テンダラー浜本と、実録「徘徊タクシー」に癒される。。

f0134963_17573844.jpg


『MJTapes』は、さっさとケリをつけたいと思う気持ちと、なんとなく6月に公開する内容じゃないかも。。というせめぎ合いに、ほんの僅かな差で後者が勝ってしまったので、今日と来週はお休みです。

このところ、MJ特集的なものが、ちょこちょことあって嬉しいのだけど、『NMBとまなぶくん』という関東ではやってなさそうな番組で、MJ大好きテンダラー浜本のマイケル話第二弾をやっていた。今回は、モータウン移籍から25周年パーティーを経て、フレディ・マーキュリーとの仲良し話など。。




第一弾の放送はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=lLCTFKwsHDs



ジャーメインのふわっと具合を、ダイアン津田のギャグと比較したときは、うっかり流しちゃったけど、ジャクソンズの1st と2stが「ヘッドライト」ぐらいってところは、「アホか、1st アルバムはR&Bチャートで6位だし、シングルは総合チャートで6位だっつーの。2stはもうちょい地味だったけど、、名曲 ”Man of War”も入ってるしぃ、ヘッドライトみたく誰も知らんやつと一緒にすなぁ」って、大声でツっこんどいたから許してね。

ただ、今日一番伝えたかった「ラトーヤの激太り」っていつのことよ(笑

あの姉ちゃんが太ったところなんて見たことないんですけどぉ、、それって、人間としてありえないぐらいのウエストサイズが、普通にくびれてるぐらいになったってこと? そーゆーの激太りだなんて言うの、、、ま、面白かったからいいんだけどねw



どーゆーわけか、ジャネットよりラト姉の方がよく聴いてる。





弟(兄)がマイケルなのもスゴイけど
このレベルの美人姉妹を3人もってるMJも
同じぐらいの奇跡じゃないかな。


f0134963_22361231.jpeg


意外にもラト姉も寄り目が得意
(しかもこの時期にやってたとは!)


f0134963_22374920.jpg



坂口恭平 ‏@zhtsss 6月17日
石牟礼道子さんのところへお見舞いに行ったら、道子さんは病院に行っていて、入り口のほうで一人の80歳代の男性が立ち往生していたので、声をかけると「郵便局に行きたい」というので、施設の社長の許可をもらい、人生初のリアル徘徊タクシーをした。40分ぐるぐる彼の言う通りに走った。幸福だった


「徘徊タクシー」っていうのは、坂口総理が初めて書いた小説で、徘徊という記憶による時空の旅をエスコートするタクシー)


◎実録「徘徊タクシー」第一回いくおさん 2015/06/17

(上記リンク先で、実際に「徘徊タクシー」をしている「音」を聞いてみて)


坂口恭平 ‏@zhtsss 6月17日
私はただ人々に優しく接したいと思っている。ただそれだけだ。それが私の仕事だとも思っている。私は人に優しくするために生まれてきた。接するために生まれてきた。声をかけるために。励ますように歌うために。私は人々の前で舞を踊り、弦を奏で、歌をうたう。それが私の仕事である。それだけが。私の


f0134963_18030512.jpg
梅田蔦屋書店4th floorから見た大阪駅




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/24154500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2015-06-21 00:02 x
>私はただ人々に優しく接したいと思っている。

にグッときました。
なんだか心がかさついてしまう昨今、こういうシンプルで深い言葉が、しみます。坂口さん、素敵♪
浜本さんのお話も面白くて、元気でました。
「リメンバー・ザ・タイム」、マジック・ジョンソンのことも言ってあげて欲しかったなぁ。そのあとマイケル・ジョーダン出てくることだし。
Commented by yomodalite at 2015-06-21 11:50
>私はただ人々に優しく。。

なんかMJが書いてるような感じもしちゃうよね。小説も「実録」ぽかったんだけど、実際でもそのまんまってところが、坂口さんの魅力だよね。

>マジック・ジョンソンのことも。。

そうそう、ジョンソンもそうだし、この王妃は当時のトップスーパーモデルのイマンで、MJが唇を奪ったのは、彼女がデヴィッド・ボウイと結婚するちょい前で、ボウイがブラックビューティーをモノにする前だったっていうところも重要でw、

アフリカの王女を「白い男性」が奪いに来ることを、黒人のMJが演じているみたいなことも、ぜひNMBにも知ってほしいんだけどさw、

無理だよねぇ(笑)だってNMBって、ジョーダンの全盛期に生まれてないような子たちなんだもん。浜本がハリウッドの大スターたちが登場してるっていったとき、エディ・マーフィーだって、NMB世代にとって、有名人かどうか微妙って思っちゃった。

そんな子たちにも「世界的スター」で、まなぶに値すると思われてるマイケルも、なんだかんだ知られてるポールもスゴいけど、そんなポールの半分を買っておいたMJって…(驚嘆)
Commented by kuma at 2015-06-23 00:30 x
ほんとに、まんまMJのコメントですね。
総理やキングは、やはり人として優しくないと。

>そんなポールの半分を買っておいたMJって…

んでもって、優しさには強靱な知性の裏打ちがないとだめなんでしょうね…。

yomodaliteさんおっしゃるように、6月はMJの特集がちょこちょこあるのはうれしいのですが、今日たまたま聴いていたラジオで、音楽評論家の方が、「優しさゆえに繰り返しだまされて傷ついて」みたいなコメントをされており、「むむっ?!」
でも、6年前の自分はどうだっけ、と思うと…難しいものです。
Commented by yomodalite at 2015-06-23 09:18
>「優しさゆえに繰り返しだまされて傷ついて」みたいなコメント、、、

結構あるよね、そーゆーの。

でも「だまされて傷つく」っていうのは、自分の優しさに酔っているような人とか、あるいは人に優しくするより「だまされて傷つく」ことを恐れる人が心配することであって、
総理やキングのように、自分の意思として、優しさを自分の生きる思想にまで高めているような人は「だまされる」ことを恐れたりしない。彼らが何度でもそれを「繰り返す」のは、自分の生き方としてそれを選んでいるからで、こんな強いことはないんだよね。

「優しさゆえに繰り返しだまされて傷ついて」っていうようなコメントは、「だまされて傷ついた」ことのある大勢の人の共感と、MJへの同情という軽い「上から目線」の両方をカバーできているから、常套句として便利なんだよね。「かわいそう」なんていうのは、お天気の話みたいな部分もあるし、このあと、道路状況もお伝えしないといけないしさw
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-06-20 06:00 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite