和訳 Lou Reed “Caroline Says”

f0134963_16512185.jpg

先月の27日(2013.10.27)、ルー・リードが亡くなった。
別に悲しくはなかった。

71歳で亡くなった人のことを「早すぎる死」だなんて思わないし、
50歳で亡くなっても「長生き」したなぁと思える人もいる。
そんなのは人それぞれで、
ルー・リードのことは、そんなに好きだと思ったこともなかった。

ルー・リードのことを最初に知ったのは、彼がヴェルヴェット・アンダーグラウンドのメンバーで、そのバンドはアンディ・ウォーホルがプロデュースしたという、そんな伝説を読んだときだったと思う。


f0134963_1652403.jpg


ヴェルヴェット・アンダーグラウンドという響きと、ウォホールの「バナナ」にどんな共通点があるのかよくわからなかったけど、私には、彼らの音は「ポップ」ではないように思えた。

ポップ・アートの「ポップ」とは、カラフルで乾いた感覚だと思っていたのだ。

美術系のはずだったんだけどね、一応は。。

ピカソのことよりは、アンディ・ウォーホルについて聞かれた方が説明しやすいし、
現代アートがわかってます風な態度でいたんだけどね。。

ウォーホルが、ニューヨークで君臨できたのは、彼が自分を「空っぽ」にして、様々な人を受け入れたからだと思ってた。それは今でもそんなに間違ってないと思うけど、でも、「POP」のことは、まるでわかってなかった。

KING OF POPについて考え始めるまでずっと。。

バナナのジャケットのアルバムはそんなに聴かなかったけど、人生のある時期、ヴェルヴェッツを解散したあとのルー・リードの『ベルリン』というアルバムは「睡眠導入剤」としてよく聴いていた。それは全体でひとつの物語になっているようなアルバムで、それをよく聴いていた時期も、今も、それがどんな物語なのかわかってたわけじゃなくて、ただ、なんとなく癒されていたのだ。

この歌の中のベルリンと、その当時の自分の世界に、どんな共通点があったのか、なかったのかも、未だによくわからないけど、

アルバム最後の曲の、Sad Songが、とにかく悲しくてもだいじょうぶなんだと思わせてくれていて、キャロラインも私になにかを伝えてくれてると思ってた。

それで、今日は、、キャロラインが何を言っていたのか知りたくなって、
うっかり訳してしまいました。

日本語訳の気になる点は遠慮なくご指摘くださいませ。






Caroline says I
Songwriters : Lou Reed

Caroline says that I'm just a toy
she wants a man, not just a boy
Oh, Caroline says, ooohhh, Caroline says

キャロラインが言うには、俺はおもちゃなんだって
彼女が求めてるのは「男」であって、男の子じゃない
キャロラインはそう言うんだ

Caroline says she can't help but be mean
or cruel, or oh so it seems
Oh, Caroline says, Caroline says

キャロラインは、自分はどうしても冷たくしてしまうし
人からもそう思われてる
ああ、キャロラインはそう言うんだ

She say she doesn't want a man who leans
Still she is my Germanic Queen
Yeah, she's my Queen

彼女は言うんだ。自分に寄りかかって来る男なんか欲しくないって
彼女は、僕のドイツ的世界の女王様
そう、彼女は僕のクイーンなんだ

The things she does, the things she says
people shouldn't treat others that way
But at first I thought I could take it all

彼女がすることも、彼女が言うことも、
人が、人をそんな風に扱っちゃいけないってことで
ぼくも、最初はすべてそうできるって思ってた


Just like poison in a vial
hey, she was often very vile
But of course, I thought I could take it all

小さな瓶に入った、毒薬のように
彼女はしょっちゅう酷い状態で
でも、ぼくはすべてを受け入れられるって思ってた

Caroline says that I'm not a man
so she'll go get it catch as catch can
Oh, Caroline says, yeah, Caroline says

キャロラインが言うには、僕なんか男じゃないって
だから、彼女は男を落とすために、外に男をつかまえに行った
ああ、キャロラインはそう言ったんだ

Caroline says moments in time
can't continue to be only mine
Oh, Caroline says, yeah, Caroline says

キャロラインは、そのときそうなってしまったんだから
僕だけのもので居続けることなんかできなかったって
ああ、キャロラインはそう言ったんだ

She treats me like I am a fool
But to me she's still a German Queen,
ooohhh, she's my Queen, ya ...
Queen, hey baby, she's my Queen
(Queen)….

彼女は僕をまるでピエロのように扱う
それでも、彼女は、僕のドイツの女王様だった
彼女は僕の女王だったのさ






Caroline says Ⅱ
Songwriters : Lou Reed

Caroline says
as she gets up off the floor
Why is it that you beat me
it isn't any fun

キャロラインは言う
彼女は床から起き上がり
どうして、私をぶったの?
そんなことして何が楽しいのって

Caroline says
as she makes up her eyes
You ought to learn more about yourself
think more than just I

キャロラインは言う
アイメイクしながら、
あなたは、もっと自分自身を学ぶべきなのよ
あたしのことを考えるよりも(*)

But she's not afraid to die
all her friends call her "Alaska"

それなのに、彼女は死を恐れない
彼女の友だちはみんな彼女を「アラスカ」って呼ぶ

When she takes speed, they laugh and ask her
What is in her mind
what is in her mind

彼女が覚醒剤をやってるとき、みんな笑いながら聞くんだ
彼女の頭の中はどうなってるんだ
なにを考えてるんだってね

Caroline says
as she gets up from the floor
You can hit me all you want to
but I don't love you anymore

キャロラインは言う
彼女は床から起き上がり
ぶてばいいのよ ぶちたいだけぶてば
もうあなたのことなんか愛してないんだからって

Caroline says
while biting her lip
Life is meant to be more than this
and this is a bum trip

キャロラインは言う
唇をかみしめながら
人生には、もっと色々あるはずよ
こんなひどいのじゃなくって

But she's not afraid to die
all her friends call her "Alaska"
When she takes speed, they laugh and ask her

それなのに、彼女は死ぬのを怖れないで
彼女の友だちみんなから「アラスカ」って呼ばれて
彼女が覚醒剤をやってると、みんな笑いながら聞くんだ

What is in her mind
what is in her mind

彼女の頭の中はどうなってるんだ
なにを考えてるんだってね

She put her fist through the window pane
It was such a funny feeling

彼女が窓ガラスを割って、手首にあてても
それが可笑しく見えるぐらいだった

It's so cold in Alaska
it's so cold in Alaska
It's so cold in Alaska

アラスカはとても寒いところで
アラスカもとても冷たくて
アラスカの中もすごく冷たくなっていたんだ

(訳:yomodalite)

(*)ただ、自分で考えたと思うよりも…みたいな方かな。。


f0134963_20492535.jpg

◎ルー・リード氏死去 享年71
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドで活躍のロックミュージシャン



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/20869294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-11-17 17:55 | 現代文化・音楽・訳詞 | Trackback | Comments(0)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite