和訳 Ellie Goulding “Anything Could Happen”

f0134963_12220781.png


お気に入りのMJマッシュアップとして紹介した
エリー・ゴールディングの「Anything Could Happen」の和訳です。

*印部分だけでなく、あちこち悩んで訳していますので、
気になる点や、間違いのご指摘は遠慮なくご指摘くださいませ。





Anything Could Happen
Written by Ellie Goulding and Jim Eliot


Stripped to the waist
We fall into the river
Cover your eyes
So you don't know the secret
I've been trying to hide(*1)

上だけ脱いで、わたしたちは河に飛び込んだ
あなたは目を閉じて、秘密を知ろうとせず
わたしもずっと隠してきたの

We held our breath
To see our names are written
On the wreck of '86(*2)
That was the year
I knew the panic was over

私たちは息を殺して、
わたしたちの名前が書かれてある
1986年の残骸を見たの
あの年がそうだったなら
混乱が終わるのはわかっていたわ

Yes since we found out
Since we found out
That anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could

そう、わたしたちはわかっていた
わたしたちは知っていた
何でも起こりうるということ
何が起きても不思議ではなく
何が起きるのかわからないということも

After the war we said we'd fight together
I guess we thought that's just what humans do
Letting darkness grow
As if we need its palette and we need its colour
But now I've seen it through
And now I know the truth

諍いのあと、私たちは一緒に戦って行くと言い
私たちがパレットや、絵の具を欲しがるように
人は、暗闇の中で成長するものだと思った
だけど、今の私はそれを見届けて
そして、本当にそうだとわかったの

That anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could happen
Anything could

何でも起こりうるということ
何が起きても不思議ではなく
どんなことだって

Baby, I'll give you everything you need
I'll give you everything you need, oh
I'll give you everything you need
But I don't think I need you

Baby、あなたが欲しいものはすべてあげるわ
あなたが欲しいものはなにもかも
私はあなたが望んだものはすべてあげる
だけど、私にはあなたは必要じゃないの

I know it's gonna be
I know it's gonna be
I know it's gonna be
I know it's gonna be
I know it's gonna be
I know it's gonna be
I know it's gonna be
I know it's gonna be

これから、どうなっていくのか
私にはわかる
きっと、そうなることが
私にはわかるの

But I don't think I need you
But I don't think I need you
But I don't think I need you

私にはあなたは必要じゃない
私にはあなたは必要じゃない
私にはあなたは必要じゃないのよ


f0134963_12230362.jpg


(*1)I've been trying to hide

私だけが知っていて隠していたとすると、そのあとの

We held our breath
To see our names are written

の部分の、We はないと思うので、trying to hide には「自分も」という意味を加味しました。


(*2)On the wreck of '86

エリー・ゴールディングの出身地であるイングランドで、1986年に起きたことなども検索してみたんですが、1986年は彼女の生まれた年なので、なにか自分の運命が記されたものを見たということではないかと。。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/21990762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mitch_hagane at 2014-05-08 14:37
へへーぃ、ご無沙汰でっす。
久しぶりに、茶々を入れます。(笑)

(*1)
>わたしもずっと見ないようにしてきたの...
これはちょっと、無理筋かなぁ。(汗)
まぁ普通に取れば、ここでyouは主人公の恋人か、あるいは世間一般の人でしょう。
それで、私(Ellie)は、youの考えも及ばない、この先起こりうる災厄を知っていると。
でも、それは『知らないほうが幸せなのさぁ』という感じかと。

(*2)
この歌には格別政治的・社会的メッセージは含まれないと思うので、1986年は、おっしゃるとおり、Ellieさんの誕生年を指すのでしょう。
すなわち、"the wreck of '86"というのは、このEllieさんが生まれたことそのもの、安定した母の胎内から出て、外界に『難破した』と取ります。

じゃあ、お前ならどう訳すんだい、ってことで以下。

上半身裸になって、
私たちは川に飛び込んだ
あなたは両目を閉じなさい
なぜって、あなたは秘密を知らなくていい
それは、私がずっと隠しておくの

私たちは息を止め
名前が書かれているのを見るわ
86年の難破船の上に
それはあの年
パニックが終わったことを私が知った時よ
Commented by yomodalite at 2014-05-08 15:36
みっちさん、美味しい茶々を入れてくださってありがとうございます(笑)

>これはちょっと、無理筋かなぁ。(汗)

やっぱり?(笑)

>それは『知らないほうが幸せなのさぁ』という感じ…

それは「いい感じ」かもしれません。

>母の胎内から出て、外界に『難破した』と取ります。

そうですね。私も、river は胎内のメタファーだと思ったので、wreck に「難破」をあてるのは、すごく「アリ」だと思います。これは、私もそうしようかなぁと思った案です。
Commented by yomodalite at 2014-05-08 15:36
でも、、このあと「ふたりとも息を殺して」で「ふたりの名前が書いてある」ものを見た。ってことだと、、「ン?」と思ったんですね。

私は「ふたりとも」それを見て「息をのんだ」のだと思ったので、彼女も「よくはわかっていなかった」のだと思ったんですが、みっちさんの「息を止め」は、単に「水中」だからであって、秘密を知っていた「彼女」の方は、驚いてはいないわけですね?

もうひとつ、みっちさん訳への疑問は、86年の生まれ年が「パニックが終わったことを私が知った時」です。86年にすでに知っていた。となると、そのあとの、ふたりの関係はなかったのでは?この歌は、基本的に、男と別れるときの女の子側の気持ちを歌った歌ですよね?

それで、私は「彼女」が知ったのは、86年の残骸(運命が書かれたものか、DNA的なものの想像ですが、現実にはありえないもの)を見たとき。だとしたんです。無理筋ですが(笑)
Commented by mitch_hagane at 2014-05-08 19:54
>基本的に、男と別れるときの女の子側の気持ちを歌った...
う~ん、それがまあ、普通の取り方でしょう。
なんかしかし、舞台装置が大げさなんですよね...

After the war...以下をみっち流に訳してみると、

戦争の後、私たちは一緒に戦おうと言い交わした。
それが人類のすることと思えたからだ
そして闇がはびこり出す
まるでパレットを用意すると、そこに色が乗るかのように
しかし今や、私は見通すのだ
今や、私には真実が分かる

思いきって、SF・ファンタジー風に妄想してみました。(笑)

youは、単なる男性の恋人ではなく、人類一般と取ります。
「私」はただの女性ではなく、女神か天使か、人を越えた存在ガーディアン・エンジェル(何しろ、人が知り得ないことを知ってるのだから)で、今まで人類をガードしてきたのだが、闇との戦いを前に、独立して戦いを始めようとしている...

駄目ですかぁ?(笑)
Commented by yomodalite at 2014-05-08 22:22
みっちさん、おかわりもとても美味しゅうございます!

>なんかしかし、舞台装置が大げさなんですよね...

様々な意味にとれるように書かれている詩こそ、いい詩だと思うので、SF・ファンタジー風に妄想も素敵で、私もそこは加味したい部分ではあるんですけど、、ただ、、

After the war...以下を、
戦争の後、私たちは一緒に戦おうと言い交わした 〜 今や、私には真実が分かる。にして、

youが、単なる男性の恋人ではなく人類一般。「私」が人を越えた存在だとすると、
After the war…以前の

Yes since we found out
Since we found out 

の「We」は、人類一般の「You」と、人を越えた存在の「私」。このふたりの「We」ではなく、人を越えた存在の「私」とその仲間ってことになるのかな?

Baby, I'll give you everything you need
I'll give you everything you need, oh
I'll give you everything you need
But I don't think I need you

さて、、
そうすると、上記はどうなるのでしょう?(^_^)/~~~
Commented by mitch_hagane at 2014-05-08 22:55
はい、そうなってくると(笑)、ガーディアン・エンジェルである彼女から見て、人類を「ベイビー」と呼ぶのは、至極当然のことであります。(愉)


そう、これから起こることは予測できない
どんなことも起こりうる。
どんなことも

ベイビー、私はあなた方が必要とするもの全てを与えよう
必要なものを全て、おおっ
全てをだ。
でも、私は、あなた方を必要としていない

私には、これから世界がどうなっていくかが分かる
私には、これから世界がどうなっていくかが分かる

でも、私は、あなた方を必要としていない
でも、私の方では、あなた方を必要としていないのよ

と言う具合で、後半はちと苦しいですなぁ。(笑)
Commented by yomodalite at 2014-05-08 23:08
>と言う具合で、後半はちと苦しいですなぁ。(笑)

でしょ?(笑)

We held our breath
To see our names are written

の「our」と、

Since we found out 

の「we」の整合性と、

I know it's gonna be

But I don't think I need you

の「I」を考えていくと

I've been trying to hide

わたしもずっと見ないようにしてきたの。

は、意外と「無理筋」じゃないでしょう?(笑)
Commented by yomodalite at 2014-05-08 23:30
みっちさんとの会話から、最初のパラグラフを、

上だけ脱いで、わたしたちは河に飛び込んだ
あなたは目を閉じて、秘密を知ろうとせず
わたしもずっと隠してきたの

に変更してみました。いかがでしょう?
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-05-08 09:00 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(8)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite