カフェでkindleを読みつつ、読んだ本のことを考える…

f0134963_23112554.jpg


東京の街中では、大手カフェチェーンが席巻しまくっていたせいなのか、大阪では、個人オーナーの個性が光るお店が目につくことが多い。

カンテ・グランデは、近所を散歩中にみつけたお店で、お店全体をグリーンが駆逐しているような佇まいが素敵。

上の写真からはそんな風に見えないと思うけど、この建物の上の方は普通のマンションになっていて、


f0134963_23122620.jpg

お店はマンションの1階ではなく「地下」なのね。

この構造から、このカフェのオーナーがマンションも建てたのでは?という気がするのだけど、どーなんでしょう? こちらは、ウルフルズのメンバー3人がバイトしてたなどの逸話もある昔からの有名店らしく、現在はグラン・フロントを始め、各所に支店もあるようです。

◎カンテ・グランデ

そんなカフェで、ジンジャー・チャイを飲みながら、iphoneで、内田樹の『寝ながら学べる構造主義』を座って読む。なんで、この本を読むことになったかといえば、

ダーリンが、図書館で予約していた、釈徹宗と内田樹の共著『聖地巡礼』と、中沢新一と内田樹の共著『日本の文脈』が、2冊同時に来てしまって、大阪に漂う霊性について、先に答えを知りたくないと思い『大阪アースダイバー』も読まずにガマンしていた私も、ついつい、こちらは「ちら読み」してしまい、

そのせいで『寝ながら学べる構造主義』が読みたくなった。。


f0134963_0554945.jpg

知的探求は(それが本質的なものであろうとするならば)、つねに「私は何を知っているか」ではなく、「私は何を知らないか」を起点に開始されます。(『寝ながら学べる構造主義』のまえがきより)


ここは、霊性が高いという情報は、自分の身体で感じたいんだけど、私が霊性を感じているポイントとポイントを繋ぐ構造についての、方法論… と思ったら、ああ、自分は「構造主義」を知らないんだと、初めて「知らない」ことに気づいたからだと思う。


f0134963_23143875.jpg

このお店の隣には富島神社という神社もあって、お店に入る前にそちらにも寄った。

門前や、本堂の前だけでなく「先代」もいて、狛犬自体は、たぶん「岡崎型」と言われるよくいるタイプではあるのだけど、お稲荷さんの狐や、カエルまで、ここには動物の像がたくさんある。



f0134963_23182310.jpg



f0134963_23184472.jpg


動物とか、生物がそんなに好きとはいえないけど、生物をかたどった像のようなものを見るのは飽きない。内田氏は、上町台地や、梅田駅周辺は、土地が持っている霊力を侮った罰だと言っておられるのだけど、私はその感覚には疑いを抱く。



f0134963_0561699.jpg


そういえば、『聖地巡礼』の中に「聖地はスラム化する」という大瀧詠一氏の言葉が紹介されていて、聖地は必ず俗化する宿命にある。と。

キレイになった大阪駅やグランフロントからほど近い場所の混沌は、今の六本木や原宿の裏道にある感覚とは違っていて(かつてあった雰囲気とも少し違うような)、私には、そのどちらもすごく好ましく感じられる。

「聖地」ではない神社には動物が多くて、それは、やっぱり「人」にもいいのだと思う。



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/20933029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jean moulin at 2013-11-26 18:38 x
yomodaliteさん お久しぶり!

「寝ながら学べる構造主義」kindle版あるんだ、と出かけたら、「1分以内にお読みいただけます」というコピーに引っかかって、購入してしまった。
まだ20%くらいしか読んでなくて、これから楽しみなところなんだけど、現代思想本にありがちな「庶民にはどうせ解りませんから」みたいなところがなくて、読みやすい本だよね。
ただこの感覚も、この本によると、構造主義に至る大事な視点のようだけど。

そうそう、ここにこっそり書かせていただきますが・・、
今年日本を席巻した「半沢直樹」が、私には全くおもしろいと思えず(個人の嗜好です。)、日本人が口々に「やられたらやり返す、倍返しだ!」という事には、すごく抵抗があって・・(個人の感想です。)
というわけで(?)テレビドラマには、まったく詳しくないのに「安堂ロイドは、テレビドラマ史に残る名作じゃない?」と一人で思っていたのが、一人じゃなかったなんて嬉しいわ!
Commented by yomodalite at 2013-11-26 21:56
>「寝ながら学べる構造主義」kindle版…

これ、kindleで読むのにピッタリな新書だよね。よくまとまってて、平易な文章だし、といっても、哲学って何度も読まなきゃなんないからさ。電子書籍で今後いちばん期待してるのって「新書の名著化」みたいなことかなぁ。


>「安堂ロイドは、テレビドラマ史に残る名作じゃない?」

うん。今のところかなり名作!志しが高くて、制作側の真直ぐなスピリットがすごく感じられる。SFをドラマにするのすごく難しいと思うけど、やっぱ「キムタク」はいいし、私たちがめっちゃ興味持ってるw「量子物理学」だし、色んな意味でMJだよね(どこがだよ)
Commented by jean moulin at 2013-11-27 18:21 x
>kindleで読むのにピッタリ

うんうん、そう思った!
私もiphoneで読んで見たけど、iphoneサイズ、ちょうどいいね。

>色んな意味でMJ
好きなものには、何かとこの人を見て取ってしまうよね。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-11-22 09:32 | 日常と写真 | Trackback | Comments(3)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite