2007年「EBONY」インタビュー(雑誌版)

f0134963_15484028.jpg


こちらの翻訳は『MJ Tapes』でお世話になっているchildspirits先生にもご協力いただきました。また、最後まで判断に迷った部分は、既出訳とは少し異なる方を選択するようにしました。

☆グーグルでこの雑誌のすべてのページがアップされています。

下記は、Joy T. Bonnett によるイントロ記事のあとの、Bryan Monroe によるインタビュー部分です(P94- P109)。


EBONY Magazine, December 2007
Michael Jackson in his own words
by Bryan Monroe

マイケル自身が語るマイケル・ジャクソン
インタビュアー:ブライアン・モンロー


Sitting on the sofa next to Michael Jackson, you quickly look past the enigmatic icon´s light, almost translucent skin and realize that this African-American legend is more than just skin deep. More than an entertainer, more than a singer or dancer, the grown-up father of three reveals a confident, controlled and mature man who has a lot of creativity left inside him.

ソファでマイケルジャクソンの隣に座って、すぐに目に入ったのは、この謎めいたアイコンの白く、透き通るような肌、そして、その皮膚の下にある、この生ける伝説であるアフリカ系アメリカ人の奥深さだ。エンターティナーであり、シンガーでダンサーでもあり、れっきとした3人の子供の父親でもある彼は、自信と落ち着きを身につけた成熟した男性で、内にまだまだ多くの創造性を秘めているように見えた。

Michael Joseph Jackson rocked the music world in December 1982, when he exploded on the pop scene with Thriller, the rich, rhythmic, infectious album that introduced many Whites to a talent that most Blacks had known for decades, and shattered nearly every industry record on the planet. The historic project was yet another, albeit giant, step in a musical career that began 18 years earlier, at age 6, with his brothers in the Jackson 5.

マイケル・ジョセフ・ジャクソンは、1982年12月、アルバム「スリラー」でポップシーンに衝撃を与え、音楽の世界を変えた。豊かで、リズムに溢れ、またたくまに大勢をとりこにしていったアルバムは、黒人たちが何十年も前から知っていた才能を、多くの白人たちにも知らしめ、世界の音楽業界の記録をことごとく打ち破っていった。この歴史的偉業は、18年前、ジャクソン5で、兄弟と共に、6歳の彼が歩み始めた、大きな一歩とは、また別のものだった。

In his first U.S. magazine interview in a decade and on the 25th anniversary of Thriller, Jackson sat down with Ebony magazine for a rare, intimate and exclusive conversation about the creation of Thriller, the historic Motown 25 performance, being a father, the state of the music industry and the force behind his creativity.

彼がアメリカの雑誌のインタビューを受けるのは十年ぶりのことだ。「スリラー」25周年に際して、エボニー誌は独占インタビューを行い、ジャクソンは、「スリラー」製作、歴史的なモータウン25でのパフォーマンス、父親業、音楽業界の現状、彼の創作の秘密などについて、貴重な話を、打ち解けた様子でしてくれた。

Here is Michael Jackson, in his own words…

以下は、マイケル自身が語る、マイケル・ジャクソンである。


f0134963_15445822.png


How did it all start?
『スリラー』は、どのように始まったんですか?

Motown was preparing to do this movie called The Wiz… and Quincy Jones happened to be the man who was doing the music. Now, I had heard of Quincy before. When I was in Indiana as a child, my father used to buy jazz albums, so I knew him as a jazz musician.

モータウンが『ウィズ』という映画を準備していて、クインシー・ジョーンズが、たまたまその音楽をやっていたんだよね。クインシーの名前は聴いたことがあったんだ。僕がインディアナ州に住んでいた子どもの頃、父がジャズのアルバムをよく買っていたからね、彼のことはジャズ・ミュージシャンとして知っていたんだ。

So after we had made this movie—we had gotten pretty close on the film, too; he helped me understand certain words, he was really father-like—I called him after the movie, out of complete sincerity—´cause I´m a shy person, ESPECIALLY then, I used to not even look at people when they were talking to me, I´m not joking—and I said, “I´m ready to do an album. Do you think… could you recommend anybody who would be interested in producing it with me or working with me?” He paused and said, “Why don´t you let ME do it?” I said to myself, “I don´t know why I didn´t think of that.” Probably because I was thinking that he was more my father, kind of jazzy. So after he said that, I said, “WOW, that would be great.” What´s great about working with Quincy, he let´s you do your thing. He doesn´t get in the way.

それで、その映画を創ったあと、、僕たちは映画製作中にかなり親しくなって、彼は、僕がある言葉を理解するのを助けてくれたりして、まるで本当の父親みたいでね、それで、映画のあと、思い切って電話をしたんだ。できるだけ丁寧な感じで。僕はすっごく恥ずかしがり屋なんだけど、その頃は特にそうで、話し相手の目を見て話すこともできなかったんだ、マジでさ。それで、僕が「アルバムの準備中なんですが、僕と一緒に仕事をすることに興味があって、プロデュースしてくれる人を、どなたかご存知ないですか?」って言ったら、彼は少し間をおいて、「僕じゃ、ダメなの?」って。どうしてそれを思いつかなかったのかって思ったよ。おそらく、彼のことは、むしろ父親のように思っていたし、ジャズの人だと思っていたからかな。それで、彼の言葉のあと、「わぁ、それなら最高です」って言ったんだよ。クインシーとの仕事で何が素晴らしいかって、自分がやりたいようにやらせてくれること。彼はそれを邪魔したりしないんだ。

So the first thing I came to him with was from Off the Wall, our first album, and Rod Temperton came in the studio, and he came with this killer—he´s this little German guy from Wurms, Germany—he comes with this … “doop, dakka dakka doop, dakka dakka dakka doop”, this whole melody and chorus, Rock With You. I go, WOW! So when I heard that, I said, “OK, I really have to work now.” So every time Rod would present something, I would present something, and we´d form a little friendly competition. I love working like that. I used to read how Walt Disney used to, if they were working on Bambi or an animated show, they´d put a deer in the middle of the floor and make the animators kind of compete with different styles of drawing. Whoever had the most stylized effect that Walt liked, he would pick that. They would kind of compete, it was like a friendly thing, but it was competition, ´cause it breeds higher effort. So whenever Rod would bring something, I would bring something, then he would bring something, then I would bring something else. We created this wonderful thing.

彼との最初のアルバムは、『オフ・ザ・ウォール』で、ロッド・テンパートンがスタジオに来てくれたんだ。彼はドイツのボルムスからやって来た(*1)華奢な男性で、彼が「ロック・ウィズ・ユー」の "doop, dakka dakka,doop, dakka dakka dakka doop" という、あの凄いメロディとコーラスを持って来てくれて、それを聴いて僕は「OK、今すぐ取りかからなきゃ」って言ったんだ。ロッドがなにか出してくれるたびに、僕も彼にプレゼンする、ちょっとした競争だよね。そういったやり方が好きなんだ。ウォルト・ディズニーが『バンビ』とか、そういったアニメを創っていたときのことを本で読んだけど、彼はフロアの真ん中に鹿を連れてきて、アニメーターたちに、まったく異なる描き方をさせて競わせた。ウォルトが気に入った最も効果的なスタイルのものが選ばれたんだけど、みんな競争みたいなものだよね。フレンドリーであっても、それは競争なんだ。そして、それがより一層の努力を生み出す。それと同じように、ロッドがなにかアイデアを持ってきてくれるたびに、僕もなにか持っていく。すると、彼はまた何か出してきて、僕も他のものを。といった具合に、僕らはあの素晴らしい作品を創り上げたんだ。

So, after Off the Wall, in the spring of ´82, you went back in the studio to work on Thriller.
それで、『オフ・ザ・ウォール』のあとの82年の春、『スリラー』をやるためにスタジオにもどったんですね。

After Off the Wall, we had all these No. 1 hits from it — “Don´t Stop ´Til You Get Enough,” “Rock With You,” “She´s Out of My Life,” “Workin´ Day and Night”—and we were nominated for a Grammy award, but I was just not happy with how the whole thing happened because I wanted to do much more, present much more, put more of my soul and heart in it.

『オフ・ザ・ウォール』のあと、僕たちはこのアルバムからNo.1ヒットを連発した。「Don’t Stop ‘Til You Get Enough」「Rock With You」「She’s Out of My Life」「Workin’ Day and Night」。それで、グラミー賞にもノミネートされたんだけど、僕はまだ満足じゃなかった。やりきれなかったこともあったし、やりたいことがまだまだ一杯あって、僕の魂も心ももっと注ぎ込みたかったんだ。

Was it a transition point for you?
『スリラー』は転換点になった?

A COMPLETE transition. Ever since I was a little boy, I would study composition. And it was Tchaikovsky that influenced me the most. If you take an album like Nutcracker Suite, every song is a killer, every one. So I said to myself, “Why can´t there be a pop album where every…”—people used to do an album where you´d get one good song, and the rest were like B-sides. They´d call them “album songs”— and I would say to myself, “Why can´t every one be like a hit song? Why can´t every song be so great that people would want to buy it if you could release it as a single?” So I always tried to strive for that. That was my purpose for the next album. That was the whole idea. I wanted to just put any one out that we wanted. I worked hard for it.

完璧にそうだね。子どものころから、僕はずっと作曲の勉強をしていて、もっとも影響を受けたのは、チャイコフスキーだったんだ。例えば『くるみ割り人形』のようなアルバムにしても、1曲1曲がすごくて、すべてが完璧だよね。それで僕は、「ポップスのアルバムでもこういうのできないかな」って思ったんだ。以前はみんな、ポップスのアルバムには良い曲を1曲だけいれて、あとは、シングルだとB面にくるような曲を入れていた。「アルバム・ソング」といわれるような曲をね。それで、僕は、なぜすべての曲をヒットソングにできないのかな?と思っていたんだ。全曲、シングルカットしても人々が買いたくなるような良い曲にできないのかな?ってね。だから、常にそれを実現しようとしていて、次のアルバムではそれが構想であり、目的でもあった。自分が良いと思うものだけを発表したかったし、僕はそのために必死でやったんだ。

So, the creative process, were you deliberate about that, or did it just kind of happen?
創作のプロセスでは熟慮を重ねた? それとも、自然に出来たような感じですか

No, I was pretty deliberate. Even though it all came together some kind of way, consciously, it was created in this universe, but once the right chemistry gets in the room, magic has to happen. It has to. It´s like putting certain elements in one hemisphere and it produces this magic in the other. It´s science. And getting in there with some of the great people, it´s just wonderful.

かなり考えたよ。作品は、何らかの方法で、色々なものが組み合わされて生み出される。そこまでは意識の領域で行われることだよね。だけど、いったん確かな化学反応が起こると、そこには必然的に魔法が生まれる。必ずそうなるんだよ。球体の半分にある要素を入れると、もう半分にも魔法が起こる、というようなね。それは科学なんだ。何人かの偉大な人々とそれを体験することができて、本当に素晴らしかったよ。

Quincy calls me a nickname, “Smelly.” Smelly came from —and [Steven] Spielberg calls me that, too. Back then, especially back then — I say a few swear words now—but especially then, you couldn´t get me to swear. So I would say, ´That´s a “smelly” song.´ That would mean, ´It´s so great´ that you´re engrossed in it. So he would call me ´Smelly.´

クインシーは、僕のことを「スメリー」って呼んでたね、スメリーっていうのは、スピルバーグも僕のことをそう呼んでたんだけど、当時の僕は、今は僕も少しは悪い言葉を使うんだけど、特にその頃の僕は絶対に下品な言葉を使うことはなくて、それで僕は「これは 匂う曲だね」なんて、(臭いという意味のfunkyと同じように)「とても素晴らしい、夢中になる」っていう意味で言っててね、それで人から「スメリー」って呼ばれるようになった。

But yeah, working with Quincy was such a wonderful thing. He lets you experiment, do your thing, and he´s genius enough to stay out of the way of the music, and if there´s an element to be added, he´ll add it. And he hears these little things. Like, for instance, in “Billie Jean,” I had come up with this piece of the bass lick, and the melody, and the whole composition. But in listening, he´ll add a nice riff…

とにかく、クインシーとの仕事は、とても素晴らしいものだった。僕に経験させてくれたし、実験もさせてくれた。彼は天才で、音楽の邪魔になるようなことはしないけど、つけ加えられる要素があれば、それを足すこともできる。彼は些細な音も聞き逃さないんだ。たとえば、「ビリー・ジーン」で、僕はまずベースの部分、それからメロディー、それから曲全体を作っていったんだけど、それを聴いてクインシーは、素晴らしいリフを足してくれた。

We would work on a track and then we´d meet at his house, play what we worked on, and he would say, ´Smelly, let it talk to you.´ I´d go, ´OK.´ He´d say, ´If the song needs something, it´ll tell you. Let it talk to you.´ I´ve learned to do that. The key to being a wonderful writer is not to write. You just get out of the way. Leave room for God to walk in the room. And when I write something that I know is right, I get on my knees and say thank you. Thank you, Jehovah!

曲を作っている時には、彼の家で仕事をしたんだけど、出来たところまで演奏すると、彼はよく言ってた。「スメリー、歌に語らせるんだ」って。僕が「わかった」って言ったら、クインシーは「その歌が何かを必要とするときは、君におしえてくれる。 君は歌と会話するんだ」僕はそんなふうに教わった。素晴らしい作曲家でいる鍵は、書こうとしないこと。ただ、道を開けておくんだ。神が入って来やすいように、場所をあけておくんだよ。だからなにか曲を書いていて、それが良い曲だってことがわかると、僕はひざまずいて言うんだ。「ありがとう、エホバ!」って。

When´s the last time you had that feeling?
いちばん最近、そんな気分になったのはいつですか?

Well, recently. I´m always writing. When you know it´s right, sometimes you feel like something´s coming, a gestation, almost like a pregnancy or something. You get emotional, and you start to feel something gestating and, magic, there it is! It´s an explosion of something that´s so beautiful, you go, WOW! There it is. That´s how it works through you. It´s a beautiful thing. It´s a universe of where you can go, with those 12 notes…

そうね、ついこの間だよ。僕はいつも曲を書いてるからね。いい曲が出来る時は、何かがやって来る感じ。まるで妊娠したみたいな感じで、すごく気持ちが高揚して、何か魔法のようなものが、体の中から生まれ出てくるんだ。ものすごく美しいものが爆発したみたいに「そう、これだよこれ!」って気分になる。作品はそうやって体の中から湧き上がって来るんだ。すごいよね。12の音階で、ひとつの宇宙を味わうことが出来るんだよ。

(He´s now listening to an early, writing version of Billie Jean playing on an iPhone…)
(このときマイケルは「ビリー・ジーン」の初期ヴァージョンをiPhoneで聴いていた)

…What I do when I write is that I´ll do a raggedy, rough version just to hear the chorus, just to see how much I like the chorus. If it works for me that way when it´s raggedy, then I know it´ll work… Listen to that, that´s at home. Janet, Randy, me… Janet and I are going “Whoo, Whoo…Whoo, Whoo…” I do that, the same process with every song. It´s the melody, the melody is most important. If the melody can sell me, if I like the rough, then I´ll go to the next step. If it sounds good in my head, it´s usually good when I do it. The idea is to transcribe from what´s in your mentality onto tape.

…僕が曲を創るときは、大雑把なヴァージョンでやってみて、コーラス部分だけ、そこだけどれぐらい好きか聴いてみる。大体の感じでやっても、うまくいくときは、いい曲になるんだ。これとか、聴いてみて。家で創ったものなんだけど、ランディと、ジャネットと僕とで、“whoo, whoo, whoo, whoo….ってやってるでしょ。どの曲のメロディもそう。メロディが一番重要なんだ。メロディがグッと来て、大雑把な感じのが出来たら、次の段階に行く。頭の中でいい音が聴こえたら、実際にやってみても上手くいく。アイデアを気持ちに乗せて、テープに移していくんだ。

If you take a song like “Billie Jean,” where the bass line is the prominent, dominant piece, the protagonist of the song, the main driving riff that you hear, getting the character of that riff to be just the way you want it to be, that takes a lot of time. Listen, you´re hearing four basses on there, doing four different personalities, and that´s what gives it the character. But it takes a lot of work.

例えば「ビリー・ジーン」のような曲の場合、ベースラインが突出した有名な部分が曲の中心なんだけど、あのリフを今聴いている感じにするには、とても多くの時間がかかるんだ。聴いてみて、この曲のベースは4種類あって、4種類の異なった性格が、曲の個性を創っている。だけど、そうするには、すごい時間がかかるんだよ。

Another big moment was the Motown 25 performance…
もうひとつのビッグな瞬間「モータウン25周年記念」でのパフォーマンス

I was at the studio editing Beat It, and for some reason I happened to be at Motown Studios doing it—I had long left the company. So they were getting ready to do something with the Motown anniversary, and Berry Gordy came by and asked me did I want to do the show, and I told him ´NO.´ I told him no. I said no because the Thriller thing, I was building and creating something I was planning to do, and he said, ´But it´s the anniversary…´ So this is what I said to him. I said, ´I will do it, but the only way I´ll do it is if you let me do one song that´s not a Motown song.´ He said, ´What is it?´ I said, ´Billie Jean´. He said, ´OK, fine.´ I said, ´You´ll really let me do “Billie Jean?” He said, ´Yeah.´

僕はスタジオで「ビート・イット」を編集していたんだけど、どういうわけだったか、モータウンのスタジオでそれをやってたんだ、ずっと前に会社を辞めていたのにね。そこでは、みんなモータウンの記念祭の準備をしてて、ベリー・ゴーディが、僕にショーをやらないかって尋ねてきたんだけど、僕は断った。『スリラー』で様々な計画が始まって、それを実行してるところだったからね。でも、彼が「しかし、これは記念パーティなんだ」って言うから、僕は「やってもいいよ。モータウン時代じゃない曲を1曲やらせてくれるならね」と言うと、彼は「何をやるんだ?」って聞いてきて、「ビリージーン」だと僕が答えたら、「OK、いいんじゃない」って。「本当に、ビリー・ジーンをやっていいの?」って聞き返したけど、彼は「そうだ」って言ったんだ。

So I rehearsed and choreographed and dressed my brothers, and picked the songs, and picked the medley. And not only that, you have to work out all the camera angles.

それで、ぼくは、振りつけして、リハーサルを行って、兄弟たちの衣装を決めて、メドレーのために曲を選んだだけじゃなく、カメラ・アングルも決めなきゃいけなかった。

I direct and edit everything I do. Every shot you see is my shot. Let me tell you why I have to do it that way. I have five, no, six cameras. When you´re performing—and I don´t care what kind of performance you are giving—if you don´t capture it properly, the people will never see it. It´s the most selfish medium in the world. You´re filming WHAT you want people to see, WHEN you want them to see it, HOW you want them to see it, what JUXTAPOSITION you want them to see. You´re creating the totality of the whole feeling of what´s being presented, in your angle and your shots. ´Cause I know what I want to see. I know what I want to go to the audience. I know what I want to come back. I know the emotion that I felt when I performed it, and I try to recapture that same emotion when I cut and edit and direct´.

僕のパフォーマンスに関しては、すべて僕が監督、編集する。みんなが見ている映像は、すべて僕が選んだショットなんだ。どうしてそうするかと言うとね、僕には5台、いや6台のカメラがついている。パフォーマンスするとき、どんなパフォーマンスであってもね、それがきちんと捕らえられていなかったら、人には伝わらない。それは、世界で一番、自分本位のメディアだからね、人が見たいものを、彼らが見たいときに、どのように見せるか、どう並べて、見てもらいたいか、をフィルムにするんだ。アングルやショットを選んで、全体の雰囲気を創り出して見せるんだよ。僕は自分が何を見せたいか、わかってる。観客に近づいたとき何を見せ、戻ってくるとき何を見せるかも、わかってる。だから、僕はフィルムをカットして、編集し、監督するとき、自分がパフォーマンスしたときに感じた感覚を再現しようとするんだよ。


f0134963_15595387.jpg



How long have you been creating all of those elements?
どれくらい前から、そういったことのすべてを創ってきたんですか?

Since I was a little boy, with my brothers. My father used to say, ´Show ´em Michael, show ´em.´

小さな子どものころからだよ、兄弟たちといっしょにね。僕の父はよく「マイケル、ほかの兄弟たちに見せてやれ」って言ってた。

Did they ever get jealous of that?
兄弟が、嫉妬することはなかった?

They never showed it at the time, but it must have been hard, because I would never get spanked during rehearsals or practice. [Laughter] But afterwards was when I got in trouble. [Laughter]. It´s true, that´s when I would get it. My father would rehearse with a belt in his hand. You couldn´t mess up. My father was a genius when it comes to the way he taught us, staging, how to work an audience, anticipating what to do next, or never let the audience know if you are suffering, or if something´s going wrong. He was amazing like that.

その当時は、そんな様子はなかった。でも、難しかったと思うよ、練習やリハーサルの間、僕だけ叩かれることがなかったからね(笑い声)。でもね、結局は僕も巻き込まれることになるんだよ(笑い声)ホントだよ、僕もやられたんだ。父はベルトを手にリハーサルをやってて、ヘマは出来なかったな。父の僕たちへの教え方は、天才的だったね。ステージのやり方、観客への対応、次にどうするかを予測したり、観客に自分たちが苦しんでいるところや、上手くいっていないことを悟らせないようにする方法とか、父のやり方は驚くべきものだったよ。

Is that where you think you got not just a lot of your business sense, but how to control the whole package?
そういったことが、ビジネス感覚だけでなく、すべてをコントロールすることに繋がった?

Absolutely. My father, experience; but I learned a lot from my father. He had a group when he was a young person called the Falcons. They came over and they played music, all the time, so we always had music and dancing. It´s that cultural thing that Black people do. You clear out all the furniture, turn up the music…when company comes, everybody gets out in the middle of the floor, you gotta do something. I loved that.

そのとおりだね。父との様々な経験から多くのことを学んだよ。父は若い頃、ファルコンズというグループをやっていて、彼らは集まれば、いつも演奏していて、だから、僕たちには、常に音楽とダンスがあったんだ。そういったことは黒人の文化でもあるんだけど、部屋の家具を全部移動して、音楽をかけて、仲間が来たら、みんなフロアの真ん中に行って、なにかやらないといけなくてね。僕はそういうのが大好きだったなぁ。

Do your kids do that now?
あなたの子どもたちは、今そういったことをやっていますか?

They do, but they get shy. But they do it for me, sometimes.

やっているよ、恥ずかしがってるけど、ときどき、僕のためにやってくれるんだ。

Speaking of showmanship: MTV, they didn´t play Black folks. How hard was that for you?
ショーマンシップについて。MTVは黒人音楽の放映をしなかった。あなたはそれをどう感じましたか

They said they don´t play [Black artists]. It broke my heart, but at the same time it lit something. I was saying to myself, ´I have to do something where they… I just refuse to be ignored.´ So yeah, “Billie Jean,” they said, ´We won´t play it.´

MTVは(黒人アーティストの)放送はしないと言ったんだ。それは傷ついたけど、それと同時に何かに火がついて、僕は自分自身に言い聞かせた。「なんとかしなければ…」ってね。「ただ無視されるなんて」そう、『ビリー・ジーン』をさ、彼らは「我々はかけない」と言ったんだよ。

But when they played it, it set the all-time record. Then they were asking me for EVERYTHING we had. They were knocking our door down. Then Prince came, it opened the door for Prince and all the other Black artists. It was 24-hour heavy metal, just a potpourri of crazy images…
They came to me so many times in the past and said, ´Michael, if it wasn´t for you, there would be no MTV.´ They told me that, over and over, personally. I guess they didn´t hear it at the time…but I´m sure they didn´t mean any pure malice [laughter].

ところが、彼らが「ビリー・ジーン」を放送したとき、それは空前の記録を打ちたてた。それからは、MTVは何でもかんでも欲しいって頼みに来たよ。ドアを叩きつぶすぐらいノックしてね。それから、プリンスが登場して、彼らはプリンスにも扉を開け、他のすべての黒人アーティストにも門戸が開かれた。以前は、24時間ヘヴィメタルで、クレイジーなイメージばかりが寄せ集められていた。その昔、MTVは、何度も僕のところにやってきて、「マイケル、君がいなかったら、MTVは成り立たないよ」と言ってたね。個人的に、何度も僕にそう言ったんだけど、彼らは、当時そんなに聞いていなかったんじゃないかな。もっとも、純粋に悪意があったわけではないと思うけどね(笑い声)。

That really gave birth to the modern video age…
まさに今のビデオ時代を生み出した…

I used to look at MTV. My brother [Jackie], I´ll never forget, he´d say, ´Michael, you gotta see this channel. Oh, my God, it´s the best idea. They show music 24 hours a day… 24 Hours A Day!´ So I said, ´Let me see this.´ And I´m watching it, I´m seeing all this stuff going on and saying ´If only they could give this stuff some more entertainment value, more story, a little more dance, I´m sure people would love it more.´ So I said, when I do something, it´s gotta have a story—an opening, a middle and a closing—so you could follow a linear thread; there´s got to be a thread through it. So while you are watching the entertainment value of it, you´re wondering what is going to happen. So that´s when I started to experiment with Thriller, The Way You Make Me Feel and Bad and Smooth Criminal and directing and writing.

僕はMTVをよく見てた。忘れられないよ、兄のジャッキーがね、「マイケル、おまえもこのチャンネルを見てみろよ。すごいよ、最高のアイデアだよ。24時間音楽ばかりなんだ!」って言ってね。それで「僕にも見せて」って、すべての番組をじっくり見てからこう言った。「もう少しエンターティメントの質を高くして、もっとストーリー性や、ダンスも取り入れたら、もっと人気が出るのになぁ。僕がやるとしたら、ここに、ストーリーを持ち込むね。始まり、中間部、結末といった具合にね、そうすれば、見る人は一本の筋を追うことができる。筋があるとね、エンターティメントを見ながら、同時に、次はどうなるだろう?とワクワクすることができる」だから、「Thriller」「The Way You Make Me Feel」「Bad」「Smooth Criminal」では演出や脚本で、そういうことを試してみたんだ。

What do you think about the state of music videos and music today?
今のミュージック・ビデオや、音楽ついてはどう思いますか?

[The industry], it´s at a crossroads. There´s a transformation going on. People are confused, what´s going to happen, how to distribute and sell music. I think the Internet kind of threw everybody for a real loop. ´Cause it´s so powerful, kids love it so much. The whole world is at their fingertips, on their lap. Anything they want to know, anyone they want to communicate with, any music, any movies… This thing, it just took everybody for a loop. Right now, all these Starbucks deals and Wal-Mart deals, direct to artist, I don´t know if that´s the answer. I think the answer is just phenomenal, great music. Just reaching the masses. I think people are still searching. There´s not a real musical revolution going on right now, either. But when it´s there, people will break a wall down to get to it. I mean, ´cause before Thriller, it was the same kind of thing. People were NOT buying music. It helped to bring everybody back into the stores. So, when it happens, it happens´.

音楽業界は岐路に立っているね。変革の最中で、みんな混乱している。何が起こるんだろう? どうやって音楽を流通させて、売ればいいんだろうか?と。 インターネットや、そういった類のものは、すべての人を巻き込んでいった。それは、あまりにも強力で、子どもたちももう夢中だからね。指先と、膝の上で、世界がまるごと手に入る。知りたいことも、誰とでもコミュニケートすることも、あらゆる音楽も、映画も。それは、まさに今、すべての人を巻き込んでいて、今、現在も、スターバックスと契約するとか、ウォルマートと契約するとか、アーティストが直販するとか、そういうことが正解なのか、僕にはわからない。僕が思う答えは、ただもう驚くような素晴らしい音楽だけが、人々に届くということ。人々はそれを探し続けると思うよ。こういったこと、今、進行しているようなことは、本当の音楽革命じゃない。でも、それが起きたとき、人々はそのために壁を壊すだろう。「Thriller」の前もね、それと同じようなもので、人々は音楽を買ってなかったんだけど、それはみんなを店に呼び戻すことになった。そう、起こるときは、起こるんだよ。

Who impresses you?
気になるような人はいますか?

As far as artistry, I think Ne-Yo is doing wonderful. But he has a very Michael Jackson feel, too. But that´s what I like about him. I can tell that he´s a guy who understands writing.

芸術性という意味では、僕は、Ne-Yoが素晴らしい仕事をしてると思う。ただ、Ne-Yoはすごくマイケル・ジャクソンっぽいんだよね。そこが、彼の好きなところでもあるんだけど。彼は曲作りを理解している男だと思うよ。

Do you work with these young artists?
そういった若いアーティストたちともいっしょにやるんですか?

Sure. I´ve always been the type where, I don´t care if it´s the mailman or the guy sweeping the floor. If it´s a great song, it´s a great song. Some of the most ingenious ideas come from everyday people, who just go, ´Why don´t you try this, or do this.´ It´ll be a wonderful idea, so you should just try it. Chris Brown is wonderful. Akon, he´s a wonderful artist.

もちろん。僕は、いつだって素晴らしい音楽をやってるかぎり、郵便配達の人だろうが、床掃除をしている人だろうが、気にしないタイプだね。素晴らしい音楽は、素晴らしい音楽だよ。もっとも独創的なアイデアは、普通の人の、まさに日常から生まれるんだ。「これを試してみよう。とか、やってみよう」ってね。すごいアイデアになるかどうか、まずはやってみないと。クリス・ブラウンは素晴らしいし、エイコンもね、彼らは素晴らしいアーティストだよ。

I always want to do music that inspires or influences another generation. You want what you create to live, be it sculpture or painting or music. Like Michelangelo, he said, “I know the creator will go, but his work survives. That is why to escape death, I attempt to bind my soul to my work.” And that´s how I feel. I give my all to my work. I want it to just live.

僕はいつも、自分と異なる世代に刺激や影響を与える音楽をやりたいと思ってる。人は自分が創造するものは、彫刻であれ、絵画であれ、音楽であれ、生きつづけてほしいと思うものだよ。ミケランジェロのように。彼は、「創作者は消えていっても、作品は生きのこることを知っている。だから、私は死から逃れるために、自分の魂を作品に結びつけようとする」と言った。僕も、そんなふうに感じている。僕のすべてを自分の仕事に捧げる。作品には長生きしてほしいんだ。


f0134963_17434867.jpg



How does it feel to know you have changed history? Do you think about that a lot?
自分が歴史を変えたことについてはどう感じていますか?それについてよく考える?

Yeah, I do, I really do. I´m very proud that we opened doors, that it helped tear down a lot. Going around the world, doing tours, in stadiums, you see the influence of the music. When you just look out over the stage, as far as the naked eye could see, you see people. And it´s a wonderful feeling, but it came with a lot of pain, a lot of pain.

うん、よく考えるよ。僕たちが扉を開いて、扉を壊すのに大きな力になったことを、とても誇りに思っている。世界中を回って、スタジアムでツアーをしていると、音楽の影響力が分かるんだよね。ステージから、遠くを見わたすと、肉眼でもね、人が見えるんだよ。それは、素晴らしい感覚なんだけど、そこに至るまでには、ものすごい苦しみがあった。とてつもない苦しみがね。

How so?
それは、どういった?

When you're on top of your game, when you´re a pioneer, people come at you. It´s there, who´s at the top, you want to get at them.

トップに立っているとき、先駆者であるとき、人は襲いかかってくるものなんだ。トップにいる人間には、人は食ってかかりたいもんなんだよ。

But I feel grateful, all those record-breaking things, to the biggest albums, to those No. 1s, I still feel grateful. I´m a guy who used to sit in my living room and listen to my father play Ray Charles. My mother used to wake me up at 3 in the morning, ´Michael, he´s on TV, he´s on TV!´ I´d run to the TV and James Brown would be on TV. I said, ´That´s what I want to do.´

それでも、僕は感謝してる。様々な記録を塗り替え、最大の売り上げのアルバムになったことも、ナンバーワン・ヒットのことも、そういったことは今でも感謝してる。僕はリビングで父さんがレイ・チャールズを演奏するのを聴いて育った男でさ、母さんに、午前3時に起こされて「マイケル、彼がテレビに出てる!テレビに出てるわよ!」って言われて、テレビのとこに走っていくと、ジェームス・ブラウンがテレビに出ていて、僕は、「これが、僕のやりたいことだよ」って言ってたんだから。

Can we expect more of Michael Jackson?
これからも、マイケル・ジャクソンに期待できますね?

I´m writing a lot of stuff right now. I´m in the studio, like, every day. I think, like, the rap thing that is happening now, when it first came out, I always felt that it was gonna take more of a melodic structure to make it more universal, ´cause not everybody speak English. [Laughter] And you are limited to your country. But when you can have a melody, and everybody can hum a melody, then that´s when it became France, The Middle East, everywhere! All over the world now ´cause they put that melodic, linear thread in there. You have to be able to hum it, from the farmer in Ireland to the lady who scrubs toilets in Harlem to anybody who can whistle to a child poppin´ their fingers. You have to be able to hum it.

今、たくさんの曲を書いているよ。毎日のようにスタジオにいる。今流行ってるラップについても、最初出てきたとき、ラップはより世界共通なものになるために、もっとメロディックな要素を取りいれるだろうといつも思っていた。だって、すべての人が英語を話せるわけじゃないからね[笑い声] それに、そうしないと、この国だけに限られてしまうだろう。でも、メロディがあれば、誰でもメロディをハミングすることができる。メロディがあるから、今では、フランスでも中東でもどこでも流行ってる。ラップが今、世界中に広がっているのは、メロディが取りいれられたからだよ。歌はハミングできないとだめなんだ。アイルランドの農夫からハーレムのトイレ掃除をしている女性や、口笛を吹く人、指を鳴らす子どもも、歌はハミングできないとね。

So, you´re almost 50 now. Do you think you´ll be doing this at 80?
もうすぐ50歳ですが、80歳になっても、そういったことをしていると思う?

The truth is, umm, no. Not the way James Brown did, or Jackie Wilson did, where they just ran it out, they killed themselves. In my opinion, I wish [Brown] could have slowed down and been more relaxed and enjoyed his hard work.

正直なところ、ノーだね。ジェームス・ブラウンや、ジャッキー・ウィルソンがやっていたように、彼らのように走り続けるのはね… 彼らは、自殺行為をしているようなものだと思うんだ。ジェームス・ブラウンが、彼のキツイ仕事量を、もう少しゆとりを持って、もっとくつろいで、楽しんで仕事してくれれば良かったのに、と思う。

Will you tour again?
またツアーをするつもりは?

I don´t care about long tours. But what I love about touring is that it sharpens ones craft beautifully. That´s what I love about Broadway, that´s why actors turn to Broadway, to sharpen their skills. It does do that. ´Cause it takes years to become a great entertainer. Years. You can´t just grab some guy out of obscurity and throw ´em out there and expect for this person to compete with that person. It´ll never work. And the audience knows it; they can see it. The way they gesture their hand, move their body, the way they do anything with the microphone, or the way they bow. They can see it right away.

長いツアーには興味がないかな。でも、ツアーの素晴らしいところは、技術が美しく研ぎ澄まされることなんだよね。僕がブロードウェイが大好きなのもそこなんだよ。だから、役者たちは技術を磨くために、みんなブロードウェイに向かう。偉大なエンターティナーになるためには何年もかかる。何年もね。ただ、無名の人間を連れてきて、何もわからない状態で、放り込んで、この人や、あの人と競争しろって言っても、絶対に出来っこない。でも、観客はそれを知ってる。彼らにはわかるんだよ。役者の手の使い方、体の動かし方、マイクの扱い、お辞儀のし方、そういったもので、観客はすぐに見破るんだ。

Now Stevie Wonder, he´s a musical prophet. He´s another guy I have to credit. I used to say to myself, ´I want to write more.´ I used to watch [producers] Gamble and Huff, and Hal Davis and The Corporation write all those hits for the Jackson 5 and I really wanted to study the anatomy. What they used to do, they used to have us come in and sing after they did the track. I used to get upset ´cause I would want to see them make the track. So they would give me “ABC” after the track was done, or “I Want You Back” or “The Love You Save.” I wanted to experience it all.

ところで、スティービー・ワンダーについてなんだけど、彼は、音楽の預言者だよ。彼についても、僕は言っておかなくてはならないと思う。僕は自分自身に言い聞かせてたんだ。「もっと作曲したい」って。僕は見ていたんだ。(プロデューサーの)ギャンブル・ハフや、ハル・ディヴィスや、ジャクソン5のヒット曲をすべてを手がけていた「コーポレーション」をね、僕は本当に解剖するように研究して学びたかった。だけど、彼らのやり方は、出来上がったトラックをもってきて、それから、僕たちを呼んで、歌わせるんだ。僕は彼らが創ってるところが見たくて、気になってしかたなかった。『ABC』も『I Want You Back』も『The Love You Save』もトラックができたあとに渡されたんだけど、僕は創られていくところすべてを体験したかった。

So Stevie Wonder used to literally let me sit like a fly on the wall. I got to see Songs in the Key of Life get made, some of the most golden things. I would sit with Marvin Gaye and just…and these would be the people who would just come over to our house and hang out and play basketball with my brothers on the weekend. We always had these people around. So when you really can see the science, the anatomy and the structure of how it all works, it´s just so wonderful.

そしたら、スティービー・ワンダーが、彼のやってることを文字通り、すみからすみまで近くで見させてくれて、『Songs in the Key of Life』が創られていく、もっとも貴重なところを見ることができた。僕はマーヴィン・ゲイとそこにいたんだよ。彼らは、僕たちの家にやってきて、週末には、兄弟たちとバスケをして遊んだりした人たちで、僕たちの周りには、いつもそういった人々がいた。本当に、技術や、仕組みとか、どうやって創り上げるかという、すべてを見ることができたのは、ただもう素晴らしいとしかいえないね。

So, you play on a world stage. How do you see the shape of the world today?
あなたは世界を舞台に活躍していますが、今日の世界の状況をどのように見ていますか?

I´m very concerned about the plight of the international global warming phenomenon. I knew it was coming, but I wish they would have gotten people´s interest sooner. But it´s never too late. It´s been described as a runaway train; if we don´t stop it, we´ll never get it back. So we have to fix it, now. That´s what I was trying to do with “Earth Song,” “Heal the World,” “We Are the World,” writing those songs to open up people´s consciousness. I wish people would listen to every word.

地球温暖化現象の窮状にはとても関心をもってる。こうなることはわかっていたことで、もっと以前に人びとが興味を持ってくれていたらね。それでも、遅すぎるということは決してない。収拾のつかない暴走列車のように言われてきたけど、今止めなければ、元の地球を取り戻すことはできない。今こそ、元に戻さなければならないんだ。それが、「Earth Song」や 「Heal the World」 「We Are the World」でやろうとしていたことだった。みんなの意識を目覚めさせたくて、こういった歌を作ったんだ。みんなが、言葉のひとつひとつを聴いてくれることを願ってる。

What do you think about the next presidential race? Hillary, Barack?
次の大統領選挙について、ヒラリー・クリントンか、バラック・オバマ、どちらの支持?

To tell you the truth, I don´t follow that stuff. We were raised to not…we don´t look to man to fix the problems of the world, we don´t. They can´t do it. That´s how I see it. It´s beyond us. Look, we don´t have control over the grounds, they can shake. We don´t have control over the seas, they can have tsunamis. We don´t have control over the skies, there are storms. We´re all in God´s hands. I think that man has to take that into consideration. I just wish they would do more for the babies and children, help them more. That would be great, wouldn´t it?

正直に言うけど、それについてはフォローしてない。僕たちは、人間が世界の問題を解決することを当てにしないようにと育てられた。人々にはそれが出来ないというのが、僕の見方だよ。それは僕たちを超えたものなんだ。ほら、僕たちは大地をコントロールすることができないだろう、それは揺れるし、僕たちは海をコントロールすることもできなくて、津波が起こるし、空もコントロールできないから、嵐が起こる。すべては神の手の中にあるんだ。人はそのことを考慮するべきだと思う。僕はただ彼らに、もっと赤ちゃんや子供たちのために助けになるようなことをして欲しいと願うだけだね。そうなったら素晴らしいと思わない?

Speaking of babies, as a father now, rewind back 25 years ago. What is the difference between that Michael and the Michael today?

子供たちについて話してください。今、父親になって、25年前を振り返って、その頃のマイケルと、今のマイケルの違いは?

That Michael is probably the same Michael here. I just wanted to get certain things accomplished first. But I always had this tug in the back of my head, the things I wanted to do, to raise children, have children. I´m enjoying it very much.

あのころのマイケルは、おそらく、ここにいるマイケルと同じだよ。僕はまず、いくつかのことを成しとげたかった。でも、頭の片隅には、いつもひとつの強い思いがあったんだ。僕がしたかったこと、それは、子どもを育てること、子どもを持つことだったんだ。だから、今はそれをすごく楽しんでいるよ。

What do you think about all the stuff that´s out there about you, all the things you read? How do you feel about that?

あなたは、世に出回っている、自分に関してあれこれと書いてあることについてどう思いますか? それらについて、どんな風に感じますか

I don´t pay attention to that. In my opinion, it´s ignorance. It´s usually not based on fact. It´s based on, you know, myth. The guy who you don´t get to see. Every neighborhood has the guy who you don´t see, so you gossip about him. You see those stories about him, there´s the myth that he did this or he did that. People are crazy!

そういったものには関心ないね。それは無知だというのが僕の意見だよ。ほとんどが事実に基づいてなくて、作り話を基にしているんだよね。会うことのない男、どこの街にも、そんな会ったことのない男がいると、人は彼について噂話をはじめて、彼についての物語を目にすることになる。彼はこんなことをしたとか、あんなことをしたとか、そういう作り話をね。みんなクレイジーだよ!

I´m just about wanting to do wonderful music.

僕はただ、すばらしい音楽をやりたいと思ってるだけ。

But back to Motown 25, one of the things that touched me the most about doing that was, after I did the performance—I´ll never forget. There was Marvin Gaye in the wings, and the Temptations and Smokey Robinson and my brothers, they were hugging me and kissing me and holding me. Richard Pryor walked over to me and said [in a quiet voice], ´Now that was the greatest performance I´ve ever seen.´ That was my reward.

モータウン25周年記念の話に戻るけど、あのとき、僕が感動したこと、パフォーマンスを終えたときのことは、忘れもしないよ。舞台袖に、マーヴィン・ゲイがいて、テンプテーションズや、スモーキー・ロビンソンや、兄弟たちもいて、彼らが僕をハグしたりキスしたりして、抱きしめてくれて、リチャード・ブライヤー(*2)が、僕の方に歩いてきて(静かな声で)「今見たパフォーマンスは、これまでに見たなかで最高のものだった」って。それで、僕は報われたんだ。

These were people who, when I was a little boy in Indiana, I used to listen to Marvin Gaye, The Temptations, and to have them bestow that kind of appreciation on me, I was just honored. Then the next day, Fred Astaire calls and said, ´I watched it last night, and I taped it, and I watched it again this morning. You´re a helluva mover. You put the audience on their ASS last night!´ So, later, when I saw Fred Astaire, he did this with his fingers [He makes a little moonwalk gesture with his two fingers on his outstretched palm].

みんな僕がまだインディアナ州に住んでる子供のころ、聴いていた人たち、マーヴィン・ゲイも、テンプテーションズも。彼らに評価してもらえるなんて、本当に光栄だった。そして次の日、フレッド・アステアが電話してきてくれて、「昨晩見たよ、録画したテープで今朝もう一度繰り返して見てね。君はとんでもない動きをするなぁ。昨晩、君は、観客の度肝を抜いたな!」後日、僕がアステアに会いに行ったとき、彼は、指でやってくれたんだよ。(彼は、手のひらの上で、2本の指を使って小さなムーンウォークのジェスチャーをした)

I remember doing the performance so clearly, and I remembered that I was so upset with myself, ´cause it wasn´t what I wanted. I wanted it to be more. But not until I finished. It was a little child, a little Jewish child backstage with a little tuxedo on, he looked at me, and he said [in a stunned voice] ´Who taught you to move like that?´ [Laughter] And I said, ´I guess God… and rehearsal.´

そのパフォーマンスをしたときのことは鮮明に憶えている。僕は自分自身にすごく動揺してた、やりたいと思ったようにできなかったから。もっとうまくやりたかったんだ。けれど、あの日のショーが終わる前だったよ。小さな子ども……、舞台裏にいた小さなタキシードを着たユダヤ人の少年が、僕を見て言ったんだよ。(驚きの声で)「誰からそんな動きかたを教わったの?」ってね。(笑い声)それで、僕は答えたんだよ。「神様だと思う……それから、練習かな」って。

(インタヴュー終了)

____________

(*1)マイケルは、テンパートンのことを「彼はドイツのボルムスからやって来た華奢な男性(this little German guy from Worms Germany)と言っていますが、彼はドイツ出身ではなく、イングランド出身です。70年代前半、ドイツのボルムスで音楽活動をしていたことがあるのですが、それはヒートウェイヴの一員として活動する前です(ただし、ヒートウェイブの結成はドイツだったようです)。スペシャルエディションの『オフ・ザ・ウォール』のテンパートン・インタビューによれば、79年にニューヨークでヒートウェイヴのために曲を書いているとき(バンドのメンバーとしては78年に脱退)にクインシーから誘いを受け、マイケルのために曲を書いたそうです。というわけで、ドイツ出身でも、直前にドイツにいたわけでもないと思います。

(*2)リチャード・プライヤー
町山智浩がリチャード・プライヤーを解説(プライヤーの話は2.19〜)





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24168280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-06-24 06:00 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite