靭公園に紅葉を見に行く。。(2013.11.26)

f0134963_236266.jpg

京町堀に行ったので、近くの靭公園の紅葉も見に行った。


f0134963_2364547.jpg


けやき並木のなにわ筋から、公園に入る。ここは街のオアシスのような公園で、特に紅葉が有名なわけではないのだけど、


f0134963_238126.jpg


f0134963_2382228.jpg


f0134963_1002460.jpg


f0134963_1004397.jpg


f0134963_2394461.jpg


バラ園は有名で、さまざまな種類が咲いていて、


f0134963_2311614.jpg


この地で生まれた梶井基次郎の「文学碑」もあります。

びいどろと云ふ色硝子で鯛や花を打出してあるおはじきが好きになったし、南京玉が好きになった。
またそれを嘗めて見るのが私にとって何ともいへない享楽だったのだ。あのびいどろの味程幽かな涼しい味があるものか ー「檸檬」より



f0134963_09503.jpg


パークサイドだけでなく、周辺は広い範囲でおしゃれなカフェもギャラリーもワンサカとあるんだけど、


f0134963_1042424.jpg


特にお気に入りのお店をちらり・・


f0134963_2312249.jpg
http://cavane.com


f0134963_23121766.jpg
http://www.ji-ru.com



そして、葉が色づく季節といえば、、アルモドバル映画の音楽だよねっ(強引w)



La Mala Educacion
(Bad Education)


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/20969469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jean moulin at 2013-11-27 18:37 x
紅葉の写真綺麗だね!
昔から、木の下から空を見るのが大好きで(隊長とは逆視点か)、良さ気な木があるとダッシュしていた「木の下ハンター」だった事、思い出した・・。

yomodaliteさんには珍しい花の写真もあるね(笑)
この季節のバラらしく、妖艶で力を秘めてる感じが伝わってきて、さすが、ひと味違う!
この写真を見ていると、歌舞伎俳優研修生に向けた講演で、三島由紀夫が、歌舞伎の妖しい美しさを喩えた「悪の華」という表現が彷彿とされてきたよ。
Commented by yomodalite at 2013-11-27 20:16
>良さ気な木があるとダッシュしていた「木の下ハンター」

うむぅ。。人って色んな趣味があるものだね(笑)私は、、
「建物の窓に空が映ってるハンター」かも。。

>yomodaliteさんには珍しい花の写真…

花の写真はmoulinさんにまかせてあるからさw

>三島由紀夫が、歌舞伎の妖しい美しさを喩えた「悪の華」…

それどこで読めるの?
写真が妖艶かどうかはさておき、歌舞伎俳優研修生に三島が教えてる…
という点で「Bad Education」とテーマかぶってて嬉しいですっ!
Commented by jean moulin at 2013-11-28 18:20 x
>「建物の窓に空が映ってるハンター」
おーー なかなかのハンターだ。
空つながりだね。

>それどこで読めるの?
フフフ これは、「新潮社三島由紀夫全集」36巻でしか読めないと思うよ。
41巻には、講演の音声が収められているの。

自前で申し訳ないけど、ここにちょこっと紹介してるよ。
http://yasukuni0423.blogspot.jp/2013/02/blog-post_15.html
Commented by yomodalite at 2013-11-28 21:29
すごぉーーいい、CD付きの全集なんてあったんだ!
そんなにマニアックなものじゃ、読めないなぁ(ふぅーー助かったww。だってもう宿題が多すぎるんだもんっ。。)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-11-27 08:58 | 日常と写真 | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite