「全部摘出」―私は貝になりたい〈VOL.2〉/高須基仁

全部摘出「ゼンテキ」―私は貝になりたい〈VOL.2〉

高須 基仁/展望社

undefined


例のごとく、ダーリンが隣でこの本を読んでいて、しきりに、「へぇーーそうだったんだぁ」とかね、言ってくるわけですよ。たしかに下品そうに見えても、高須氏の本が面白いのは、『悪名正機』で、経験してますけど、今、それどころじゃないんだってば。。って何度も言ってたら、

「高須って、おもちゃ会社のトミーから外資系おもちゃ会社にヘッドハンティングされて、そこで作った “マイケル・ジャクソン人形” を三浦和義の “フルハムロード” に。。。

って、瞬殺の「キラーワード」をぶっ込まれて、、(泣)

表紙には『私は貝になりたい』のVo.2と、ありますが、高須氏の出版社である「モッツ出版」の書籍情報にはなく、なぜか別の出版社から発売されていて、


内容は月刊『サイゾー』に連載中の《高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"》の


2007年から、2014年の7年間がまとめられています。

7年も前の芸能・スポーツ記事ですし、冒頭には「熟女フーミン」とか「愛染恭子」とか、マジでどーでもいい名前が飛び込んできたものの、うっかり、細川ふみえの意外な姿を知ってしまったり、小池百合子の褒め方を学び、加護ちゃんではなく、加護ちゃんの母をどう脱がすかとか、華原朋美とか、小向美奈子とか、石原真理子とか、LiLiCoとか、相撲界のタブーとか、清原や、ジョニー大倉を応援することとか、ホントにどーでもいいことが盛りだくさんで(笑)、

鳥越俊太郎に怒り、橋本大阪市長とタイタンの関係や、2011年は国家によるいじめの年だったと総括し、三浦和義の自殺の本当の理由に触れ、領土問題や、原発問題を語りながら、同業者や関係者やその他諸々を名指しで批判しまくり、

柳美里や、ホリエモンや、大物右翼との対談などなど、

興味がないだけでなく、褒められている人の中には、キライな人がいて、批判されている人の中には、好きな人もいるのだけど、

高須氏が面白いから、結局ぜんぶ面白くて、

とても充実した「暇つぶし」ができました!


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/23662117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-02-12 06:00 | エッセイ | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite