人生を変えたければ「桜井章一」を見よ/桜井章一、名越康文

人生を変えたければ「桜井章一」を見よ! (成美文庫)

桜井 章一,名越 康文/成美堂出版



桜井章一氏は、20年間無敗のまま引退した伝説の麻雀士。著作も多い方なんですが、名越康文氏との共著があることを知り、初めて読んでみました。

対談ではなく、桜井氏が語ったテーマに対して、名越氏が「診断」を下すという形になってはいますが、精神分析をされているのではなく、名越氏は、テーマを掘り下げたり、解説をされるという形になっています。

共に、自己啓発分野での著作が多い方なので、どこを選ぼうか迷いましたが、

下記に少しだけメモしておきます(省略して引用しています)

「友達ではなく仲間」

(桜井)「嫌いな人っているんですか?」と聞かれることがある。確かにそう考えると、嫌いな人はあまりいない。ただ、私には友人とか親友とか、そういった友達がひとりもいないことに気づいた。では、何がいるのか?私には《仲間》がいるのだ。

「友達」、「親友」というくくりで考えてしまうと、人間関係の幅が狭くなる。どうしても都合のいい人間、分かり合える人間を選んでしまうからだ。ただ、そこに《仲間》という感覚を持ち込むだけで世界が広がる。1人では絶対に出来ないようなことも、仲間がいれば可能になる。人間関係で悩んでいる人も、一対一の直線的な思考ではなく、仲間としての丸い輪、円のような考え方にするだけで、かなり違ってくるのではないか。

(名越診断)僕にとっての友達、親友というのはシンプルで《尊敬できる人》です。《対等な人》と思ったことはありません。ただし、この《尊敬》の内容は、社会的な価値観や道徳とは何の関係もありません。少なくとも僕はそう認識しています。そして不思議なことに、そういう人たちと近づけば、近づくほど、その人の凄さを言葉に表せなくなるのです。桜井氏は仲間を《円》という言葉で表現しています。ここに僕は《円》という表現でしか言い表せない、人生の妙味を感じます。

ただ、《円》という思想、考え方は非常に危険な部分もあります。禅の世界や、タオイズムの悟りでも《円》が用いられます。それら一大思想を築いた方たちが悟りの境地で体感したのが、《円》だったということにはまったく異論はありません。ただ、悟ったふりをしている人、悟りの境地に憧れるあまり、大きなエゴをもってしまった人も、やはり《円》を持ち出すものなのです。《円》というのは非常に難しい概念で、そこにはさまざまな考え方が玉石混淆していますが、それらのほとんどが、玉ではなく《石》です。そういった世の常を見定めてゆくことが大切だと思っています。


「目的意識をもたない」

(桜井)現代に生きる人々にとっての目的意識とはいったい何だろう。答えはいろいろあると思うが、集約すると、

「勝つため」
「偉くなるため」
「お金持ちになるため」

この3つに行き着くのではないだろうか。こんな目的をもつから人間はダメになっていくのだ。結果だけを求め、そこに行き着くまでの過程はどうでもいいという精神。結果主義は人間の弱い心をくすぐり邪心を刺激する。他人を羨むとか、妬むとか、他人よりも偉くなりたいとか、お金持ちになりたいとか。そんな目的意識、生き方は自然界にはない。

(名越診断)目的意識が自身の確かな感覚体験に基づかず、既存のものを鵜呑みにすることほどみじめな生き方はないと思います。何がみじめかと言うと、その人からどんどん個性が失われ、考えること、感じることもどこかで聞いたような中身になってゆくからです。でも、無気力になっているわけではないのです。逆にやたら活発な人が多い。それはただ熱を感じさせるだけで、心の弾力や強さは伝わってきません。

目的意識は人のためにもつようなところがあります。自分を尊敬させるため、見えやすく分かりやすくするため、あるいは真面目そうに見せるために持つこともあるかもしれません。しかし、真の意味での目的、目標というのは、人生を生き切った時にはじめて、何を目指していたのか気づいたり分かったりするものなのではないでしょうか。

また道徳、宗教、哲学というのは崇拝の対象になりやすいものです。崇拝とは自分の欠落した部分を埋めようとする行為で、誤った、《熱》を持ちやすいものなのです。

熱さとは《欠落》です。しかし、だからと言って宗教的なものを何でも否定しようとするのも考えものです。ヒステリックな言動、否定しようとする情熱も何かの欠落なのです。そういうことを僕たちは理解しておかなければならないと思います。

(引用終了)

《円》という概念は玉石混淆で、ほとんどは《石》。熱さとは《欠落》

ふぅ。。。

桜井氏の魅力が伝わりにくい部分を紹介してしまったかも。。桜井氏の本はまた読んでみようと思います。

[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/23559660
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2015-01-16 13:16 | 精神・教育・自己啓発 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite