2007年「EBONY」インタビュー(音声版)

f0134963_00010812.jpg


こちらは、2009年に「EBONY」のサイトで公開になった、07年のインタビューテープの音声を訳したもので、雑誌に掲載された文章の元になっている話と、掲載されなかった内容が含まれています。

話した内容のすべてではありませんが、MJがノリノリでしゃべっていた感じがわかると思います。

現在のサイトには、この音声は遺されていないのでこの動画は youtube で見つけたものです。スクリプトには不十分な点があるとは思いますが、MJの声を楽しむときの参考にしてください。







(~1:00)

To really go to the root of it, I think you would have to start, I would say when I was – I think I was 8 years old and Sammy Davis Jr. introduced me to Quincy Jones, I’ll never forget it and I heard him say something like that and I just tucked it away subconsciously and never mentioned it – this is the first time I’ve mentioned it other than probably ― but I never thought about seeing Quincy again and so years later Motown was preparing to do this movie called “The Wiz” and it was with Diana Ross, myself, Nipsey Russell and Lena Horne. Barry Gordy recommended that I play the Scarecrow so I did. So we made this film and I enjoyed it and Quincy Jones happened to be the man that was doing the music. I had heard of Quincy before in Indiana as a child, my father use to buy Jazz albums and I knew him as a jazz musician.


元はといえばね、、そろそろ(インタビュー)始めるよ。僕が8歳の頃だったかな、サミー・デイヴィス・ジュニアが僕をクインシー・ジョーンズに紹介してくれたんだ。そのときのことは絶対忘れないね。クインシーがそんな感じこと(訳者注:おそらく褒め言葉)を言ってくれて、僕はその言葉を無意識に心にしまっていて、誰にも言わなかったから、話すのは、これがおそらく初めてじゃないかな。クインシーとまた会うことになるなんて全く思わなかったんだけど、それから何年もたって、モータウンが『The Wiz』という映画の制作に取りかかって、ダイアナ・ロスと、僕、ニプシー・ラッセル、レナ・ホーンが加わって、ベリー・ゴーディーが僕にカカシの役を勧めてくれたから出演したんだ。映画を作るのは楽しかったし、そこで音楽をやっていたのがクインシーだったというわけ。クインシーの名前は、インディアナにいた子供の頃すでに耳にしていた。父がよくジャズのアルバムを買ってたから、彼の事はジャズ・ミュージシャンとして知ってたんだ。


(1:01~2:11)

Rod Temperton came into the studio and he came up with this killer – he’s this little German guy from Worms Germany and this little white guy from Worms Germany comes in with this he comes with this … “doop, dakka dakka doop, dakka dakka dakka doop”, this whole melody and the chorus of “Rock with You” wow! So when I heard that I said, “OK I have to really work now.” So the first thing I presented was “Don’t Stop Til You Get Enough” and that’s what I wrote for … Umm I wrote, “Don’t Stop Til You Get Enough” and I think it was …Gee how many did I do? I think I did three or four on “Off the Wall”. I’ll think of them in a sec. So every time Rod would present something, I would present something and we’d form a kind of friendly competition but I love working like that because I used to read about how Walt Disney used to – if they were working on Bambi or any other animated show they would put a deer in the middle of the floor and make the animators kind of compete for different styles of drawing the deer so whoever had the most stylized affect that Walt liked he would pick that and they would kind of compete. It was like a friendly thing but it was a competition that breeds higher effort. So whenever Rod would bring something, I would bring something, then he would bring something and I would bring something else.


ロッド・テンパートンがスタジオに現れたとき、彼はあのスゴい曲を持ってきたんだ。彼はドイツのボルムス出身の華奢な男で、その、ボルムス出身の華奢な白人男性が持ってきたのが、あの「ドゥ、ダ、ダ、ドゥン、ダ、ダ、ダ、ドゥン」っという、メロディとコーラスも含めた『Rock With You』でさ、僕は「すごい!」って思って、それを聴くなり「僕も今からがんばらなきゃ」と言ったよ。それで、最初に持っていったのが『Don't Stop 'Til You Get Enough』で、どうやって創ったかって言うと…うーーん、とにかく『Don't Stop 'Til You Get Enough』を作曲して… 僕は、何曲書いたんだっけ。『Off The Wall』では、3曲か4曲ぐらい作曲したのかな。うん、そうだね。とにかくロッドが何か出してくると、僕も何か出して、フレンドリーだったけど、争っていたんだよね(大笑い)。そんな感じのやり方が好きなんだよ。ウォルト・ディズニーの仕事ぶりについての本をよく読んでいたんだけど、バンビとか、そういったアニメを作るとき、彼は部屋の真ん中に本物の鹿を連れてきて、アニメーターたちに様々なスタイルの絵を描かせて競わせたらしいんだ。誰が描いたものであろうと、ウォルトは気に入った絵を採用した。それはある種の競争で、友好的ではあるんだけど、やっぱり競争で、それがより良い成果をもたらすんだよね。そんな感じでロッドが何かを持ってきたら、僕も何かを持ってくる。すると彼もまた何かを持ってきて、また僕も何か違うものを持ってくる、ってそんな感じだったんだよね。


(2:12~2:54)

I always want to do music that influence and inspire people. Each generation. I mean let’s face it. Who wants mortality? Everyone wants immortality, wants what you create to live whether it be sculpture or painting, music or composition. Like Michelangelo said “I know the creator will go but his works survives. That is why to escape death I attempt to bind my soul to my work” and that’s how I feel. I give my all to my work because I want it to just live and give all I have, you know? Yeah, it has to be that way.


僕はいつも、みんなに刺激や影響を与える音楽をやりたいと思っている。すべての世代に向けてね。考えてみて。死んだら終わりだなんて誰が望む? 誰だって永遠を、つまり自分が創造したものが生き続けてくれることを願うよね。それが彫刻であれ絵画であれ音楽であれね。ミケランジェロも言ってるよね。「創作者は消え去っても、作品は生き続ける。だからこそ死から逃れるため、自分の魂を作品に結びつけようとするのだ」って。僕もそんなふうに感じている。作品に生き続けてほしいから、自分のすべてを仕事に捧げるんじゃない? うん、そうでなくっちゃね。


(2:55~3:19)

What I do is when I work I will do a raggedy rough version just to hear the chorus, see how much I like the chorus. If it works for me that way, when it’s raggedy then I know ― you really go in it. (rough demo version of Billie Jean begins to play) That’s at home – that’s Janet, Randy and me. Janet and I go “hoo, hoo”!(laughs)


僕が曲を創るときは、大雑把なヴァージョンで、コーラス部分だけやって、どれぐらい好きか聴いてみるんだ。大体の感じでやってもうまくいくときは、実際にも、うまく行くんだよね。(ビリー・ジーンのラフなデモバージョンがかかる)これ、家で創ったものなんだけど、ランディと、ジャネットと僕とで、“whoo,whoo, whoo, whoo….!(笑い声)


(3:20~4:17)

??? very important because we had umm...Quincy calls me a nickname. “Smelly” came from, Spielberg calls me that because especially, I say a couple of swear words now but especially then you couldn’t get me to swear. So I said that’s a “smelly” song I meant that’s so great you’re engrossed in it so he would call me “smelly”.


??? はすごく大事なんだ。僕たちにとって… クインシーは、僕のことをニックネームで呼んでた。「スメリー」っていうのは、スピルバーグが僕のことをそう呼んでて、なぜかっていうと、いまは僕も少しは悪い言葉使うけど、特にその頃の僕は絶対に下品な言葉を使うことはなくて、それで僕は「これは匂う曲だね」なんて、(臭いという意味のfunkyと同じように)「とても素晴らしい、夢中になる」っていう意味で言ってて、それでクインシーも「スメリー」って呼ぶようになったんだ。

Working with Quincy is just wonderful because he lets you experiment and do your thing and he’s genius enough to stay out of the way of the music and if there’s an element to be added he’ll add it. He hears these little things, like for instance in Billie Jean I came up with this piece of a bass lick and a melody and the whole composition I brought but then from listening he’ll add a nice riff.


クインシーと仕事するのは、素晴らしかったよ。僕なりのやりかたで、いろいろ試させてくれて、彼は天才で、音楽の邪魔になるようなことはしないけど、つけ加えるべき要素があれば、つけ加える。彼は些細な音も聞き逃さないんだ。たとえば、「ビリー・ジーン」で、僕はまずベースの部分、それからメロディー、それから曲全体を作っていったんだけど、それを聴いたあと、クインシーはあの素晴らしいリフを足したんだ。


(4:18~5:05)

Ever since I was a little kid I used to study composition and it was Tchaikovsky that influenced me the most I think and of course Debussy who I love very much but if you take an album like “The Nutcracker Suite” every song is a killer – every one, and I said to myself why can’t there be a pop album or an album where every – because people used to do albums where you would get one good song and the rest were like “b sides” they were called album songs and I would always say to myself why can’t every one be like a hit song? Why can’t every song be so great that people would want to buy it or you could release it as a single, you know every one could be a single? So I would always try to strive for that and that was my purpose for the next album that I'd do. That was the whole idea, I wanted us to be able to put just anyone out that we wanted to and I worked hard for it.


子どものころから、僕はずっと作曲の勉強をしていて、もっとも影響を受けたのは、チャイコフスキーだと思う。あと、大好きなドビュッシーも。でも、例えば『くるみ割り人形』のようなアルバムは、1曲1曲がすごくて、すべてが完璧だよね。それで僕は、「ポップスのアルバムでもこういうのできないかな」って思ったんだ。以前はみんな、ポップスのアルバムには良い曲を1曲だけいれて、あとは、シングルだとB面にくるような曲を入れていた。「アルバム・ソング」といわれるような曲をね。それで、僕は、なぜすべての曲をヒットソングにできないのかな?と思っていたんだ。全曲、シングルカットしても人々が買いたくなるような良い曲にできないのかな?ってね。だから、常にそれを実現しようと頑張った。次のアルバムでは、それが自分が出す次のアルバムの目的だって。そういう考えのもとに、アルバムに関わる誰もが、最大限の力を出せるようにしたかったし、僕はそのために必死だった。


(5:06~6:20)

But it broke my heart, but at the same time, it lit something that was just “Oh my God” I was like saying to myself, you know, I would have to do something where they – let's refuse to be ignored. I came up with “Thriller” and every time I was always trying to outdo myself right? Billie Jean – they said we won’t play it so Walter Yetnikoff who was President of Sony at the time said “OK we’re pulling Streisand, we’re pulling Neil Diamond, we're pulling Chicago and when they played it, it set the all time record and they were asking for everything we had.


それはつらいことだった。でも同時に僕の心にあることがひらめいたんだ。「そうだ、そうだよ」って。僕は自分に言った。やるなら、やっぱり・・・絶対に注目されなければって。僕が「スリラー」っていうタイトルを考えついたのは、いつでも過去の自分を上回ろうとしていたからってところが正解だろうね。ビリー・ジーンは、(MTVが)やらないと言ってたのを、当時ソニーの社長だったウォルター・イエトニコフが、「よし、それならストライザンドもニール・ダイアモンドもシカゴも引き上げる」って言ってさ、それで放送されたら、歴代最高の記録になって、今度は僕らのものなら全部やらせてって頼んでくるようになったんだ。

Interviewers : They said we’re pulling Streisand, pulling Chicago, pulling Neil Diamond?
インタビュアーたち:ストライザンドも、シカゴも、ニール・ダイアモンドも引き上げるって?(大ウケ)

That’s what Walter Yetnikoff said and after they played it they were knocking our door down and then Prince came, it opened the door for Prince and all the other black artists because it was 24 hour heavy metal and a potpourri of crazy images and they came to me so many times in the past and said “Michael if it wasn’t for you, there would be no MTV” they told me that over and over personally.

イエトニコフがそう言ったんだよ。で、放映の後は、みんなが僕たちのドアをたたくようになって、それで、プリンスも登場して、、ビリー・ジーンの成功は,プリンスや他の全ての黒人アーティストたちのための道をつくった。それまでは24時間ヘビーメタルとか流してて、クレイジーなイメージばっかりだったからね。彼らは、僕のところへ何度も来て、「マイケル、君がいなかったら、いまのMTVはなかったよ」って言ったものだよ。個人的に、繰り返しそう言ってたね。


(6:21~7:01)

I was at the studio editing Beat It, and in some kind of way I happened to be at Motown studio doing that and I had long left the company of Motown and I was there and Suzee Ikeda, who is a sweet, lovely Japanese lady who I adore. This is the lady who use to, when I was a little boy, a little boy, at Motown. She was ― her job was to keep my head in the microphone when I ― I had a little apple box with my name on it “Michael Jackson” and this little Japanese lady’s job was to keep my head in there, because I like to dance when I sing, so she kept my head in the microphone.


僕はスタジオで「Beat It」を編集していたんだけど、どういうわけか、モータウンのスタジオでそれをやっててさ、ずっと前に会社を辞めていたのにね。で、そこには僕の大好きなスージー・イケダ(*)という優しくて素敵な日系人の女性もいてね。この女性は僕が小さかった頃、小さな男の子としてモータウンにいた頃そこにいて… 彼女の仕事は、僕がちゃんとマイクの前にいるようにすることだった。「マイケル・ジャクソン」と書かれた小さなリンゴの木箱があって、この小柄な日系女性は、僕がその箱の上で歌って、マイクから離れないようにすることが仕事だったんだよ。僕は歌うと踊りたくなるからさ。彼女は僕がマイクから離れないように見ててくれたんだよね。


(7:02~8:14)

She happened to be at the studio and she asked me what I was working on and I said, “I was editing this thing I just did” it was Beat It and she watched it and she said… she was catatonic and she said, “Oh my God” and in some kind of way she told Berry Gordy and I think something happened. So they were happening to be getting ready to do something with the Motown Anniversary and Berry Gordy came over and he asked me “did I want to do the show” and I told him “no.” I told him “no” and I said no because the Thriller, umm the Thriller thing ― I was building and creating um something I was planning to do and he said to me “Well, it’s the anniversary.” I said, this is what I said to him, I said, “Okay, I will do it” I said but umm this is what I said in these very words, “I will do it, if you”,.. because I know it’s all Motown artists and it’s all Motown songs, I said, “you have to let me do”, I said, “the only way I’ll do it is if you let me do one song that is not a Motown song.” He said, “what is it?” I said, “Billie Jean.” He said, “Okay, fine.” I said, “You’ll let me do Billie Jean”? (laughs) he says “yes” and I said, “Okay, fine.”


たまたま彼女がスタジオにいたことがあって、何をやっているのと聞くから、編集を終えたところだよと答えて「Beat It」の映像を見せたら、あっけにとられた感じで「オー・マイ・ゴッド」と言ってたよ。彼女がそれをベリー・ゴーディに話したことが発端だったんだろうね。その頃モータウンは記念祭の準備をしてて、ベリー・ゴーディが、僕にショーをやらないかって(クスクス笑い)尋ねてきたんだけど、僕は断った。『スリラー』で様々な計画が始まって、それを実行してるところだったから。でも、彼が「だが、これは記念パーティなんだ」って言うから、僕は「じゃ、やるよ」と言ったんだ。でも、正確にはこう言った。「やってもいいよ。モータウン時代じゃない曲を1曲やらせてくれるならね」彼が「何をやるんだ?」って聞くから、「ビリージーン」だって答えると、彼は「わかった、きまりだ」って。僕は「本当に、ビリー・ジーンをやっていいの?」って聞き返したんだけどね(笑)、彼は「いいよ」って。それで、僕も「いいよ、きまりだね」って言ったんだ。


(8:15~8:59)

So I remember, we umm, I had two or three days or something and I rehearsed and choreographed and dressed my brothers. I choreographed them with Pete and picked the songs, the medley. Not only that you have to work out all the camera angles and oh, I direct and edit everything I do. Every shot you see is MY shot. I’m not joking, let me tell you why I have to do it that way. I have five, no I have six cameras um ― one, two, three ― because when you’re performing, I don’t care what kind of performance you give, if you don’t capture it properly, people will never see it and usually there ― it is the most selfish medium in the world.


たしか、僕は2~3日で、リハーサルをして、振付をし、兄弟たちの衣装を決めなきゃいけなかった。ピート(訳者註:マイケル・ピーターズのこと?)と兄弟たちの振り付けをして、メドレー用の曲を選んだ。それだけではなく、カメラアングルの調整もしなければならない。僕は監督から編集まで何でもする。みんなが目にするショットはすべて、僕の選んだショットなんだ。本当だって。どうしてそんな事までするかと言えば、僕は5台、いや6台のカメラを用意するんだけど、1カメ、2カメ、3カメ、、パフォーマンスは、それがどんな種類のパフォーマンスであっても、きちんと捉えておかないと、もう二度と観る事ができない。それは世界で一番、自分の思うように扱えるメディアでね。


(9:00~9:49)

Directing and camera work is so selfish because you’re filming what you want people to see, when you want them to see it, how you want them to see it, what juxtaposition you want them to see it, so you’re creating the totality of the whole feeling of what’s being presented in your angles and your shots. So I had to set the cameras, set the angles, edit it. Suzanne De Passe knows that I go and I edit every angle (laughs) because I know what I want to see, I know when I want to go to the audience and I know when I want to come back because I know the emotion that I felt when I performed it, I try to recapture that same emotion when I cut and edit and direct, that’s the idea.(訳者注:雑誌版の方では赤字のwhen 部分は what ですが…)


自分で監督し、カメラワークを考えるのは、すごく自分本位のやり方なんだ。だって、観てもらいたいものを、観てもらいたいタイミングと、方法と、順番で、撮っているわけだから。アングルでもショットでも、その場の雰囲気のすべてを作り上げる。だから、自分でカメラの位置を決め、アングルを決め、編集もする。スザンヌ・ドゥ・パッセは僕がそんな風にすべてのアングルを決めることを知ってるよ。僕は自分が観たいものが分かっているからね。いつ観客の方を撮ればいいのか、いつ僕の方にカメラを戻せばいいのか、分かっている。パフォーマンスしているときのフィーリングがわかるから、映像を編集する時は、同じフィーリングを再現しようとする。ということなんだよ。

(音声終了)

_________________

(*)スージー・イケダ
マイケルは、スージー・イケダのことを、自分を台の上にあげて見守ることが専門の人(笑)のように言ってますが、彼女は、ベリー・ゴーディのアシスタントだっただけでなく、モータウンからレコード・リリースもしているシンガーで、マイケルのアルバムや、テンプテーションズ、ダイアナ・ロスなどモータウンのスターたちのアルバムに、エグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされている人物で、あのジャーメインの大ヒット曲「Let's Get Serious」のバック・ボーカルもやってます。


f0134963_15094499.png
MJ&スージー・イケダ&ハル・デイヴィス



マイケルが、sweet, lovely というのも納得の歌声!







さて、、、なんとなく、今日見たくなった、

このインタビューの1年前の、
2006年ロンドンでの「World Music Awards」の動画も貼っておきます。






[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24170064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ヤンチャ at 2015-06-26 18:15 x
人類史に輝く星。ステキ過ぎる。
未だ感動の温度が下がらない本物。
永遠の栄光。
Commented by yomodalite at 2015-06-27 15:46
>人類史に輝く星

人類史上もっとも光り輝くスターだからね、宇宙の欠片になっても、キラキラして「天球の音楽」(’92エボニー)に参加してるよね。きっと。。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-06-25 06:00 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(2)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite