シルク・ド・ソレイユ『O』(べガス旅行記)

f0134963_13264229.jpg


べガスまで行くんだったら、シルクの他の舞台も観たい。となると、やっぱり1998年初演からずっと高い人気を誇っている『O(オー)』は外せませんよね!

◎[参考記事]ラスベガス一の人気、O(オー)


でも、1列違っただけでチケット代が跳ね上がったりするし、日本から初めて観るショーの席を予約するのも迷いますよね。私たちが観た、正面の前から3番目の席を選ぶときも、ステージに近すぎて、首が疲れないかとか、日本で演劇(シルクではない)を間近に見たとき、彼らの濃いメイクが気になったこともあって、パフォーマーに近すぎることで興ざめしてしまう恐れや、情報によれば、水がかかることもあるということで、少し心配していたんだけど、




f0134963_13242515.jpg



結果的には、ステージが低いので、首が疲れることもなく、ものすごく細かいミストをほんの少しだけ感じただけで、むしろ、水のゆらめきや煌めきも見えて大正解!



f0134963_13574658.jpg


『ONE』でも体験したように、キャスト全員の表情がわかる楽しさから、あと1列だって、後ろには行きたくないぐらいでした。



f0134963_13253542.jpg
ステージまでの距離は『ONE』もこれぐらい近い。



このブログを見てくださっている方は『ONE』目当てでべガスに行かれると思いますが、それでも、ショーを2回楽しむとしたら『ONE』2回じゃなく『ONE』+『O』をおすすめしたいかも。




f0134963_13284539.jpg



ちなみに、1日で2回のショーを楽しむ場合、19:30開演の『O』終了後、全速力で、タクシー乗り場まで行ったら、21:30開演の『ONE』のキャストが登場するギリギリ前に間に合いました。ホテル前に来ているドライバーならわかると思いますが、マンダレイ・ベイの正面でなく、シアターに近い入口に行ってもらいましょう。




f0134963_16325626.jpg
f0134963_13302909.jpg
カジノで賑わう通路を、脇目も振らず一目散に駆け抜ける



シルクのショーは、開演前も色々と楽しませてくれるので、早めに着席して待っていた方が楽しいですが、、そういった部分でも、どちらかと言えば『ONE』に駆けつけた方がいいかも。。(『O』の方がより早い予約が必要みたい)




f0134963_13342578.jpg
「Café Bellagio」
(いわゆるアメリカンサンドを頼んだら、意外とレベルが高かった。
写真はセットのパンだけど)







『O』シアターがあるベラージオと言えば「噴水ショー」も有名で、私たちも観る気満々で、2度もベラージオに足を運んだのに、ショーの時間と重なってるせいもあるけど、なぜか1度も観られなかった(謎)





f0134963_16134610.jpg


ロスのシェラトンもそうだったけど、ベラージオでも、目立つ場所にすでに期間が終わっているはずの「春節」にちなんだ飾付けがされていました。と言っても、東京や大阪のように中国の方が多い印象はなくて、カジノやショーでもあまり見かけなかったんだけどね(春節が終わっていたからかな)。





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/23776654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-03-13 19:13 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite