和訳 children『Dancing the Dream』[34]

f0134963_12323699.jpg


マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』から
「children」の和訳です。

この詩は、マイケルが事あるごとに「子ども」について熱心に語っていたことの真髄ともいっていいような内容だと思います。


children
子供たち

Children show me in their playful smiles the divine in everyone. This simple goodness shines straight from their hearts. This has so much to teach. If a child wants chocolate ice cream, he just asks for it. Adults get tangled up in complications over whether to eat the ice cream or not. A child simply enjoys.

子供たちが遊んでいるときの笑顔は、誰もがもっている神聖さを僕に見せてくれる。その善良さは、子供たちの心からまっすぐに輝いていて、たくさんのことを教えてくれる。子供はチョコレートアイスが欲しいとき、ただそれが欲しいと言う。大人は、アイスクリームを食べるべきかどうかについて色々むずかしく考えるけど、 子供はただそれを楽しむのだ。

What we need to learn from children isn’t childish. Being with them connects us to the deep wisdom of life, which is everpresent and only asks to be lived. Now, when the world is so confused and its problems so complicated, I feel we need our children more than ever. Their natural wisdom points the way to solutions that lie, waiting to be recognized, within our own hearts.

僕たちが子供たちから教わる必要があるのは、子供っぽいことではない。子供たちと一緒にいると、いつの時代にもある人生の深い叡智にふれられ、ただ生きるようにと語りかけられる。世界が混乱し、問題が複雑になっている現在、僕たちは、もっと子供たちのことを感じる必要がある。子供たちが自然にもっている知恵は解決への道を示していて、僕たち自身がそれを心の中で認めることを待っているのだ。

(訳:yomodalite)


今回の和訳で34篇め、タイトルに「child」が含まれる詩はこれが最後になりました!(泣… てなんの涙なんだかw)あとは、boy とか girl とか、固有の少年の名前で(もう泣かないw)、それ以外に、おまえとか、あいつとか、動物とか、地球とかの詩があと12篇を残すのみ!(まだ12個も残ってる... ってここは喜ぶところねw)

『Dancing the Dream』を最初に見たときは、基本的にこれは写真集で、そこに詩が添えられているっていう印象だったんだけど、46篇もの詩が収録されてたんだよね。

こつこつやってるのになかなか終わらないなぁって思ってたんだけど、無理もなかったってことに、今頃になって気づく私(汗)







[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24242951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-07-15 06:00 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite