元旦は歌舞伎町(2014.1.1)

f0134963_2328187.jpg

今年のお正月は初めて「東京に帰った」

とは言え、自宅は、すでに人に貸してあるため帰る家はなく、ダーリンの実家に行くのに便利な新宿でホテルを探したところ、歌舞伎町にオープンして間もないホテルを発見。

これまで、あまり馴染めなかったけど、それで逆に、新宿が、長年暮らした東京の中では新鮮な気がして、そのうえ、4年間毎日マイケルのことを考えてきたせいか、「歌舞伎町」という街の名前もなんだかマイケルらしいように感じられw

東京で「舞蹴釈尊」が奉られるとすれば、花園神社のような気もしてきて。。(境内には芸能神社もある)そんなわけで、今年のお正月は「歌舞伎町」に決定したのだ。

元旦の新宿は、銀座のように「国旗」も飾られてもいないし、お正月ぽい雰囲気はほとんどなく、どこも閉店しているのに、なぜか人が多くて、

お昼ごろに行った花園神社では、お参りができるまで1時間ぐらいかかりそうだったこともあって、二丁目の方に行ってみることにした。

f0134963_12252357.jpg

ゲイバー密集地として、全国的にも有名なこの街は、普段でも「歓楽街」の派手さはあまりない場所なんだけど…


ゲイバー街の奥にある太宗寺

f0134963_12263231.jpg


大きな地蔵菩薩にご挨拶をすませて

f0134963_12274922.jpg


そこから新宿三丁目の方へ

f0134963_123256100.jpg

1950年代からある居酒屋「どん底」

f0134963_21433163.jpg

元旦も営業していたタイ料理屋の裏では

f0134963_21471849.jpg

f0134963_12355042.jpg

猫たちが暖をとっていました

f0134963_1565620.jpg

ブラブラしているうちに、チェックインの時間になったので、
ホストクラブが密集する地域を抜けて、宿泊する新宿グランベルホテルへ。

f0134963_12483682.jpg

f0134963_14501083.jpg


ラブホ独特の建築様式は、じっくり観察したいものも多い。。

f0134963_12494720.jpg

f0134963_14511680.jpg


これは外壁にあったアンモナイトの照明

f0134963_14513791.jpg


新宿グランベルホテルは、周囲すべてが「ラブホ」で
外国人なら、この雰囲気を「ラスベガスのような」と表現しそう。と思っていたら、

f0134963_12505028.jpg

案の定、元旦の宿泊客の半数以上が、海外の方々。

f0134963_125317100.jpg


f0134963_12591918.jpg

こちらのシャワージェルはすっごく泡立つタイプ(嬉)
右側にはカーテンで仕切れるシャワーブースも


f0134963_13153989.jpg


ここは、上階にあるフリーのクラブラウンジ

f0134963_13161847.jpg


f0134963_1317023.jpg

クラブラウンジからの夜景

f0134963_131828100.jpg
こちらは、バーのテラス


近隣の日本人客の割合が高そうな、東急インや、ワシントンに比べれば、部屋の設備が行き届いていて(WIFI、2種類の枕、iPod対応の音響システム、浴衣じゃなくてパジャマ)、朝食バイキングのお粥も美味しかった。

◎新宿花園神社に初詣に行ったら…に続く



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/21209657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2014-01-03 22:35 | 日常と写真 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite