行進を続ける。決して腰をおろすことのない偉大な生命の群れは、止めることのできない平和の力になる。

Innocent animals, they do not suspect that after all this time, they will fall from a bullet by the thousands. They will lie in the dust, mutilated by our shameless greed. The great males fall first, so that their tusks can be made into trinkets. Then the females fall, so that men may have trophies.

無垢な動物たちは、そのあと何千発という銃弾によって倒される日が続くとは思ってもみなかった。埃にまみれて倒れ、人間たちの恥知らずな欲望によって、バラバラにされるということも。最初に大きな雄の象が倒された。その牙を装飾品にするために。次は雌の象が倒された。人間たちの戦利品とするために。

The babies run screaming from the smell of their own mothers' blood, but it does them no good to run from the guns. Silently, with no one to nurse them, they will die, too, and all their bones bleach in the sun.

母親の血の匂いを感じた子供の象は、泣きながら逃げ惑うが、銃から逃れることはできず、子供の象たちもまた、静かに、誰にも看取られることなく死んでいき、太陽にさらされ白骨となる。

In the midst of so much death, the elephants could just give up. All they have to do is drop to the ground. That is enough. They don't need a bullet: Nature has given them the dignity to lie down and find their rest. But they remember their ancient pact and their pledge to us, which is sacred.

数多くの死の中で、象たちに出来たことはあきらめることだけだった。彼らがせざるを得なかったことは、地面にしゃがみ込む、それだけだった。象たちに銃弾は必要ない。大自然は、彼らを横たわらせ、休息させることで、尊厳を与えた。だが、彼らは大昔にした、人間たちへの神聖な誓いを忘れてはいなかった。

So the elephants march on, and every tread beats out words in the dust: "Watch, learn, love. Watch, learn, love." Can you hear them? One day in shame, the ghosts of ten thousand lords of the plains will say, "We do not hate you. Don't you see at last? We were willing to fall, so that you, dear small ones, will never fall again.”

だから、象たちは行進する。踏みしめた足跡から舞い上がる土埃に、言葉を残しながら。君に聞こえるだろうか?「見ること、学ぶこと、愛すること、見て、学んで、愛するのだ」ということ。いつの日か知るだろう、数えきれないほどの象たちの霊が「我々は、おまえたちを憎んではいない。おまえはまだわからないのか?おまえたち、小さな者が決してつまづくことのないように、我々は、倒れようとして倒れたのだ」ということを。

(訳:yomodalite)

f0134963_14004280.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24306477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-07-31 14:22 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite