マイケルとハワード・ヒューズ[3]映画『アビエイター』

f0134963_17184676.jpg


マイケルとハワード・ヒューズ[2]映画『アビエイター』の続き


読んでくださっている方の中には、映画を観ていない方も多いと思いますが、日本ではあまり知られていない人物の伝記映画なので、ここからは、映画のあらすじを結末まで説明しようと思いますので、ご注意ください。

下記は『アビエイター通常版DVD』のコメンタリー字幕(監督、スタッフなどの解説)から、スコセッシが語っていることを抜粋して引用。

彼は世界最速の飛行機造りに挑戦しただけでなく、航空会社の経営や映画製作にも関わった。だが最大の関心事はやはり飛行機だった。ヒューズは我々の世界に多大な影響を与えている。科学者、挑戦者、パイロット… 彼はそのすべてだった。

人々は当時からヒューズの伝記を読んでは彼の言動や立場をあげつらい、あれこれ批判していた。だが本作で描いたのは、世界を変えようと息巻く若き青年の姿だ。そのプライドが最後には彼を苦しめ、強迫神経症にまで追いやるわけだが…

観客はレオ(ディカプリオ)という役者を媒介に、彼の苦悩を我がことのように感じるだろう。僕らはヒューズを1人の人間として描いた。病気が進行してからもその立場は変わらない。

彼(ヒューズ)が買収したRKO社の映画で初めて彼のことを知った。後には「世界一の大金持ち」と認識するようになる。ラスベガスのホテルに住み街の施設を次々に買収。やがて、あらゆる奇行の噂がささやかれるようになる。。。

潔癖性のこと、“取り巻き” たちの黒い噂など… 彼の大空への情熱など子供のころは知らなかったが、それを本作では描いてみたかった。

僕の頭の中には常にあるイメージがあった。ギリシャ・ローマの文学や、神話が好きでよく読むんだが、ヒューズは蝋の翼をつけたイカロスのように思える。イカロスの父は翼をつくり、ヒューズの父は翼を作るだけの金を遺した。なのに彼は迷宮から永遠に逃れられない。迷宮の正体は彼自身の狂気と執着、欲望、そして何よりプライドだった。彼の欲望には限度がなかった。

英雄には必ず暗い一面があるものだ。もっと革新者、開拓者としての彼の姿を見て欲しい。

ヒューズがかつてどれほどの高みにいたのか、僕は考えたこともなかった。アイデアに満ちた優秀な若者が少しづつ追いつめられ、それでも必死で何かを生み出し自分らしくあろうと奮闘する。彼は病いと闘いながら航空界に貢献するが、最後には自分自身の内に囚われてしまうんだ。

(引用終了)





予告編は、アビエイター(飛行機乗り)というタイトルらしく、ヒューズの力強さなども感じられるのですが、本編はそうではなく… 

ディカプリオが演じることで、ヒューズが身近に感じられるという意図は理解できます。難聴、潔癖性、強迫神経症といった持病を抱えながらも、少年のような純粋さで夢を追い続ける、そんな人物の繊細さを演じるには、ディカプリオはぴったりで、

父の事業を受け継いだ頃を演じている彼は、本当の少年のようで、『ギルバート・グレイブ』や『ロミオとジュリエット』の頃の、あの繊細なレオ様が帰ってきたという感じがしました。

でも、実際のヒューズの印象とは異なっていて・・・

革新者、開拓者として世界を変えようとした青年の姿を描くはずの場面ひとつひとつに、いちいち神経症の演技プランだけがしっかりと挟み込まれていて、

ヒューズの本当に輝かしい瞬間、物語の山場であるはずの『地獄の天使』のスゴさも「公聴会」についても、説明不足でまったく伝えられていません。

奇人変人として流布されてしまった、ヒューズのイメージを回復させようとして、彼の奇行の理由を「病気」に求めているのでしょうけど、それが、彼の偉業よりも強調され過ぎていて、結局、この映画では、ヒューズの難聴や強迫神経症ばかりが印象に残ります。

下記は、プロデューサーのマイケル・マンのコメンタリー。

本作は悲劇的な結末をもつ壮大な叙事詩だ。僕ら現代人にはヒューズのヴィジョンに親しみと共感を覚える。飛行機に対しても映画に対しても彼の読みはすべて正しかった。誰よりも未来を見通していたんだ。

今日では当たり前に感じるが、TWAは国際線・国内線を扱う最初の航空会社だった。(中略)J・ラッセルのための特製のブラジャーもデザインした。役者の演出に際しては、現在「メソッド演技」と呼ばれるスタニスラフスキ・システムを採用。『暗黒街の顔役』のP・ムニの演技はR・デニーロやA・パチーノ、M・ブランドに引き継がれる。

すべての始まりはヒューズだったんだ。

彼は病いに侵されながらも多方面に偉大な革新をもたらした。

(引用終了)

映画を見た人には、ヒューズがそこまで偉大には見えなかったでしょう。この映画で描かれたような精神状態で、どうしてそこまでの仕事ができたのか?と疑問に思った制作者は誰もいなかったんでしょうか?

彼が成した仕事は、ひとりの人間がやったこととは思えませんが、すべて「事実」です。でも、彼の奇行や、神経症と言われるようなことについては、人々が創った「物語」ではなかったかと。

映画では、ヒューズの母親の細菌への怖れが、ヒューズに潔癖性を発症させたトラウマだと捉え、また、彼が引きこもったり、孤独な生活を好むようになったことも、難聴や、強迫神経症と強く関連づけ、重度の神経症に陥っていく姿でエンディングを迎えます。

理想を追求し続けるような超人が、「ロマンティックな破滅」を迎えなければ、観客にとって「失われた個人主義への郷愁」に、安心して浸ることができないかのように。

「未来への道だ…(the way of the Future…)」と、言い続ける人間を、まるで精神患者のように。






下記は、スコセッシ映画の多くを編集しているセルマ・スクーンメイカー

飛行記録をつくって、TIME紙の表紙を飾ったヒューズの本当に輝いていた頃を、今の若い人にも知ってもらいたかった。

心臓が体の右側に移動するほどの大怪我を追っても、奇跡的に生き延びたのは、強い気力と野心があったからこそと思う。ただ、手術は成功したものの、彼の外見は大きく変わってしまった。口ひげを生やすようになったのも、この影響によるもので、事故は、彼の病気にも悪影響を与えたと。

そこあと、ヒューズは松葉杖と格闘し、自ら公聴会に出向くまでに回復したものの、肉体的なダメージは彼の精神を消耗させた。体の回復は確かに早くて、実際にハーキュリーズに乗る彼の映像を見て、本当に驚いた。

(引用終了)

どんなに映像や写真で、実際の彼の元気な姿を見ても、その裏面を執拗に悪い方に想像していると思うのは、私だけでしょうか。

スクーンメイカーは、こうも言っています。

偉大な芸術家と呼ばれる人々は見ていて辛い存在だと思う。彼らが芸術家として優れているのは、人生に対して異常なまでに感じやすいからだもの。ヒューズは才能に溢れながらも常に苦しみ続けた。多くの天才たちと同じように。マーティン(スコセッシ)が素晴らしいのは、こういう難しい人物を愛すべき存在だと感じさせてくれることね。

(引用終了)


感動的で、たしかにそのとおりだと言いたくなる言葉なんですが、ヒューズのように、ありえないレベルの優れた人間を「愛すべき存在」をするために、病気ばかりに注目し、成功よりも、破滅を描きたいのだとすれば、

そういった精神こそが「病んでいる」のではないでしょうか。

[1]で紹介したキーツ本を「つまらなかった」とか、文章家の貧弱な空想力だなどと、言ってしまったことを、撤回しようか迷っています。

読んでいるときは、MJが言っている意味が書かれていないと感じ、ヒューズにまつわる混乱の何もかもがよくわからなかったのですが、あまりにも「単純化」され、恣意的に描かれている映画を観終わったあとでは、キーツが言わんとしていたこともわかってきて、映画を観る前に、読んでおいて本当に良かったと今は思っています。

ヒューズの偉業については知らないけど。。

というMJファンの人に、この気持ちを説明するなら、少なくとも、キーツは『インヴィンシブル』までMJがやったことを描いているけれど、

映画は、マイケルの偉業を『スリラー』期に限定し、『デンジャラス』までのマイケルを描いて、そこから破滅に向かったと決めつけ、そのすべてを「病気や怪我」や「幼少期のトラウマ」で説明しているようなものです。

ここで紹介した制作者たちのコメントからは、彼らがヒューズに対して悪意などなく「善意」や「愛」をもっているように見えます。でも、彼らが描いたヒューズの姿は、その後も、財産を殖やし続け、TWAを去ったあと、60歳から、新たな事業で大きな業績を遺した彼の「事実」と照らし合わせれば、私には「捏造」と思えてなりません。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/21772721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-04-12 08:56 | MJ考察系 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite