和訳 WISE little GIRL『Dancing the Dream』[35]

f0134963_18205372.jpeg



マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「WISE little GIRL」の和訳です。

気になる点や間違いは、

いつでも遠慮なくご指摘ください。



WISE little GIRL
賢い少女

I know a wise little girl who cannot walk. She is confined to a wheelchair, and she may spend the rest of her life there, since her doctors hold out almost no hope of ever making her paralyzed legs better.

僕は歩けないけど賢い少女を知っている。彼女は車椅子でも生活に縛られ、医者は彼女の麻痺した足が良くなる見込みはなく、車椅子で残りの人生を過ごすことになるだろうという。

When I first met this little girl, she flashed me a smile that burned me with its blazing happiness. How open she was! She wasn't hiding out from self-pity, or asking for approval or protecting herself from a sense of shame. She felt completely innocent about not being able to walk, like a puppy that has no idea if it is a mongrel or champion of the breed.

初めて会ったとき、彼女は輝くような笑顔で僕を見て、まばゆいほどの喜びでいっぱいだった。彼女はとても素直だったんだ!自己憐憫に陥ったり、引きこもったり、誰かに認められようとか、羞恥心から自分をかばおうとするようなことがなくて、彼女は歩けないことに関して、まったく無邪気に受けとめていた。まるで、子犬が自分が雑種なのか、コンテストのチャンピオン犬なのか知らないように。

She made no judgments about herself. That was her wisdom.

彼女は自分自身に成績をつけるようなことはしなかった。それは彼女の知恵だった。

I have seen the same wise look in other children, "poor" children as the society sees them, because they lack food, money, secure homes, or healthy bodies. By the time they reach a certain age, many of these children grasp just how bad their situation is. The way adults look at their lives robs them of that first innocent that is so precious and rare. They begin to believe that they should feel bad about themselves; that is "right”.

僕は彼女以外にも、同じ知恵をもった子供たちに会ったことがある。食べるものが不足し、お金や、安全な家もなく、健康な体にも恵まれていない、社会から「かわいそう」だと思われている子供たちだ。彼らの多くはある年齢に達すると、自分たちの状況について把握するようになる。大人たちが、彼らを見る目が、子供たちの希少な感覚や、無邪気さを奪ってしまい、子供たちは、自分を卑下することが「正しい」のだと思い始めるのだ。

But this wise little girl, being only four, floated above pity and shame like a carefree sparrow. She took my heart in her hands and made it as light as a cotton puff, so that it was impossible for me to even begin to think, "What a terrible thing." All I saw was light and love. In their innocence, very young children know themselves to be light and love. If we will allow them, they can teach us to see ourselves the same way.

でも、この賢い少女は、たった4歳で、のんきなスズメのように、哀れみや、恥ずかしさを乗り越えて、まるで綿毛をひと吹きするように、僕の心を軽くしてくれたので、僕は「なんて大変なことなんだ」などと思うことはなく、僕が見た彼女は、いつも明るくて、かわいらしかった。幼い子供たちは、自分で、明るくかわいらしくなれることを知っている。僕たちも子供たちを見習えば、彼らと同じような自分に出会うことができるんだ。

One spark from a little girl's gaze contains the same knowledge that Nature implants at the heart of every life-form. It is life's silent secret, not to be put into words. It just knows. It knows peace and how not to hurt. It knows that even the least breath is a gesture of gratitude to the Creator. It smiles to be alive, waiting patiently for ages of ignorance and sorrow to pass away like a mirage.

少女がじっと見つめる瞳の中には、すべての生態系の心に、自然に埋め込まれているのと同じ知恵がきらめいていた。それは言葉にあらわすことのできない、人生の無言の秘密、それはただ、平和を知り、傷つかない術や、ほんのわずかな息づかいにさえ、創造主への感謝を感じ、微笑みとともに生きて、無知と哀しみの時代が蜃気楼のように過ぎ去るのを、辛抱強く待つということ。

I see this knowledge showing itself in the eyes of children more and more, which makes me think that their innocence is growing stronger. They are going to disarm us adults, and that will be enough to disarm the world. They feel no reason to spoil the environment, and so the environment will be cleaned up without a quarrel. A wise little girl told me the future when she looked at me, so full of peace and contentment. I rejoice in trusting her above all the experts. As light and love drive away our guilt and shame, her prophecy come true.

僕は、この知識が、子供たちの瞳に表れているのを見ると、彼らの無垢な力がより成長しているのだと思う。子供たちは、僕たち大人から武器を捨てさせ、世界の武装をも解除させるようになる。子供たちは環境が損なわれることに理由を見出さず、それは、争われることもなく浄化されていくだろう。賢い少女は、僕に会ったとき、平和とそれが満たされた未来についての話をしてくれた。僕はどんな専門家よりも、彼女を信じられることがうれしい。光と愛が、僕たちの罪と恥を追い払うとき、彼女の予言は実現するだろう。

(訳:yomodalite)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24272532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-07-22 12:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite