1984年「EBONY」インタビュー "The Michael Jackson Nobody Knows"

f0134963_22121724.jpg


8つのグラミー賞を獲得した1984年12月に「EBONY」に掲載されたインタビュー。


エボニーは、アフリカ系アメリカ人のための月刊誌で(姉妹紙「Jet」はダイジェスト版)、インタビュー中にも出てきますが、マイケルはエボニー誌を創刊した、John H.Johnsonを尊敬し、このインタビュワーである、Robert E. Johnson は、「Jet」紙の編集局長で、ニクソン大統領とともにロシア、ポーランド、オーストリア、イランを旅し、1979年には、アフリカの通商使節団にも同行するなど、MJが信頼していた人物で、とてもGOODなインタビューになってます。


MJがメモに記した「Incredible Actor」や、「Greatest Actor」とはどういう意味だったのか。とか、


◎[関連記事]1979年「21歳のマニフェスト」

◎[関連記事]80年代前半のメモ


私にとっては、なぜ生前、映画で成功することが出来なかったのか?という答えへの示唆にも感じられたり、読書や、神についてだけでなくマイケルが「真実(truth)」という言葉をどう使っているかにも注目ですし、その他諸々、とっても素敵なインタヴューなんですが、和訳の気になる点は遠慮なくお知らせくださいませ。


f0134963_22223204.jpg

Source : http://en.michaeljackson.ru/ebony-12-84/

☆Google書籍検索の掲載ページ(当時のエボニーは広告にもすべて黒人が使われている)



The Michael Jackson Nobody Knows


EBONY: You have to cope with a lot of stress and pressure in the entertainment business. People make all kinds of requests of you and propositions come from all directions. How do you cope with these stresses and pressures?

あなたはエンターテイメント業界の中で、たくさんのストレスやプレッシャーに対処しなければなりません。 人々は、あなたに様々なことを求めますし、 あらゆる方面から提案がなされます。あなたはそういったストレスやプレッシャーにどう対処しますか?


MICHAEL: I cope with it in a way and I’m not calling myself Jesus because I would never even look at myself on the same level, but I’m comparing it to Jesus because what God gave to him was for a reason and he preached and people came about him and he didn’t get angry and push them aside and say leave me alone, I ain’t got time.

MJ:それに対応するのは、僕は自分を同じレベルで見てるわけじゃないし、自分のことをイエスだなんて思ってるわけじゃないけど、彼は、神に与えられた説教をして、人々はそれで彼の周囲に集まったのだから、イエスは人々に対して怒ったり、彼らを脇に押しやって、ひとりにしてくれ、僕には時間がないんだ。放っておいてくれ。なんて言わなかった。


EBONY: But you must encounter some fans who pressure you and provoke you.

でも、中には、あなたにプレッシャーをかけて、怒らせるファンに遭遇することもありますよね?


MICHAEL: I do get angry at times because there are those who will come up to you with the worst, attitude and will say to you, ‘Sit down, sign my baby’s paper.’ They’ll throw it at you. I’ll say, ‘Do you have a pen?’ ‘You don’t have a pen? Well, go get one. That’s what they’ll actually tell me . … I’m amazed by some of the people. They think they own you. And they’ll say to you, ‘Listen, I made you what you are. I say, ‘Wait a minute. You didn’t just buy it [album] to help me. You bought it because you like it and that’s true.

MJ:たまには怒ることもあるよ。最悪な態度で近寄ってきて、「ここに座って、俺のベイビーにサインをくれよ」なんて言って、紙を投げつけてきてね、僕が「君はペンを持ってる?」って聞くと、「ペンを持ってないなら、お前が取ってこいよ」って。そういうことを言う人が実際にいるんだから、驚くよ。彼らは、僕を自分のものだと考えてて、「いいか、今のお前があるのは、俺たちのおかげなんだからな」なんて言う。「ちょっと待ってよ、君は僕を助けるためにアルバムを買ったんじゃなくて、気に入ったから買ったっていうのが本当じゃないか」


EBONY: You are looked upon as a role model. You once appeared at the Chicago Public Library to encourage young people and adults to read and a book marker souvenir was distributed with a quotation from you. Do you still enjoy reading?

あなたは人々のお手本として尊敬されています。以前、シカゴの公立図書館に登場して、老若男女に読書を薦め、記念品として、あなたの言葉が書かれたしおりも配布しました。あなたは今でも読書を楽しんでいますか?


MICHAEL: I love to read. I wish I could advise more people to read. There’s a whole other world in books. If you can’t afford to travel, you travel mentally through reading. You can see anything and go any place you want to in reading.

MJ:読書は大好きだよ。もっと人々に読書するようにアドヴァイスが出来たらいいんだけどね。本の中には、別の世界がつまってる。旅をする余裕がなくても、精神的な旅をすることができるし、読書によって、何でも見ることができるし、どんなところにも行くことができる。


EBONY: Have you had a chance to do any reading related to the Black experience or in terms of Black history?

黒人が体験したことや、黒人史に関するものを読む機会はありましたか?


MICHAEL: Oh, yes! I’m really thankful for what Mr. [John H.] Johnson has done in bringing books through Johnson Publications…. I think it’s good to show we are contributing to the world in many ways. That’s what a lot of peopie think – that we haven’t.

MJ:もちろんだよ。僕は本当に感謝しているんだけど、ジョン・H・ジョンソンが、彼が創った出版社を通じて、本を流通させたことについてとか、、黒人たちが、様々な形で、世界に貢献していることを示しているのは、すごくいいよね。みんなそれを望んでいたけど、今までにはなかったからね。


EBONY: How do you keep up with what Black people today are doing, saying and thinking? And who are some of the people, other than your family and close associates, who influence your thinking?

現代の黒人たちがしていること、言っていること、考えていることで、あなたが大事にしていることはどんなことですか?また、家族や親しい人以外で、あなたの考えに影響を与えているのは誰ですか?


MICHAEL: I love the way [John H.] Johnson runs his organization. Seems like everybody’s really nice. I’m sure there are quarrels and things, but everybody’s very nice…. and have such an influence on the young. People rule their lives by JET and EBONY. I mean, they get their information from those two magazines and the young kids, too. I’ll say, where did you read it? I read it in JET. And they keep up with what’s happening in JET and EBONY. And I think that’s wonderful… God, I admire people like Johnson and [Walt] Disney. I think they’re phenomenal.

MJ:僕は、ジョンソン氏(John H.Johnson)の会社運営方法が好きだな。誰もが本当に素敵にみえるね。色々と議論があることは間違いないと思うけど、だから、みんなが素晴らしいんだよ。そういった影響を若い人にも与えてほしいね。彼らは『JET』と『EBONY』に従っている。その2冊の雑誌と、キッズから自分たちの情報を得るだろう。僕が、「それどこで読んだの?」て聞くと「JETで読んだ」って言うからね。つまり、みんな『JET』と『EBONY』で何が起っているのか知って、それについて行っているんだ。それは、僕には、神から与えられた仕事をしているように思える。僕はジョンソンや、ディズニーのような人を賞賛していて、彼らはとてつもなく素晴らしいと思ってる。


EBONY: You talk of the influence of books and people in your life. What part does travel play in shaping your attitudes and outlook on life?

本や人々があなたの人生に与えた影響について伺いましたが、あなたの人生観や態度に、旅行が果たした役割についてはどうですか?


MICHAEL: I think before anybody gets married, they should really travel the world if they can. It’s the most incredible education I’ve ever had. I think it’s phenomenal. I mean just to see the different cultures of people, the different faces, to talk to people and just to learn and see…. When I traveled I was amazed. When we first went to Switzerland, I almost started crying. I really did.

MJ:僕は思うんだけど、可能なら、誰もが結婚する前に、ぜひ世界を旅するべきだね。それが僕が受けてきた教育の中で、もっとも素晴らしいものだと思う。本当に違う文化とか、自分たちとは異なる顔の人々を見て、彼らと話すことは、まさに学習であり、観察なんだよ。僕は旅をしたとき、本当に驚いたんだ。最初にスイスに行ったときなんだけど、もう泣きそうだったというか、本当に泣いちゃったんだ。


EBONY: What touched you about that trip to bring about that emotional response?

何があなたにそれほどの反応をもたらし、心に触れたのですか?


MICHAEL: The beauty. It’s like, oh, God, it’s crying out in the sky. It’s an incredible country and it inspires me to see these things – the mountains. The pictures don’t do justice to Switzerland. Then there’s the Netherlands and France. Gosh, they’re incredible, too!

MJ:美しさだよ。まるで神のようなね。もう空の中で叫びたいぐらい、信じられないぐらいの国だった。そういうのが僕を興奮させるんだよね、山々とか。写真でスイスの素晴らしさを判断することはできないよ。そういうことは、オランダやフランスにも言えるけど、今でも信じられないぐらいなんだ。


f0134963_22244749.jpg

EBONY: Obviously, when you travel, you are more than a tourist, you are an observer.

明らかに、あなたは、どんな旅人よりひとりの観察者になっていますね。


MICHAEL: Well, a lot of people just stay in the cities when they travel. They should get out and see the real country. Wherever you go, man-made things are man-made, but you gotta get out and see God’s beauty.

MJ:そうだね。旅をしているとき多くの人々はただ街にいるだけだ。みんな外に出て、本当の国の姿を見るべきだよ。どこに行くにしても、人工のものは人工だよ。神が創った美しさを発見するにはもっと外に出なくちゃ。


EBONY: In your travels, what were some of the countries that impressed you most?

あなたが旅した中で、もっとも印象深い国々は?


MICHAEL: I’m gonna raise my hand on this one. I’ll say this. I always thought that the Blacks, as far as artistry, were a talented race of people. But when I went to Africa, I was even more convinced. They did some incredible things over there [West African countries, including Senegal]. We went to one place out in the flatlands where all these Africans sell their crafts and everything. I went to this one hut where this guy made incredible carvings…. He took a piece of wood and a hatchet - like thing and started chopping and I just sat there amazed. He carved a big face . . . dipped it in some water dried it off and he gave it to me and I paid for it.

MJ:ひとつだけ挙げるとしたら、こう言うよ。いつもそう思ってたんだけど、黒人は芸術的な領域で才能を与えられている人種だけど、アフリカに行ったとき僕はさらに確信したね。南アフリカやセネガルでも、彼らは驚くべきことをことをやってて、僕たちはアフリカ人による工芸品のほとんどを販売しているフラットに出かけて、僕はそこで信じられないような彫刻を創っている人の小屋に入ったんだ。彼は木と手斧のようなものを手に取って創りはじめた。僕が驚いてそこに座っていると、彼は大きな仮面を彫りはじめて、それを水に浸して乾かしたものをくれたので、僕はそれを買ったんだ。


EBONY: You seem impressed by African art but what about African music and dance?

あなたは、アフリカン・アートに感銘をうけたようですが、アフリカの音楽やダンスはどうでしたか?


MICHAEL: When we came off the plane in [Dakar, Senegal] Africa, we were greeted by a long line of African dancers. Their drums and sounds filled the air with rhythm. I was going crazy, I was screaming. I said, ‘All right!’ They got the beat and they got the rhythm…. I just was so glad about the whole thing. This is it, I said. This is where I come from. The origin….

MJ:僕たちが飛行機でアフリカ(セネガルのダカール)降り立ったとき、アフリカのダンサー達が長い列をつくって迎えてくれてね。彼らのドラムや音楽によって、その場の空気がリズムで満たされていて、僕は興奮して「オーライ」って叫んだよ。彼らにはビートがあってリズムもある。僕はそのすべてがただもう嬉しくて。まさにこれなんだって、僕はここから来たんだ。ここが原点なんだって・・


EBONY: You were obviously impressed by your musical roots, so where do you think the Africans derived their musical influence?

自分の音楽の原点がはっきりしたんですね。それでは、あなたは、アフリカ人の音楽はどこから影響を受けたものだと思いますか?


MICHAEL: Music started with nature. Music is nature. Birds make music. Oceans make music. Wind makes music, Any natural sound is music. And that’s where it started.. You see, we’re just making a replica of nature, which is the sounds we hear outside.

MJ:音楽は自然と共に始まったんだよ。音楽は自然そのもの。鳥が創り出す音楽、海が創り出す音楽、風が創り出す音楽、どんな自然の音も音楽だよ。すべてがそこから始まって、、そう、僕たちは、ただ自然のレプリカを創ってるだけ。外で聴く音のね。


EBONY: Did your travels have any influence on the way you think about races of people?

旅行は、人種についての考え方に、影響を及ぼしましたか?


MICHAEL: The main thing that I hate most is ignorance, like the prejudice problems of America. I know it is worse in some other countries. But I wish I could borrow, like from Venezuela or Trinidad, the real love of color-blind people and bring it to America.

MJ:僕がもっとも嫌いなのは、主に無知についてだね。アメリカの偏見という問題。他にもっと酷い国があることも知っているけど、ベネズエラとかトリニダードのような国から肌の色なんて関係のない本当の愛を借りてきて、アメリカに持ってくることができたらって思う。


EBONY: You are making some observations with intense feelings. Please continue.

とても強い感情をともなった見解ですね。どうぞ、続けてください。


MICHAEL: I’m prejudiced against ignorance. That’s what I’m mainly prejudiced against. It’s only ignorance and it’s taught because it’s not genetic at all. The little children in those [countries] aren’t prejudiced. I would like for you to put this in quotes, too. I’m really not a prejudiced person at all. I believe that people should think about God more and creation. …

MJ:僕は、偏見は無知から来ていると思う。偏見を生み出すのは、主にそうだね。それは単なる無知にすぎない教えであって、遺伝とはまったく関係がないから、そういった国々では、小さな子供たちは偏見をもっていない。この部分も引用句として取り上げてもらいたいんだけど、僕はいかなる人々にも偏見をもっていない。人々がより多く神とその創造について考えるべきだと思う・・


Look at the many wonders inside the human body-the different colors of organs, colors of blood-and all these different colors do a different thing in the human body. It’s the most incredible system in the world; it makes an incredible building, the human being. And if this can happen with the human body, why can’t we do it as people? And that’s how I feel. And that’s why I wish the world could do more. That’s the only thing I hate. I really do.

人体の内部の不思議を見てよ。異なった色の器官、血液の色、こういった様々な色が、人体の中で別々の働きをしている。世界一スゴいシステムだよ。人間は、信じられない建築物のように構築されていて、そして、これが人体で可能なのに、どうして、僕たちは、人間としてそう出来ないんだろう? 僕が感じるのはそういうことなんだ。世界はもっとよくなるのに。それらは、僕が唯一嫌いなことで、本当に憎んでることだね。


EBONY: What you have just said is not only compassionate but compelling. How do you communicate such feelings since you don’t make public appearances to express your views in public forums?

あなたが言っていることは、同情しているだけでなく、切実ですね。公共の場で意見を表明するために姿を見せないとしたら、あなたは、どのようにそういった感情を伝えますか?


MICHAEL: I try to write, put it song. Put it in dance. Put it in my art to teach the world. If politicians can’t do it, I want to do it. We have to do it. Artists, put it in paintings. Poets, put it in poems, novels. That’s what we have to do. And I think it’s so important to save the world.

MJ:僕は曲を書いて、歌にしたり、ダンスにしたり、僕のアートを通じて世界に教えたい。政治家には出来ないようなことを、僕はしたいんだ。芸術家は絵に、詩人は詩や小説に、そういうことが僕たちがしなきゃいけないことで、僕は、世界を救うことはとても重要だと思うんだ。


EBONY: Stevie Wonder apparently shares similar feelings, judging by some of his musical messages.

いくつかの音楽から判断すると、スティーヴィー・ワンダーも同じような感覚を共有しているようですね。


MICHAEL: That’s why I love Stevie Wonder’s biggest-selling album called Songs in The Key Of Life. He has a song on that album called Black Man. …. I just jumped up screaming when I heard that record because he’s showing the world what the Black man has done and what other races have done, and he balanced it beautifully by putting other races in there, what they have done. Then he brings out what the Black Man has done. Instead of naming it another thing, he named it Black Man, That’s what I loved about it…. And that’s the best way to bring about the truth, through song. And that’s what I love about it.

MJ:だから、僕はスティーヴィー・ワンダーの最も売れたアルバムである「キー・オブ・ライフ」が大好きなんだ。「ブラック・マン」という曲があって、僕はそれを聴いたとき、ただもう飛び上がって叫んじゃったよ。彼は、黒人が何をしたのかについて、世界に示しているんだけど、そこに、他の人種や、彼らがしてきたことも加えて、素晴らしくバランスをとりながら、黒人がしてきたことを持ち込んだ。そうして、何か別の名前をつけるんじゃなく、「ブラック・マン」と彼は、名づけた。それが、僕が大好きな理由。。そして、それは歌を通して、真実をもたらす最高の方法で、僕がもっとも好きなことなんだ。


EBONY: You don’t seem to have any objections to messages in music as long as the messages are positive. Your music, unlike some artists, stays clear of messages glorifying drugs. But drugs are a reality. How do you view it?

メッセージがポジティブである限り、あなたは音楽がもつどんなメッセージに対しても、異論はないようですね。あなたの音楽は、何人かのアーティストと違って、ドラッグを賛美するメッセージを避けています。 でも、ドラッグは現実に存在しています。 あなたは、それをどのように見ていますか?


MICHAEL: In the field I’m in, there is a lot of that and it gets offered to me all the time. People even go as far as to just… stick it in your pocket and walk off. Now, if it was a good thing, they wouldn’t do that… I mean, would somebody drop something beautiful in my pocket and just walk off? But I don’t want to have anything to do with any of that. I mean, as corny as it sounds, but this is how I really believe: Natural highs are the greatest highs in the world… Who wants to take something and just sit around for the rest of the day after you take it [drugs], and don’t know who you are, what you’re doing, where you are? Take in something that’s gonna inspire you to do greater things in the world.

MJ:僕がいる業界には、それはたくさんあって、僕も常に薦められるんだ。遠くから来て、ただ、僕のポケットにドラッグを突っ込んで、立ち去る人とかね、、それがいいことだとしたら、彼らはそんなことはしないよね。。誰だって、なにか素晴らしいものだったら、僕のポケットに入れるだけで立ち去ったりなんてしないだろう? いずれにしても、僕は、そういったものとは関係をもちたくないね。つまりね、ありきたりなことを言うようだけど、僕は、ナチュラルハイが世界で一番だって信じてる。何かドラッグをやって、残りの1日をただ座って過ごして、自分が誰で、何をやっていて、どこにいるのかもわからないなんて、誰がそんなものを欲しがるんだろう?もっと世界で偉大なことができるように、自分を鼓舞してくれるようなものを取り入れるべきだよ。


EBONY: Do you put God or religion in that process of a natural high?

あなたは、ナチュラルハイのために、神や宗教を取り入れますか?


MICHAEL: Oh, yes, God, really. I believe in the Bible and I try to follow the Bible. I know I’m an imperfect person…. I’m not making myself an angel because I’m not an angel and I’m not a devil either. I try to be the best I can and I try to do what I think is right. It’s that simple. And I do believe in God.

MJ:ああ、うん。神についてはそうだね。僕は聖書を信じているし、聖書に従おうとしている。僕は自分が不完全な人間だと知っているし、自分を天使にしようとしてるわけじゃなく、天使でもないけど、悪魔でもない。僕は自分のベストをできる限り追求して、自分が正しいと思うことをしたい。いたってシンプルなことだよ。僕が神の存在を信じていることもね。


EBONY: Do prayers or praying play a role in your life?

祈りを捧げたり、祈るという行為が、あなたの人生になにか役立ったことはありますか?


MICHAEL: I pray every night. I don’t just pray at night. I pray at different times during the day. When I see something beautiful, whenever I see beautiful scenery – like when I’m flying or something – I say, oh, God, that’s beautiful. And I always say little prayers like that all through the day. I love beauty.

MJ:僕は毎晩祈るよ。夜だけというわけじゃなくて、1日の間の色々な時間に祈る。なにか美しいものとか、美しい光景を見たときとか、飛行機で空を飛んでるときとかね、僕は、「ああ、神さま、美しいです」って言う。そして、1日を通して、そんな感じの小さな祈りをいつもしている。僕は美しいものが大好きだから。


EBONY: Speaking of beauty, you have been associated with in a public way many beautiful people, including your beautiful sisters, LaToya, Rebbie, and Janet, but also Diana Ross, Tatum O’Neal and Brooke Shields. You have been linked romantically with the latter two. Someone said you and Tatum had a lot in common: the parents of both of you are protective – she’s a daddy’s [Ryan O’Neal] girl and you’re a momma’s [Katherine Jackson] boy.

美についての話と言えば、あなたは公の場所に美しい姉妹であるラトーヤ、レビー、ジャネットだけではなく、ダイアナ・ロス、テータム・オニールや、ブルック・シールズといった多くの美女と帯同しました。あとの2人はロマンティックに結びつけられ、あなたとテータムには多くの共通点があるという人もいます。ふたりとも両親によって固く守られていて、彼女はお父さん子(父親はライアン・オニール)で、あなたはお母さん子だと。


MICHAEL: I want all those people who read JET and EBONY to just know that we’re mainly good friends. That’s the main thing. I think for guys, girls make the best friends. And for girls, guys make the best friends….

MJ:僕は「JET」と「EBONY」を読んでいるすべての人に、僕たちが良い友人なんだということを知って欲しいね。重要なことは、男の子にとって女の子は最高の友だちで、女の子にとっても男の子は親友で・・


EBONY: What is your relationship with Brooke? When did you meet and has that relationship developed?

あなたとブルックの関係は?いつ頃出会って、その後どう関係が発展していったのですか?


MICHAEL: We met at the Academy Awards. She asked me to dance because I was not going to ask her. You know, I’m really shy and embarrassed. So she says, ‘I got to dance with you tonight.’ I said, great. So we got together on the dance floor and danced. They were playing that old-fashioned Benny Goodman, Tommy Dorsey music, which wasn’t much of a groove. First, you’ve got all these bald-headed old people on the floor slow dancing, the Lawrence Welk sound. We really couldn’t get into it so we got to talking and got to know each other. We switched numbers and had phone conversations back and forth and we became real good friends.

MJ:僕たちはアカデミー賞で出会ったんだ。彼女が僕に踊ってって言ってきたんだ。なぜって、僕が彼女に言わなかったからさ。すごくシャイだったんだよね。それで当惑してたら、彼女が「私、今夜はあなたとおどるわよ」って、僕は「最高だね」って言って、それで一緒にダンスフロアに出てって踊ったんだ。昔ながらのベニーグッドマンやトミー・ドーシーとか、グルーブ感のない音楽が演奏されてて、はげ頭の老人たちが、ローレンス・ウェルクの音楽をのんびり踊ってたよ。僕たちはあんまり入り込めなかったから、ふたりでしゃべりはじめて、それでお互いのことを知るようになった。電話番号を交換して、互いに電話をかけあって、それで本当に親友になったんだよ。






EBONY: Does this mean that Brooke has replaced Tatum as a special friend?

それは、ブルックが親友として、テータムの後を継いだという意味ですか?


MICHAEL: Tatum calls me all the time and I hope she reads this interview because I’m sorry I couldn’t get all of her calls. But she’s still a wonderful friend of mine.

MJ:テータムもいつも僕に電話をくれているよ。このインタヴューを彼女が読んでくれるといいんだけど、彼女からの電話に出られなかったことがあって。でも、今でも彼女は素晴らしい友だちだよ。


EBONY: Both Tatum and Brook are fine actresses. You did all right I Wiz. What’s in the future for you in films?

テータムもブルックも素晴らしい女優ですね。あなたが演じた『ウィズ』も良かった。今後のあなたの映画は?


MICHAEL: I’m very excited about a lot of things that I want to do and that I’m going to do in films and things. I really can’t wait…. Since The Wiz, incredible offers have come to me, things that are still in the making….

MJ:僕は映画に関してやりたいことがたくさんあってすごくワクワクしてる。もう待ちきれないぐらい。『ウィズ』をやって以来、信じられないようなオファーが来ていて色々と進行中で・・・


EBONY: You once said that you will be careful about choosing your next role so that you won’t be typecast anymore. You said that since The Wiz, some people still call you Scarecrow because of that character role you played.

エボニー:あなたはかつて自分が型にはめられないように、次の役選びには慎重になるだろうと言ってましたね。『ウィズ』で演じた役のせいで、未だに「かかし」だって言われると。


MICHAEL: Whatever role you play, people link it with your personality. But it’s acting. You’re portraying another person…. I wish it wasn’t called acting because I don’t really like actors, I mean, the word acting.

MJ:どんな役を演じても人々はそれを俳優の性格と結びつけるよね。でも、それは演技なんだ。別の人物を演じているんだよ。演じる。なんて言い方をしなければいいと思うね。僕が俳優(actors)が好きじゃないと思うのは、演じる(acting)という言葉にあると思う。


EBONY: Please elaborate.

詳しく聞かせてください。


MICHAEL: I don’t think acting should be acting. Acting, if you’re acting, you’re imitating realism. You should create realism. It should be called believing. You see, I always was against it when I thought about acting. I don’t want to see an actor. I want to see a believer. I don’t want to see anybody that’s gonna imitate the truths. It’s not real then. I want to see a person that’s gonna believe the truth…. That’s when you move an audience.

MJ:僕は演技を、演じなければならないものだとは思わない。演技というものが、演じているということなら、リアリズムを模倣していることだけど、リアリズムの方を創造すべきなんだよ。それは演じるではなくて(acting)、信じる(believing)と呼ばれるべきなんだ。僕は演技について考えているとき、いつもそれに反対だったんだ。僕は演じている人(actor)なんか見たくない。僕は信じる人(believer)が見たいって。あたりまえのこと(truth)を模倣するような人なんか見たくない。それは、その時点で本当のこと(real)じゃない。僕は、真実(truth)を信じようとしている人に会いたい・・・観客の心に響くのは、そういうときなんだよ。


EBONY: What kind of questions do you wish you would be asked but nobody ever asks you?

あなたがされたいと思う質問で、今まで誰もしなかった質問はどんな種類のものですか?


MICHAEL: That’s a good question. Probably about children or writing, or what I just talked about…. You don’t make a better world of minds and things when people put the wrong things in their lyrics and give the wrong views on stage and everything. It’s just so important and I think this can lead so many people astray,

MJ:いい質問だね。子供たちについてのこととか、作曲についてとか、僕が今話していたようなことかな。人が間違ったことを歌詞の中に入れていたり、ステージやなんかで、人々に様々な間違った見解を与えていたりしたら、それはすごく重要なことで、大勢の人を誤った道に導くことになると思う。


because an artist can be built up so big in his career that this could change the whole world by what he does and thinks. They’ll listen to him before the President or any of these big politicians. You have to be careful. They could change these peoples’ way of life by what they say and do. That’s why it’s important to give off love vibes and that’s why I love what I do…

アーティストは、ビッグになるまでのキャリアで鍛え上げられていて、彼らは考えることで、全世界を変えることができる。みんな、大統領や、大物政治家の話よりも、彼らの話に耳を傾けるだろう。慎重にならなきゃ。アーティストが言ったり、することによって、人々の生き方を変えることができるんだから。だから、愛の感覚を送ることが重要で、自分がしていることが好きな理由もそういうこと。

When Marvin Gaye put out the album, What’s Going On, so many Blacks as well as Whites-but mainly Blacks- were educated. ‘Wake up. What’s going on? Wake up.’ I mean the ones that don’t watch the news, don’t read the papers to really dig in the depths of humanism. What’s going on? Wakeup.

マーヴィン・ゲイが『What’s Going On』を出したとき、多くの黒人だけでなく白人も、と言っても主に黒人だけど、教育されたよね。「目を覚ませ、何が起きてるんだ?目を覚ませよ」僕が思うに、ニュースも見ない、新聞も読まない、人道主義を深く掘り下げようともしない、という人たちに、どうなっているんだ?目を覚ませって。


EBONY: There have been some campaigns against so-called dirty lyrics songs by some popular musical groups. Do you have any views about such groups and their lyrics?

いくつかのキャンペーンで、人気のある音楽グループによるいわゆる汚い歌詞の歌に反対していました。あなたはそういったグループや歌詞になにか意見がありますか?


MICHAEL: Sometimes they go too far. They don’t leave anything for the imagination. If I just walked out on stage naked, there’s no imagination. I’m not letting them imagine what I look like without the clothes. But, you see, they overdo it…. We got to leave them something to imagine. People go too far at times. I think it’s important to set the right example because there are so many kids who look up to us.

MJ:時々、彼らは行き過ぎているね。想像力を喚起するためのものを、何も残さないというか。例えば、僕がステージに裸で出て行くなんて、観客は想像もできないよね。僕は、観客に、衣装のない僕がどう見えるかについては想像させない。だけど、そういった連中は、それをやり過ぎてる。。僕たちは、なにかを想像させるための余地を残しておかないと。人は、時に度が過ぎる。 僕たちを尊敬する多くの子供がいるんだから、僕は、正しいお手本を示すことが大切だと思う。


* * *


As the most productive year of his entertainment career comes to a close and his talents helped him gross about $100 million, Michael is not content to rest on his laurels or his loot. He faces a future guided by two observations, both of which he made:

彼のキャリアの中でも最も生産的だった年が終わり、自身の才能によって、およそ1億ドルを稼ぎながら、マイケルは栄冠や戦利品を得ることだけに満足していない。 彼はふたつの見解によって導かれる将来に向かっているが、その両方とも彼自身の言葉だ。


“I’m interested in making a path instead of following a trail and that’s what I want to do in life – in everything I do,” Michael told this writer in an interview on July 13, 1979.

「僕は今ある道をたどるのではなく、自分で道筋を創ることに興味を持っている。それが、僕が人生でしたいこと。僕がするすべてにおいてね」


マイケルは1979年7月13日のインタビューで、筆者にそう語った。


He made the other observation in his role as Scarecrow in The Wiz, a movie in which he co-starred with one of his dearest friends – Diana Ross. In a scene near the end of the film, Michael spoke these words through his Scarecrow character:

彼のもうひとつの見解は、彼の一番の親友ダイアナ・ロスと共演した『ウィズ』でのかかし役のセリフで、映画の終わり近くの場面で、マイケルはかかしのキャラクターを通じて、こんな話をした。


“Success, fame, fortune – they are all illusions, All there is that is real is the friendship that two can share.”

「成功や、名声、運とか、そういうのはすべて幻想さ。そこにあることで、本当なのは、ふたりでわかちあえる友情だけだよ」


Those are the thoughts of the Michael Jackson that nobody knows. 

そういったことが、知られざるマイケル・ジャクソンの想いなのだ。


(了)


シカゴ図書館で配布された「book marker souvenir」って、1979年の "Boogie To The Book Beat” のときに配られたものだと思うんだけど、ずっと気になってるんだけど、一度もお目にかかったことなくて、ご存知の方は教えてくださいませ。


それと、インタビュー前の文章は省略しましたが、そちらも素晴らしい文章なので、いつか追記したいと思います。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/23706126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-02-23 12:20 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite