和訳 I searched FOR MY STAR『Dancing the Dream』[16]

f0134963_12462098.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に

収められた「I searched FOR MY STAR」の和訳です。

気になる点や間違いは遠慮なくご指摘くださいませ。



I searched FOR MY STAR

自分の星を探すこと


When I was little I used to lie on my back in the grass at night. I began to tell one star from another and wished that one of them could be mine, like an imaginary friend.


僕はこどもの頃、夜になると草の上に寝転んで、星のひとつひとつを見分けられるようになると、どれかひとつを僕が思い描く友達のように、自分のものにしたいと思った。


First I picked the Pole Star, because it is the easiest for a child to find, once you know that the Big Dipper is about to catch it. But I wanted my star to be a moving star, and not such a constant one. Besides, the sailors at sea would be lost without the Pole Star to guide them.


最初に、北極星を選んだ。北斗七星がわかれば、こどもにとっては一番見つけやすい星だから。でも、同じところでじっとしているより、自分の星は動いている方がいい。それに、北極星がなくなったら、船乗りたちが迷ってしまうかもしれない。


Next I picked out two special stars in the heart of the Swan. All the other stars looked white, but these were bright blue and gold. They reminded me of twin jewels, but before I could choose, I stopped. They belonged to each other, and it wouldn't be fair to take just one.


次に目をつけたのは、白鳥座の中心にある特別なふたつの星。他の星はすべて白く見える中、このふたつだけは、明るい青色と金色に輝いて宝石のよう。だけど、僕は選ぶのを思いとどまった。ふたつの星は互いに強く結びついていて、どちらかひとつだけ選ぶなんてできない。


Orion's belt caught my eye for a moment, but I'm not a hunter. I had better leave the Dog Star alone too, with its nose pressed to the celestial trail and its tail thumping the sky.


一瞬、オリオン座の三つ星にも惹かれたけど、僕は狩人じゃない。天体の軌道に鼻をおしつけ、尻尾を振っている、大犬座のシリウスもそのままにした。


Last of all I turned to my favorites, the Seven Sisters. To me they were like elegant ladies getting ready for a ball, wrapped in a gossamer blue cloud. But who has the heart to tear seven sisters apart?


最後に、僕はお気に入りのスバルに目を向けた。青い蜘蛛の糸のようなものに包まれて、それはまるで舞踏会に出かけるレディーのよう。でも、誰がこの7姉妹の心を引き裂くことができる?


My game taught me a lot about the night sky, but I was growing up. The whole idea of having my own star faded, and it was hard to remember if I had ever chosen one in the end. People began to tell me that the word "star" meant something quite different. I half believed them, then one night I was tossing in bed, hurt and worried. My heart felt heavy with troubles. Stumbling to my feet, I looked out the window. Thick clouds masked the midnight sky. No stars!


こういった遊びは、夜空について様々なことを教えてくれたけど、僕は成長し、自分の星を持とうという考えは薄れ、最終的にひとつを選んだのかどうかも思い出せなくなった。人から「スター」という言葉は、そういう意味じゃないんだと聞かされ、僕も半ばそれを信じ始めたある夜のこと。僕は傷つき、不安を感じて、ベッドで何度も寝返りを打っていた。トラブルを抱え、重たい気持ちだったのだ。よろめく足で窓辺に行き、外を眺めると、濃い雲が真夜中の空を覆っていて、星はなくなっていた!


I trembled to think of a world without stars. No guide for the sailor to trust at sea, no jewels to dazzle our sense of beauty, no hunter pointing to the next horizon, no lovely ladies trailing perfume to heaven's ballroom. But all around the globe, the air is so dirty and the lights from cities are so bright that for some people few stars can be seen anymore. A generation of children may grow up seeing a blank sky and asking, "Did there used to be stars there?”


星のない世界を思って、僕は身震いした。海で船乗りが信頼できる導きはなく、まばゆい美しさをもつ宝石もなく、新たな地平を指差す狩人も、天界のダンスホールで麗しい薫りを漂わせているレディーもいないなんて。地球のあらゆるところで大気は汚れ、街の明かりは強く、星は今ほとんど見えない。子供たちの世代は、空っぽの空を見上げて、「昔はここに星があったの?」と尋ねるようになるかもしれない。


Let's give them back the sky and let's do it now, before it's too late. I'm going to search for my star until I find it. It's hidden in the drawer of innocence, wrapped in a scarf of wonder. I'll need a map to tell me which hole it should fill, and that will be a small one. But there are nearly five billion of us on earth, and we all need the sky. Find your star and throw it up to heaven. You still have it, don't you?


今すぐ、空に星を取り戻そう、手遅れにならないうちに。僕は、自分の星を見つけるまで探すつもり。それは、不思議という名のスカーフに包まれて、無垢という名の引き出しの中に隠れている。それは小さなものだから、僕がどの穴にそれを納めればいいのかは、地図を必要とするだろう。でも、地球には50億もの仲間がいて、みんなが空を必要としている。君が星を見つけたら、それを天高く放り投げて。君はその手にまだ星を持っているだろう?


(訳:yomodalite)


◎[Amazon]DANCING THE DREAM


f0134963_13103240.jpg
photo : http://moonwalkstyles.tumblr.com/post/94738509274







[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/22893348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-09-09 13:40 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite