和訳 BREAKING free『Dancing the Dream』[15]

f0134963_13044219.jpg

[追記あり。コメント欄も参照してください]

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に
収められた「BREAKING free」の和訳です。

翻訳本とは解釈が異なる点がありますので(これだけではありませんがw)、ご注意くださいませ。


BREAKING free
Written By Michael Jackson


あらゆるものを解き放て

All this hysteria, all this commotion
Time, space, energy are just a notion
What we have conceptualized we have created
All those loved, all those hated

あらゆる病的興奮も、社会的争乱も、
時間も、空間も、エネルギーも単なる概念にすぎない。
ぼくたちは、そういった概念を創っては
それらを愛し、また、それらを憎む

Where is the beginning, where's the end
Time's arrow, so difficult to bend
Those broken promises, what they meant
Those love letters, never sent

時間の矢を曲げることはむずかしく
この世界はどこかで始まり、どこかで終わる
守られなかった約束にはどんな意味があったのだろう
愛の言葉は、未だに送られていない


(訳:yomodalite)


最初のパラグラフは Human、後半は God という構成だと思います。

Those broken promises は、
神との契約ではなく、エデンの園を追われた人間のこと。

Those love letters, never sent
・愛の知識は、授けられていないのだ
・愛の言葉は、まだ届かない … etc で、迷ったけど、今日は、上記でFA。


☆[追記]コメント欄で、みっちさん(♂)が素敵な訳詞を教えてくださいました!


解き放つ

全てのこの激情よ、全てのこの騒擾よ
時も、空間も、そして力も、所詮は想念
想うことで、創りだせるのだ
全ての愛されるもの、全ての憎まれるものを

どこに始まりがあり、どこに終わりがあるのか
時は矢のように過ぎ、曲げることは難しい
かの果たされなかった数々の約束よ、それらは何を意味していたのか
かの愛の手紙よ、投函されなかった手紙たちよ

(みっちさん訳)



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/21510304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mitch_hagane at 2014-03-05 00:49
>最初のパラグラフは Human、後半は God...
えっ、ええっ、みっちは、これを恋の詩だと思って、読んでおりましたぁ。(大汗)
Commented by yomodalite at 2014-03-05 08:11
恋の詩としても読めますよね!(ていうか、おそらくそっちが一般的w)

短いので、みっちさん訳も教えてくださいませ。是非!
Commented by mitch_hagane at 2014-03-05 10:43
>みっちさん訳...
こんな位ですかねぇ。何だかとても拙いのですが。(汗)

『解き放つ

全てのこの激情よ、全てのこの騒擾よ
時も、空間も、そして力も、所詮は想念
想うことで、創りだせるのだ
全ての愛されるもの、全ての憎まれるものを

どこに始まりがあり、どこに終わりがあるのか
時は矢のように過ぎ、曲げることは難しい
かの果たされなかった数々の約束よ、それらは何を意味していたのか
かの愛の手紙よ、投函されなかった手紙たちよ
Commented by yomodalite at 2014-03-05 14:18
Wowーーー 素敵ですぅーー!

この詩は、古典詩のような訳し方をするといいのかも。。と、思ってはいたものの、自分には出来ないので、ウレシいです!本文の方にもあとから転記しようっと(嬉)

「騒擾」なんて、はじめて見たかも。ルビは(さうぜう)でいいですよねw

MJの詩は、歌詞も大体そうなんですが、本人があまりに「多面体」だからなのか、主語が移り変わっていくことが多くて、様々な解釈ができる場合がほとんどなんですね。

すべての愛されるもの。。すべての騒擾。。そして、時も、空間も、力も、想念だという “私” が「BREAKING free」するものを「恋」とするなら、、

そんな女、想像できるかーー!と、同じ女としては思ってしまうわけですよ。

ところで、みっちさんは、MJより年上の方なんでしょうか?
Commented by mitch_hagane at 2014-03-05 16:25
>そして、時も、空間も、力も、想念だという “私” ...

今ショーペンハウアーを読んでいるのですが、彼の主著『意志と表象としての世界』の巻頭の文章は、
『Die Welt ist meine Vorstellung.』
『The world is my idea.(もしくはrepresentation)』
『世界は我が想念である。(定訳では表象ですが)』です。(愉)
一緒だぁ。(驚)

>ところで、みっちさんは、MJより年上...
うっ。(絶)
はい、年だけは負けてないです。(笑)
Commented by yomodalite at 2014-03-05 22:39
>一緒だぁ。(驚)

MJ好きの読書好きには、よく訪れる症状なので、特にお薬は出しませんがw、暖かくしてゆっくり休めば治りますよ(笑)また、ぶりかえしますけど。。

ショーペンハウエルのことはよく知りませんが、昔から、日本以外の知的層は「理神論」から「無神論」の濃淡ですよね。アーティストにはその存在を疑う人は少ないですが、メーソンリーは多いですね(こういった人たちはすべて反教会派ですから)。歴史上の人物で、MJが誰に近いのか、ずっと考えてるんですけど、意外と似ている人が見当たらないんです。一見エマソンに似ているようで、やっぱり、彼はグロテスクとアラベスクが大好きですし。。彼はGodとはどういう存在か?という問いに関しては、かなり若いころに決着しているようではあります。

彼が確実に信じているのは「創造主」だということで、そこは確実に「意志」を感じているけど、世界が不確定であっても、聖と悪の審判も、人の運命も、死後も、Godとは一切関係ないと思ってて、生まれたときの姿が「God Made」なので、こどもから教えられることは多いと思っていますが、
Commented by yomodalite at 2014-03-05 22:40
与えられた能力を伸ばすことは、人の力なので、神に運命をゆだねるところは一切なく、与えられた力を伸ばすこと=「信仰」のようです。つまり、彼はアーティスト(創造者)として、神を尊敬しているので、絶対に越えられない存在ではあるけれど、少しでも近づくことが「信仰」になるようです。

そんなわけで、現在ある、憎しみに変わるような想念は、神の愛ではないので、Those love letters, never sent 。。だと。

>はい、年だけは負けてないです。(笑)

了解ですっ! MJはこどもの精神が大事とは思っていますが、同時に、30歳頃から自分の精神年齢を80歳だという認識もあるので、そのぐらいの男性の意見はとても参考になります!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-03-04 13:21 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(7)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite