イッツ・ベリー・ミステリアス、ユウ、ノウ?[1]

f0134963_22421136.jpg
画像使用:速水御舟『炎舞』


moulinさんから教えてもらったエピソードです。。

(週刊NY生活ニュースより省略して紹介)


1995年にレコーディングでニューヨークに滞在していた時、マイケルは、連日寿司のテイクアウトを注文していた。本人が直接、車の中から電話をかけてきて「トロとサーモンと鉄火」と言うのだ。


食事が終わった頃を見計らって座敷に入ると、彼は、畳の上でリラックスした様子で、腹ばいになり、両肘を立てて顔にあて、「サクラ、サクラ」を歌っていた。

 

「サクラ~サクラ~、ヤヨイノソ~ラアハ~、ミワタスカ~ギイリィ~」


「お上手ですね」と言うと、


「日本ツアーに行った時にいろいろ童謡を覚えたんだよ」と答えた。

 

「いっぱい童謡がある中で、どうしてまたサクラなのですか」と尋ねると、


「イッツ・ベリー・ミステリアス、ユウ、ノウ?」と、マイケルは言った。




f0134963_22062501.jpg

いったいどんな樹の花でも、いわゆる真っ盛りという状態に達すると、あたりの空気のなかへ一種神秘な雰囲気を撒き散らすものだ。それは、よく廻った独楽が完全な静止に澄むように、また、音楽の上手な演奏がきまってなにかの幻覚を伴うように、灼熱した生殖の幻覚させる後光のようなものだ。それは人の心を撲たずにはおかない、不思議な、生き生きとした、美しさだ。


二三日前、俺は、ここの溪へ下りて、石の上を伝い歩きしていた。水のしぶきのなかからは、あちらからもこちらからも、薄羽かげろうがアフロディットのように生まれて来て、溪の空をめがけて舞い上がってゆくのが見えた。おまえも知っているとおり、彼らはそこで美しい結婚をするのだ。


しばらく歩いていると、俺は変なものに出喰わした。それは溪の水が乾いた磧へ、小さい水溜を残している、その水のなかだった。思いがけない石油を流したような光彩が、一面に浮いているのだ。おまえはそれを何だったと思う。それは何万匹とも数の知れない、薄羽かげろうの屍体だったのだ。隙間なく水の面を被っている、彼らのかさなりあった翅が、光にちぢれて油のような光彩を流しているのだ。そこが、産卵を終わった彼らの墓場だったのだ。


俺はそれを見たとき、胸が衝かれるような気がした。墓場を発いて屍体を嗜む変質者のような残忍なよろこびを俺は味わった。


この溪間ではなにも俺をよろこばすものはない。鶯や四十雀も、白い日光をさ青に煙らせている木の若芽も、ただそれだけでは、もうろうとした心象に過ぎない。俺には惨劇が必要なんだ。その平衡があって、はじめて俺の心象は明確になって来る。俺の心は悪鬼のように憂鬱に渇いている。俺の心に憂鬱が完成するときにばかり、俺の心は和んでくる。


ああ、桜の樹の下には屍体が埋まっている!


いったいどこから浮かんで来た空想かさっぱり見当のつかない屍体が、いまはまるで桜の樹と一つになって、どんなに頭を振っても離れてゆこうとはしない。。。


梶井基次郎『桜の樹の下には』より抜粋。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/22774649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Jean moulin at 2014-08-22 20:45 x
いつの時代のMJも素敵だけれど、歳を経るごとに優美さが増して、それに加えThis is it の時は、実体を感じさせないような神々しさまでも加わってるように感じたけれど、その無比の存在感が、画の持つ物質生と融合していて、「花」も、完成度の高い共作だ思います。
でも、大好きな加山又造もMJの背景に見えてしまうような気がするんだけど。
この写真を見てから「花」のオリジナルを見ると、なんか欠落感が・・。
加山又造自身もここに何かを彷彿とさせるために、この構図にしたのかも。
加山又造が、桜と並んで炎を描いたのも、この梶井基次郎の文章と合わせて読むと、凄く明確に伝わってくるね。
文学でも、美術でも、もちろん音楽も、芸術は人と天を
結ぶとあらためて感じるような作品をありがとう。
Commented by Jean moulin at 2014-08-23 09:59 x
速水御舟の名作「炎舞」も、MJと重なると、こんな表情を顕すんだと驚きます。
本当にMJにおいては、文化の国境を感じないよね。
て、これ「金閣寺」の表紙じゃ・・?
と、思って見直すと、両氏の美に対する共通点が見出されたり、表現の違いが際立ったりするね。
サクラの話し、こんな素敵な記事にしてくれて、ありがとう!
Commented by yomodalite at 2014-08-23 10:58
moulinさん、ありがとーーーーー!!!!

>大好きな加山又造もMJの背景に見えてしまうような気がするんだけど。

あわわ。。こーゆーマスターピースの組合せって、通常は絶対さけたいって思うんだけど、、お互いに陳腐になってしまいそうだし、、大体、MJの写真をいじることだって、生き生きとした美しい華を、香りのない造花にしてしまいそうで、私も何年も自粛してたぐらいなんだけど、

不思議だよね。自分で言うのもなんなんだけど、あまりの納まりの良さに自分でもビビった(照)

前は、MJの絵の趣味ってイマイチだと思ってたんだよね。写真もフィルムもセンスいいのに、なんでかなぁって。。ただ、日本人の顔を描くのに、西欧絵画の肖像画の技法ではむずかしいように、MJの顔もマスターピース級の絵画として考えると、なんか向いてないのかも、、とか、思ってるうちに、日本画は、MJにすごく向いてるような気がしてきたのね、加山又造が、MJを描けばよかったのに、、って。
Commented by yomodalite at 2014-08-23 11:07
だって、MJって、花鳥風月の中に入りそうじゃない。

月、風、MJ、花、でもいいじゃん。みたいな、、(金とか、銀も使えるし、もう今から日本画学ぼうかな..w)

彼自体がもともと、そーゆー風景を常にしょっているというか、溶け込んでいるというか、、

>「金閣寺」の表紙じゃ・・?

あっ、そうなんだ。。家にあるのは、オレンジ文字のやつだから気づかなかった。。
またもや、三島と似ているところ発見(嬉)!。

三島が、見た目も「桜が似合う男」になりたいと思ってたとしたら、MJに嫉妬しちゃうかもね。
Commented by jean moulin at 2014-08-24 11:34 x
>あまりの納まりの良さに
うん、うん、MJもこの写真みると喜ぶと思うよ。

>加山又造が、MJを描けばよかった
見てみたいなあ!いいと思う!

>月、風、MJ、花、
ん? これはいいのかな?

>MJに嫉妬
これは、いろんな意味でするかも・・
愛しちゃうかもね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-08-21 08:05 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(5)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite