桜ノ宮公園[1](2014.4.5)

f0134963_14195351.jpg

桜ノ宮公園は、大川沿いにある桜の名所。

全国的に有名な「造幣局の桜の通り抜け」もこのエリア内。
色々な桜が咲き乱れていたのだけど、
ここでは、白い桜を。



f0134963_14203636.jpg





f0134963_14210934.jpg





f0134963_14213286.jpg





f0134963_14215081.jpg





f0134963_18545161.jpg


造幣局の桜のことは、東京にいたときニュースでも見ていましたが、
大川(旧淀川)沿いの桜がこんなに広域で綺麗だとは思いませんでした。
東京の大川(隅田川)沿いよりも、素敵な眺めで
千鳥ヶ淵より、
桜の種類が多いだけでなく、他にもいいところが。。

([2]に続く)





[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/21726077
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jean moulin at 2014-04-08 17:40 x
白い桜、透明感があって素敵だね。
葉っぱも同時に出てくるのが、また綺麗。
お天気も良いし、「桜の宮公園の木の下」楽しませてもらいました!
どうもありがとう!
Commented by yomodalite at 2014-04-08 20:35
>葉っぱも同時に出てくるのが、また綺麗。

ピンクの桜もキレイなんだけど、白い桜と若緑の葉の組合せもたまらなく綺麗だよねぇ。そして、私たちが好きな男も、桜が似合う男だよねw 

このままずっーーと桜、MJ、桜、MJを繰り返したくなっちゃった。

それと、

moulinさんところで「葦と桜の組合せ」を初めて見たよ。スゴいね、ここ。特に、最後の写真なんて、日本じゃなくて、ヨーロッパで、神話が生まれた場所みたい。

http://yasukuni0423.blogspot.jp/2014/04/blog-post_7.html
Commented by jean moulin at 2014-04-09 18:23 x
>桜が似合う男だよねw 
うん、うん!
そういえば、MJが畳に寝っころがって、肘をついて、日本語で「さくらさくら」を口ずさんでいたっていう、夢のようなエピソードがあったよね。

>神話が生まれた場所
なんて、素敵な事言ってくれちゃうの!
うん、名所でもなんでもないんだけど、不思議なところなの。
ここの葦で、いい葦ペンもできるよ。
Commented by yomodalite at 2014-04-09 21:28
>MJが畳に寝っころがって、肘をついて、日本語で「さくらさくら」

あぁ、、それなんか聞いたことあるような気がするけど、
いつのことだったか、全然わかんない。どんなエピソードだっけ?

>ここの葦で、いい葦ペンもできるよ。

それって、moulinさんが手作りしてるの?
Commented by jean moulin at 2014-04-10 16:27 x
>どんなエピソードだっけ?
1995年、ニューヨークのお寿司屋さんでの逸話だよ。
ここに記事があるけど、見られるかな。
http://www.info-fresh.com/index.php?pages=seikatsu&type=detail&no=3806
MJの事だから、梶井基次郎や、坂口安吾も読んでいたんじゃないかとか思っちゃうよね。

>moulinさんが手作り
旦那さんが作ってた。で、水彩画教室の生徒さん達が、その葦ペンで画いたんだけど、とっても素敵な作品になってたよ。
Commented by yomodalite at 2014-04-10 22:14
Wowーーーなんて素敵な記事なのぉ!

これは、初めて読んだかも。。さくらさくらを歌ったって言うのは、どこか他でも聞いた気がするんだけど、、腹ばい+両肘+顔あてと、「イッツ・ベリー・ミステリアス、ユウ、ノウ?」が、たまらなさ過ぎるぅーーー 1995年かぁ。。

今日初めて、梶井基次郎の英語ウィキを見てみたんだけど、意外と充実した内容。英語翻訳は1977年が最初で、Quort はまさに「櫻の樹の下には」だから、ありえなくないね。似合う似合うと思っていたけど、やっぱり、そんな男なんだから、ホントにもうっ

たぶん、MJが読んでいたとすれば、Japanese Short Stories といった感じの本だから、安吾と、基次郎の両方の桜ストーリーから「イッツ・ベリー・ミステリアス」って言ってる可能性は、たしかに高いかも。。

>葦ペンで水彩画….
風景だけじゃなく、神話的だわ。。
Commented by jean moulin at 2014-04-11 18:22 x
>Wowーーーなんて素敵な記事なのぉ!
でしょ、でしょ
思わず、畳敷きたくなるよねえ。

>梶井基次郎の英語ウィキ
本当だね、日本語版よりすっきりしていていいかも

>Japanese Short Stories といった感じの本
あり得るかも。
「MJが読んだかもしれない本リスト」に追加かな。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-04-07 07:56 | 日常と写真 | Trackback | Comments(7)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite