2008年インタビュー[1]FAKE?

f0134963_18380641.jpg
photo : Michael And His Children Arrive At Los Angeles Airport.(2007)



今日は、マイケルの2008年インタヴューを紹介したいと思います。

どうして、そんな気になったのかというと、

先日、某所で、Michael Jackson (2008)と表記された言葉が紹介されていたんですが、その「元」になっているインタヴューに気になる点があったんです。

MJのエッセンスが詰った「マイケル名言」を読むのは、私も好きなんですが、ただ、MJ Quotes 的なものには、元の文章から抜粋した人の意図によって、伝わる印象が変わることも多いんですよね。


上記は、少なくとも「マイケルの言葉」には違いないんですが、最近、Michael Jackson (2008)として紹介されていた言葉は、元のインタヴュー自体に、FAKEの疑いがあって・・・

My dear mother instilled in me very young to give back and as I grew in God I knew what I had to do as a believer in Christ. I hate to see suffering, I hate to see people in need and I feel God gave me a gift and I have to use it responsibly by giving back and I'll do it until I have pennies left or the good lord calls me home.

上記が、MJ Quotes として出回ってる部分。

僕は小さな頃から、キリスト教信者として、母から恩返しすることを教えられた 〜 自分のお金がほんのわずかになり、神が僕を…

みたいな日本語で読まれた方もおられると思いますが、

紹介されていたブログでは上記のような和訳のみで、引用先も英文も表記されていなかったのですが、読んだことがあったインタヴューだったので、Source はすぐにわかりました。



以前これを発見したとき、MJと会う前の部分も、会話部分も楽しいので[FAKEインタヴュー]と明記してでも、全訳紹介しちゃおうかと一瞬思ったものの、やっぱり、本物の言葉を訳す方が先だと思い直し、放置してたんですが、、



今回、もう一度探してみても、上記のコメント欄以上の「偽の証拠」は、私には見つけられませんでしたが、おかしな部分や、怪しい点が多くあるのと思うので、気づいた方はお知らせくださいね。



f0134963_18365327.jpg


インタヴュアーの素性も不明、2008年にインタヴューして、この内容で、どうして、MJが旅立つ前に発表しなかったの?等の不可思議な点以上に、私が変だなぁと思ったのは、言葉遣いについてなんですが、でも、プライヴェートなら、パブリック・インタヴューと使っている言葉が異なっていても不思議ではないかもしれませんよね。

私たちが知っているのは「バブリック」な「マイケル・ジャクソン」ですし、世界一パブリックな存在であるMJは、「パブリック」を意識して、本音のようなことは、めったに言いませんからね。

ちなみに、私が上記のコメント欄で言われている以外で「決定的に違う」と思ったのは、

God I knew what I had to do as a believer in Christ.

(本当は、I'll do it until I have pennies left に一番創作臭さを感じるんだけど、そこは証拠になりにくいし、彼も相手によっては言う可能性があると思うのね)

MJの宗教観から考えて、believer in Christ. とは言わないと思ったんですね。彼は1993年のオプラ・インタヴューでも、イエスをChrist の称号つきで言っていませんし。。


Michael : Well, thank you. I - I love to do things for children and I try to imitate Jesus - and I am not saying I am Jesus, I'm not saying that.

Oprah : Yes, we're clear on that.

Michael : Right, I'm trying to imitate Jesus in the fact that he said to be like children, to love children, to be as pure as children, and to make yourself as innocent and to see the world through eyes of wonderment and the whole magical quality of it all and I love that. And we'll have like a hundred bald headed children, they all have cancer, and they're all running around.


でも、調べてみたところ「Martin Bashir outtakes」と言う、MJ Quotes では、


"With just a little love and a little caring, I have seen kids totally turn around. Where you can't find any cancer at all anymore in their body. I've done it a lot of times. I'm not trying to say I'm Jesus Christ. We should just give a little more attention to the power of love and caring and faith and prayer."


I'm not trying to say I'm Jesus Christ. とは、言ってるようです
(音声で確認したわけではありません)


「Martin Bashir outtakes」は「Take Two : The Footage You Were Never Meant To See」のことで、いいよね?





イエス(Jesus)に、Christ の称号をつけて、イエス・キリストと呼ぶことは極一般的なことなので、彼もこのとき、それに従ったとしても不思議ではないですし、残念ながら、私と同様に「believer in Christ」なんて、言うわけないという意見も、目にしていません(がっくしw)。でも、、MJは、Jesusのことを「Jesus Christ」とは言うかもしれないけど「Christ」とは、言わないんじゃないかなぁ。


f0134963_18402774.jpg

私がこだわる理由に関して、これ以上続けると、ますます話が面倒くさく、さっぱり感情に訴えないだけでなく、私自身が、疲れきって、またもや「ガーリーなことへの飢え」でいっぱいになっちゃいそうww、

でも、海外の一部のファンの間で、この「MJ Quotes」がウケていることには、「Sacrifice」を求め、「Justis」に熱狂し、イエスを殺した罪を他人種に押し付け、イエスが人間の原罪を背負って。。という物語の創出にさえ繋がる、キリスト教世界の歴史を凝縮して見るようでもあり、

このインタヴューが偽物でも「Better Place」で、MJが見ていたら、

大衆への言葉について様々なことに気を遣い、考えてきた彼が、それをコントロールすることの難しさについて語り、疑われたことだけでなく、亡くなってから扱いについても、

同じ「Better Place」にいるイエスから「ぼくと一緒だね」なんて、言われたりして、自分が会ったこともない人が書いた「聖書」について、ふたりで楽しく会話している姿も見えてきたりして。(笑)

上記で紹介したインタヴューでない、



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/21583867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-03-19 16:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2014-03-19 18:35
うん。私もこの件については、勇気をもってお知らせしたの。それでわかってくれたみたいなんだけど、訂正や、注記が必要だとは思われなかったみたい。

好きなものや、愛しているものは、自由に語ってこそ楽しいからね!

確かに、そこは自由でいいんだけど、
愛はわがままだから、自分を疑わない人は、正義を振りかざしちゃいけないと思うよ。

でもさ、Source を振りかざす人も、ヤバい人が多いじゃんw

だから、とにかく「振りかざす」のがマズいのかも。

世界平和とか、Little Space のためにはね!


>しかし、無実の罪に悩まされ続けたマイケルのファンだからこそ、ソースには過敏でありたいと今は思います。

だよね。ただ、そんな疑惑と、こういった美談は、すごく密接に繋がっていて、同じ人間の裏表の反応だったりするから。。。ファ、ファイトっ!

参考記事w http://d.hatena.ne.jp/ayakomiyamoto/20131212
Commented at 2014-03-20 00:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2014-03-20 11:17
>ただ一点、「 I've lived my life by the fans and I'll die by the fans.」のところにどうしても違和感があって、心の中にずっと引っかかっていました。

だよね。パラグラフ全部だと、

MJ: I love my fans.. I mean I really love them and if I could meet every one of them I would. I watch television and see shows that follow other celebrities and how they get so mad about fans wanting to say hi or get an autograph.. They made me.. So if I can give them two minutes of my time and a friendly hello it's well worth it. I've lived my life by the fans and I'll die by the fans.

僕はファンを愛している…  僕はファンのそばで生きてきた。だから、ファンのために死ぬだろう。とか、ファンと共に生きてきた。だから、ファンのそばで死ぬだろう。みたいな感じだよね。
Commented by yomodalite at 2014-03-20 11:43
ここも「名言抽出」されそうだなぁと、その行だけでワード検索してみたら、

Oh boy, hmmm… やっぱり、日本語で紹介されてるのね!めずらしく英語も添えてあったから、速攻で見つけちゃった。そんなつもりじゃなかったのにw(私が発見したのは1サイトのみ。ぐっすん)hmmm… 

ただ、私のワード検索が下手だからかなぁ、、名言サイトでもっとヒットするかと思ったんだけど、Facebook とか、Tumbler がヒットしないせいなのか、海外サイトで、元記事以外だと、

http://gracemj.wordpress.com/michael-jackson-interviews/

ここ以外は見つからないなぁ。ただ、上記「参考記事」で紹介した2カ所もヒットしないから、たぶん、私の検索の仕方がダサいんだと思う。(教えて、みっちさん!)ここでも紹介されてたっていう海外サイトをご存知の方は、またお知らせくださいね。
Commented by mitch_hagane at 2014-03-20 13:12
えっ、何か呼ばれたような気がぁ?(笑)

ご無沙汰しています。
というか、みっち的には、ちょっとジャンル違いというような感じでしたから。(汗)
で、今回のお題はと...
"I've lived my life by the fans and I'll die by the fans."
これが引用されているサイトがあるか?でいいんですか。
今やってみましたけど、すごく沢山のサイトがヒットしますがぁ...これが何か...

それでこれがfakeですと?う~ん、分からない。fakeだったら、無視すればいいんじゃ。
それとも、fakeであることを証明したい?
そのためには、interviewの文章からでは、そもそも無理でしょう。

"I've lived ~, I'll die ~."という文章はよく見かけます。
例えば、集団自殺したカルト教団のジム・ジョーンズは、信者にこんな演説をしているそうです。(1978年、記録の出版は1979年)
"I've lived with-for all. I'll die for all."
ソース(笑)↓
http://faculty.vassar.edu/jamorrow/jt.html
なお、ジム・ジョーンズについては、ウィキペディアで『ジム・ジョーンズ』を。

Commented by yomodalite at 2014-03-20 14:30
みっちさん、早っ!(嬉)
みっちさんに聞きたかったのは、純粋に「検索」についてであって、fakeの「証明」が無理なことはわかってますし、興味があるのは「証明」じゃないんです。

>すごく沢山のサイトがヒットしますがぁ...これが何か...

I've lived 〜その1行を、Googleのウエブ検索(すべての言語)では、実際に同じ文章が掲載されているのは、上から2つだけで、Yahooでは、上位の一カ所だけじゃないですか?

でも、その1行が含まれる、I love my fans.. 〜 I'll die by the fans.までのパラグラフ、My dear mother〜のパラグラフ検索では、Facebookや、Fan forumがいくつかヒットして、その多くがインタヴュー全体をフォローしているみたいなんですね。

そういった「ワード検索」の結果について、どうしてなのかな?って思ったんですね。パラグラフで検出されたサイトが、そこに含まれる1行だけでは、どうしてヒットしないの?っていう疑問なんです。
Commented by mitch_hagane at 2014-03-20 15:10
>そこに含まれる1行だけでは、どうしてヒットしない...
おおっ、やっと質問の意味が分かりましたぁ。(汗)

答えは、
"I've lived my life by the fans and I'll die by the fans."
これを前後の『"』も含めて、入力するのです!

こうすると、そのパラグラフ全体を含むサイトを検索に行きます。
今出先なので、ど~して、そうなるの、という話は、またいずれ('◇')ゞ
Commented by yomodalite at 2014-03-20 21:55
>これを前後の『"』も含めて、入力するのです!

そうなんだーー!確かに、『"』込みだと、ヒット数がアップしますね。
検索ヒット数は、「パラグラフ<1行」になるはずだと思ってたんですけど、『"』なしの1行の場合は、文章の中から、ピックアップ出来ないみたいなことなのかな。。だから、『"』込みでも、結局パラグラフと同じぐらいか、むしろ少なくなるという。。
Commented by mitch_hagane at 2014-03-20 22:38
""で検索文字列を括ると、当該文字列をそのままの完全な形で検索してこい、という命令になります。
だから、
"I've lived my life by the fans and I'll die by the fans."
はヒットしますが、もし1文字間違えて、
"I've lived my life by the fan and I'll die by the fans."
で検索すると、ヒットしません。厳密なんです。

""で括らない場合は、文章の形ではなく、単語単位で検索します。
つまり、
I'veが含まれ、さらにlivedが含まれ、さらにmyが含まれ、さらに...(以下略-笑)
と言う調子で、順序には関係なく、複数単語のAND検索をするだけです。
この文章のように、ポピュラーな単語ばかりで構成されていると、関係ない文章でも、たまたま上記単語が含まれていて、ヒットする確率が上がってきます。それで本来検索したかった対象が見えなくなってしまうんですね。

このように""を使うと、引用句の検索などに威力があるのですが、失敗例もあります。
みっちが例のバリーの講演の翻訳お手伝いをしていた時、Lady DIの出典探しに、みっちは苦戦しましたよね。(汗)
あの原因は、バリーが原典から引用する時に、単語のスペルを間違えて書いていたからなのです。(笑)
Commented by yomodalite at 2014-03-20 23:29
Wowーーー!「""」で括るというのは、そーゆー意味だったんですね!
勉強になります。ありがとうございます!

検索オプションで「すべてのキーワードを含む」にしても「単語単位」になるけど、「語順も含め完全一致」とは同じだと考えていいんですか?
Commented by mitch_hagane at 2014-03-20 23:37
はい、そのとおりです。
「すべてのキーワードを含む」は、全ての単語(キーワード)のAND検索です。
「語順も含め完全一致」は、""で括るのと等価です。
Commented at 2014-03-21 04:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2014-03-21 22:15
>あのコメントはyomodaliteさんだと…

アメブロのアカウントじゃないと、コメント入れられないシステムになってたの。

>あちらのサイトは、批判的なコメントは掲載されない…

それは、◎◎さんが、自分で実際に経験したことではなく、聞いた話だよね? あのね、ブログをやってる経験から言うと、批判的なコメントって、公開すると、ブログ主だけじゃなくて、読者の人みんなを傷つけてしまう内容がほとんどなのね。

だから、掲載しないという判断は、私は間違ってないと思うよ。読者の人が見えなくたって、ブログ主は目にするでしょ。だから「コメントしたけど掲載されなかった」経験をした人が、何人かいるとすれば、ブログ主は、1人でそれだけ受けとめてるわけだから、相当ツラい思いをしてると思う。

でも、今、必要としてくれてる人と、異なった感覚の人、その両方を気遣うなんて、むずかし過ぎるからさぁ。

>こんな時はただただマイケルの作品に没頭してマイケル写真を眺め、心をピュリファイするとします。

このあいだ、キムタクが演じてた武蔵が、仏像彫ってるのを見たとき、私が、MJ写真を撫で回してるときと似てるぅーーって思った(笑)
Commented at 2014-03-28 04:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2014-04-01 00:26
Mさん、お久しぶりです。コメント遅くなってすみません。

>これは、彼の言葉ではありません。
>彼はこのような話し方はしません。
>数ヶ月前かに、彼の最後の電話か何かがネット上にありましたが、あれもfakeです
>彼の声ではありません。

そのように確信されるのは、Mさんの「霊感」というか、特殊能力によるものなのでしょうか? それなら、なぜ、そう思うのか?と聞いたところで、きっと答えは帰ってこないでしょうね。

私は「科学的に証明されていない」と声高にいう人が嫌いで、そういう人は一流の科学者でもなく、単に科学を妄信している人だと思っています。ただ、何かスピリチュアルな能力をもっている人は、それが世の中に伝わるような努力をしてもらえればなぁと思います。霊力を、霊力がない人に伝えるには、霊力以外の能力が必要なのではないかと、私は思います。
Commented at 2014-04-03 00:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-04-03 00:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2014-04-03 09:41
コピペに関して、嫌な思いをさせてしまって申し訳ありません。それは一重に、私の「露出癖」のせいです。また、拒否されたにも関わらず、返信してしまうのも、私が「露出症」だからでしょう。今回はコピペはしないので、病気だと思ってお許しください。

また、この病気wについても、全部説明しようとすると、コメ欄では足りず、3回ぐらいの記事なりそうなので、ほんの少しだけ説明させていただきますが、、

非公開コメントの内容を、部分的に晒してしまう理由は、内容がわからないことで、私のことを心配してくださる方がいて、その人たちに、個別に「まったく問題のない内容だった」と説明するのが大変ですし、メールをくれないまでも、ブログを見てくださる方に、同様の思いをさせたくないからです。

◎◎さんだけでなく、私の「非公開コメント」への扱いについては、もっと多くの言葉を尽くして、説明したいのですが、今回はここまでとします。
Commented by yomodalite at 2014-04-03 10:44
私の「露出癖」については、治らない可能性が高いので、◎◎さんの方で、私だけに言いたいと思われる場合はメールにしてください。

リアルな人間関係で漏らされた秘密については、口が固い方だとは思いますが、ブログ人格であるyomodaliteは、出来るかぎり共有すること。をモットーと考えています。

◎◎さんに聴こえるMJの声とは違うかもしれませんが、私に聴こえる彼の声は「惜しみなく与えよ」なんです。それで、MJファンの人には、自分だけでなく、人にもそれを求めてしまうところがあります。

ただし、例えばレシピの件もそうですが、コメント欄で晒した内容以上のことを、どこか別の場で話すというようなこともしていません。

私はコソコソすることが大嫌いですし、

ケチなことも嫌いで、得するようなことなら人にも教えたい方です。

それと、、社交辞令のようなことを書いてしまうと死にそうになります(笑)

前回の◎◎さんへの返信は2日考えてのことですが、今回は一晩だけ考えました。
Commented at 2014-04-03 12:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2014-04-03 16:43
◎◎さん、返信ありがとうございます。
私は自分の箱をいくつも開けているので、私に対してイメージを持っている方は多いのですが、私にはコメントをくださる方のことは全くわからないのです。でも、あなただけでなく、私はここに来てくださった方とは、できるだけ「深い話」がしたいので、思いつく限り色々な球を投げています。

コソコソするのが嫌いなので、はっきりと言いますが、

おそらく、私は今のあなたを壊そうとしています。なぜなら、私は元々自分を壊すのが嫌いではなかったのですが、「THIS IS IT」以降は、これまでになく壊れました(笑)。でも、それが良い経験だったので、つい人にもやってしまうんですね。

非公開コメントの内容の「晒す」ことについては、今後もよく考えてやるようにしますが、◎◎さんのように、すべてのコメントが非公開で、また、あなたを特定できないようなハンドルネームを使用されている場合は、特にそうさせていただくのでご了承ください。

コメントへの返信には、誰に対しても時間をかけているのですが、それは、その人以外の人にも読んでもらいたいと思っているからです。それと逆に、私は、私だけが聞いているという状態にも耐えられません。
Commented by yomodalite at 2014-04-03 16:43
また、もうひとつ理由をつけ加えるなら、

◎◎さんも言っておられるように「あなたが自分で何を書いたか覚えていない」からです。

さらに、「ご承知おきください」という件は承知できません(笑)。生きている身近な人に聴いて、事実を確認したとしても、MJについては様々な証言があるでしょう。ご存知のように、人は信じたい言葉しか信じないものです。あなたも、わたしも。

だから、、私があなたを信じていないと、あなたが感じたなら、それは、私が自分自身を信じていないからです。私はどんなに時間をかけて調べたようなことでも、真実だなんて思いませんし、私が信用するのも、精一杯力を尽くして、尚、自分を疑うことができる人です。そういう意味で、私は膨大な読書をしても、ほとんど語らなかったMJを、読書家としてものすごく信用していますし、

嘘も、テキトーなことも、素敵な感じに仕上がっているなら、大好物といっていいかも。。です。
Commented at 2014-04-03 17:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yomodalite at 2014-04-03 22:16
mさん(とりあえず◎◎さんはやめますw)、
私の「変な球」を冷静に受けとめてくださってありがとうございます。

ポイントをまとめると、

非公開コメントであっても、公開して問題ないと私が判断した場合、
積極的に「晒す」ことは、今後も止められませんということです。

また、、コメント欄が荒れているの?と心配してくれた友人(このブログで知り合った人)には、全員、上品な内容ばかりなんだけど、特に最後の人に対しては、私の方が絡んでいるんだと伝えました。

教えていただいたエピソードから、
ネヴァーランドの春風が届いて、今回も作ってみたくなりました。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-03-18 09:22 | ☆マイケルの言葉 | Trackback | Comments(25)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite