In The Cool !!!

f0134963_19010846.jpg


残暑お見舞い申し上げます!



f0134963_19021097.jpg




[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/22768806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kuma at 2014-08-21 12:19 x
残暑お見舞い申し上げます。

なんど見てもいつ見てもとびきり美しい、In the ClosetのMJがさらに
Coolに!
うだる暑さの上に、うっとうしいことの多いこの夏を、yomodaliteさんの素敵な「写経」に助けられながら過ごしている次第です。
今回の写真、先頃公開されたA Place With No NameのPVにおける、水+MJのCoolさをしのいでいるのではないかと♪

前記事は、炎+MJでしたね。
私は、なぜか不動明王を連想してしまいました。マイケルは、あんなこわい顔はしていないけど、不動=ぶれない、だし、明王=(仏の)知恵を身につけた人、ってことで、それほど見当違いでもないか(笑)、と無理勝手に納得しています。
確かマイケル、 Balck or White でも炎の中を歩いていますよね。あれは彼の心に燃えさかる炎なのか、彼がくぐらなければならなかった炎なのか・・・。

yomodaliteさんの記事を読むと、いろいろ考えられて、うれしいです。
Commented by yomodalite at 2014-08-21 21:42
kumaさん、ありがとーーーーー!!!

>先頃公開されたA Place With No NameのPV…

曲のアレンジには未だに慣れないものの、インクロには含まれてなかったMJのムーブがあるのは嬉しかったよね。水の映像とかなくても、MJはCoolなんだけどさ。。

>なぜか不動明王を連想してしまいました。

私も、なにを見てもMJを思い出してしまう重病患者ではあるんだけどw、でも、日本の仏像を見ると、MJを思い出すひとって、結構多いんじゃない。不動明王もそうだし、阿修羅像や、観音像も、MJを思い出すよね。

>Balck or White でも炎の中を歩いていますよね。

Balck or Whiteは、ホームムービーから始まるのに、後半は過激な表現で占められてるし、タイトルもそうだけど、両義的だよね。MJは、自分のダンスは、速く回れば回るほど、ぼくの内側はより静かになり、外側は「動」で、内側は「静」だと言ってるけど(Dance of life)、ホントにものすごく動いているんだけど、MJ自身はすべての瞬間を止めたときのことも考えてるみたい。。
Commented by momosan at 2014-08-25 17:35 x
残暑お見舞い申し上げます。

いつも楽しく拝見しております!
私も同じく、何をしても、見ても、きいてもマイケルを感じます(笑)
マイケル病 1年生です。

最近、わたしの頭を占領しているのは「果たしてマイケルは悟っていたか?」です。
釈迦やスピリチュアルリーダーが言う「悟り」や目覚め、覚醒体験。
マイケルはいわゆる「わかっちゃった」人なのか。

わたし自身は「わかっちゃった」人ではないです。いっそ悟ってしまいたいのだけれど(笑)

なんせこの手のテーマは大風呂敷になりがちで仏教から物理学へ寄り道しつつ、いずれ収束するまで旅は続きます…♪

つらつら書いてしまいましたが、こちらのステキな画像に癒されました。。
ブックマークさせて頂きます。
Commented by yomodalite at 2014-08-25 22:26
momosanさん、はじめまして。コメントとブックマークありがとうございます!

>最近、わたしの頭を占領しているのは「果たしてマイケルは悟っていたか?」です。

せっかく画像に癒されたと褒めてくださったのに、もしかしたら癒されないことを書いてしまうかもしれませんが、、

マイケルのことを研究するようになって、私がもっとも勉強になったと思っていることは、何かを知ろうとする場合、必ず、その原点(パイオニア)から学べ。ということなんです。MJは常にそれを心がけていたみたいなんですね。私たち女子は(あ、そうですよね?)とかく最後の女になりたがりますしw、最新のものとか、時間を経て進化したもの、最終的な結論を知るのが、てっとり早いと思いがちですが、偉大な男は原点から学んで、自分もパイオニアになろうとするようです。

以前は、私も仏教といえば「悟り」というイメージでしたが、MJから学んで、勉強するうちに、ブッダ自身は今言われているような形での「悟り」について、それほど重要視していなかったと思うようになりました。仏教が教団化していく中、弟子たちが、学者化し、精神世界に成績をつけるように悟りというものを重要視するようになった(続く)
Commented by yomodalite at 2014-08-25 22:26
ですが、仏教も、キリスト教も、イスラム教も、ユダヤ教も「始祖」はすべて革新的な「行動者」で、マイケルもそういった人々を尊敬しているようです。

また、仏教は、最新の物理学を先取りしていたというようなことで、一神教より優れているというようなことをいう仏教者もいますが、物理学は一神教の土壌からでなければ、発展しなかったでしょう。

私は、スピリチュアル業界のリーダーが、マイケルのことを「覚醒者」と呼んでも、悟っていないと言っても、どんな資格があって、そんな判定ができるのか、不思議に思います。

マイケルは自分の無知を自覚し、最後まで疑問を持ち続けていましたが(最後の外出も書店だったと言われています)、持てる愛はすべて人々に注ごうとしていました。それは、私たちだけでなく、数多のスピリチュアルリーダーよりも「わかっちゃった」人だと、私は思っています。

大風呂敷なテーマが大好きなので、つい、メンドクサイことを言ってしまいました。

これに懲りずに今後ともよろしくお願いします。
Commented by その2 momosan at 2014-08-26 08:30 x
yomodaliteさん

コメントありがとうございます♪
読み進めるうちに、背もたれから背中が離れました。

マイケルを知らないと知ちゃって1年、その「知らないと知っちゃった」体験だってある意味目覚めだし、ほんと、覚醒云々を探ったところで何をもって判定するのだろうか(汗)最後の女になりたガール、意味付けしたガールですわ。あ、ガールはとっくに過ぎたお年頃でしたw

最後の外出が書店だったのですね!知ることができて良かったです。
今後ともよろしくお願いします♪
Commented by yomodalite at 2014-08-26 09:45
>その「知らないと知っちゃった」体験だってある意味目覚めだし、

ですよねーーー!!!

長々と書いていても、結局言葉足らずになってしまうことが多い私ですが、momosanさんが「いい感じ」に受け止めてもらえたので助かりました!(嬉)

>あ、ガールはとっくに過ぎたお年頃でしたw

ガールはいくつになっても「ガール」ですよぉ「こどもの心を忘れない」は、MJ最大の教えですからね!

でも「無知」は偏見を生むので、子供たちには読書の大切さを教えていますし、自分が「わからないこと」を意識して、好奇心を持ち続ける。それが、マイケルが「無垢」な感覚を維持できた「コツ」みたいです。

>最後の外出が書店だったのですね!

厳密に「最後」かどうかはわかりませんが、MJが稀なレベルの読書家であることは間違いないです。ツアーで行ったどの国でも、必ず書店を訪れていますし、ネバランには1万冊以上の蔵書がありました。

◎地元書店の話
http://nikkidoku.exblog.jp/19845786/
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-08-20 08:47 | MJ系ひとりごと | Trackback | Comments(7)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite