『ONE』を見終わって。。

f0134963_19444052.jpg



今回のべガス旅行は、kumaさんとの旅行だったのですが、元々ロス&べガスでツアーを組んでいたものの「のっぴきならない事情」により、旅行日の5日前に一旦キャンセルになり、その翌々日、べガス行きだけはなんとか遂行できることになったという、スタート時から、アクロバティックな展開で、




乗り継ぎのため着陸したロスでは、着陸から機外に出るのに40分以上もかかったせいで乗り継ぎに失敗。100%デルタ航空のせいなので、次の便は手配してくれたものの、それが搭乗直前になって、オーバーセルだったことが判明。荷物だけ先にべガスに行ってしまう(ぐっすん)。アナウンスでは「搭乗できなかった方にはホテルと翌日の便を手配します」と言っていたんだけど、ツアー客ではないため、こちらに責任がなかったことを認めてもらうのも一苦労で、交渉はすべて個人負担。

それはそれは長い交渉の末に「こっちのボスはOKなんだけど、あっちのボスが駄目って言ったり、俺も板挟みでどうしたらいいのか。。」なんて弱音をはく窓口の係に見切りをつけ、反対しているボス(高身長のくせにレディガガかっつーぐらい高いヒールをはいている女)のところに直接交渉に行って、ようやく、シェラトンホテルの宿泊と、翌朝の便を確保したものの、べガス滞在時間はさらに短縮。

私はただ見てるだけだったけど、粘り強い交渉をすべて英語でやり通したkumaさんは、苦労の連続だったのだけど。。

シルクのショーは、そんな苦労をすべて忘れさせてくれるほど素晴らしかった。


f0134963_19481845.jpg
鑑賞後のトラムで黄昏れるkumaさん



音楽が『Immortal』よりも素敵に構成されていただけでなく、シルク・ド・ソレイユのショーの本来の形体である特設シアターで観られる『ONE』は、遠くからしか見ることが出来なかった『Immortal』とは別格の感動だったのだけど、

その感動の大半は、パフォーマーひとりひとりの表情がわかるぐらい近くで観たからだと思う(正面の前から6番目)。

素晴らしいパフォーマンスを間近で観ることの喜びが、これほど大きなものだったかと思うほど、生の迫力はスゴくて、どんなにアクロバティックで、パフォーマーの動きがメインであっても、ひとりひとりの顔がわかると、彼らのパワーが伝わって、より深く感動できることを初めて知りました。

それは、ホログラムMJも同じで、

「Billboard Music Awards」のときよりも、顔のグレードが上がっていて(気のせいかな?)、近くで観た方が、魔法を感じるし、造り手の汗も見えるという感じ(逆に言うと、遠くから見た方が「アラ」が見えるかも。。)

熟女の視力はあてにならないし、、

あてにならないのは、視力だけじゃなくて、

涙で眼がかすんでたっつーこともあるけどね。

前と後ろで2回観るべきって書かれてある記事も参考までに貼っておくけど、一応、復習のために、後ろの席(と言っても『Immortal』のS席より近いかもw)を体験した私のおすすめは、べガスまでの長旅に耐えて2回観るなら両方とも、思いっきり前の席の正面で「魔法を浴びる」方かな。


◎[ONEのパフォーマーの参考記事]片足が無いというハンディキャップを抱えながらも見事に踊る、B-Boy HourthことJean Sokさん

◎[参考記事]ラスベガス大全「Michael Jackson ONE」


f0134963_00352690.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/23771382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2015-03-12 15:31 x
yomodalliteさん

本当にお疲れ様でした。
kumaと『ONE』体験を共有しようと思ったばっかりに、ドタキャン、計画変更、乗り継ぎ失敗、荷物迷子、その他その他、幾多の苦難に見舞われ、TDLビッグ・サンダー・マウンテンなんか目じゃないくらいの、ジェットコースターな日々を過ごしてしまったんですものね。でも、

>シルクのショーは、そんな苦労をすべて忘れさせてくれるほど素晴らしかった

と言っていただいて救われましたし、深く深く共感。
あのショーのためなら、すべての苦難もいつか良い思い出に・・・なってほしい!(汗)
私の撮ってきた旅の写真を見て、それからyomodaliteさんの素敵な写真を見た家族には、「ねぇねぇ、同じ場所に行ってきたんだよねぇ」、と問い詰められています。
Commented by ヤンチャ at 2015-03-12 18:37 x
アクロバティックな旅を手に入れたお二人に拍手‼︎まさに、乗り越えた満足感が、kumaさんのトラムで黄昏てるお写真から伝わってきました。そんな中でもちゃんと赤い服装で、隊長を意識されてるあたり、女優になってるし。ハラハラドキドキの映画みたいでしたね。メデタシメデタシで良かった良かった。
隊長もどこかで見てて、あの笑い方で笑ってるかも。
Commented by yomodalite at 2015-03-12 22:51
>すべての苦難もいつか良い思い出に・・・なってほしい!

なってるなってる!(ジミーちゃん風でw)

飛行機恐怖症のため、海外旅行慣れしてない私を連れていってくれて、本当にお疲れさまでした!通訳に忙しくて、kumaさんは写真撮るどころじゃなかったよね!
Commented by yomodalite at 2015-03-12 22:53
>隊長もどこかで見てて、、

そういえば、ここには、隊長に連れて来られたのかな?って思った場所にも行ったのだ。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-03-12 00:44 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite