想像ラジオ/いとうせいこう

想像ラジオ (河出文庫)

いとうせいこう/河出書房新社

undefined


DJせいこうのラジオは、2011年3月11日の東日本大震災から4日後に始まった。

それは、震災後の文化人ツイートの中で、もっとも心打たれたものの1つで、あの頃に保管していた、つぶやき記録(カテゴリ「311関連」)にも、絶対に残っているはずだと思ったんだけど、なぜかみつからなかった。

確実に覚えていたのは、その「ラジオ」で最初にかかった曲が『上を向いて歩こう』で、次がウルフルズの『笑えれば』、そのあと、マーヴィン・ゲイの『What's Going On』に励まされた思い出と、志ん朝からのサンプリング

「あたしにまかせてください。悪いようにはしませんから」

「俺が来ました。もう心は大丈夫です」に続いて、

次にかかった曲が、マイケル・ジャクソンの『Rock With You』だったこと。

わたしの鉄板中のてっぱん、マーヴィン・ゲイ、志ん朝、MJが登場して、それまで、そんなに深く意識してなかったけど、いとう氏にもたくさん影響を受けてきたことを思い出したのだけど、大地震や、原発事故という大きな被害のあとのつぶやきに、わたしが違和感や、危惧を感じなかった人たちは、いずれも音楽と笑いを重視している人々で、そうではない人々からの知識や、情報もなにもかもが貧弱に思えてならなかった。

本書の「想像ラジオ」は、DJせいこうではなく、DJアークによるもの。

DJアークは、妻と息子がいる38歳の芥川という男で、杉の木のてっぺんから放送していて、そこにはリスナーのメッセージも届けられてる。

DJアークが最初にかけた曲は、ザ・モンキーズの「デイドリーム・ビリーバー」、その次にかかったのは、ブームタウン・ラッツの『哀愁のマンデイ』でした。


Boomtown Rats
I Don't Like Mondays (Live 1981)




◎[Amazon]想像ラジオ/いとうせいこう



◎下記は、2011年3月15日 DJせいこう@seikoitoDJ のツイートから。 
https://twitter.com/seikoitoDJ


DJせいこう ‏@seikoitoDJ
被災地のみんな、心の被災をしているみんな、こんにちわ。DJせいこうです。原発ニュースが深刻だね。でも今はまずこんにちわ!

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
まずはきっかけになった仙台の@oznyankos、余裕のあるときでいいから言葉を聞かせて!

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
みんな、どこでこのDJ見てる? それを教えて。少しでも被災地のそばまで行けたらうれしいです。おれたちはみんな君たちのことを思ってるよ。 #seikodj

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
ここで、「上を向いて歩こう」をお送りします。a tast of honeyがスキヤキとしてカバーもしてて世界的大ヒットだったね。救援の海外の人にもわかると思うんだよね。歌ってあげて。じゃあ、歌いましょう。届け! 「上を向いて歩こう」

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
みんなで歌ってるところ悪いけど、仙台からも秋田からも「リスナー」からの声が届いてるぜ。リプライ見てくれよな。確かtwitterが他人のリプライも見れるぜ。杉並区からも届いてる。俺の台東区の家も本棚が倒れてぐちゃぐちゃだぜ!

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
いろいろリクエスト曲きてるぜ。全部それぞれ一気に各自「on air」が原則の文字DJだけど、ここで@philosikからの『スーダラ節』を俺は歌うよ。あと、この放送のきっかけになった仙台の@oznyankosは「絶対生きる!」ってリプライくれた。俺も生きるぜ! リスナーもな!

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
@sexy_sadie0122からのリクエストで、ウルフルズの「笑えれば」をかけたいんだけど、俺、歌詞知らないから。ぐっとくるとこ、リプライして。そしたらアップするから。で、知ってる人も知らない人も雰囲気で歌おう!

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
特に被災地の方々で、これを読める方、「思わず心がほんわりしたこと」「思わず笑っちゃったこと」をお寄せください。ずっと緊張で本当に大変なことでしょう。一生懸命お察しします。

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
@yackeee DAI yackeeeからいただきました。ウルフルズの「笑えれば」歌詞。「♪とにかく笑えれば 最後に笑えれば♪ 今日一日のおわりに ハハハと笑えれば」。ごめん、俺知らないけどテキトーに歌うわ。みんなも歌おう!

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
福島から「疲れちゃったよ」のリプライ。だろうと思うよ。正直、俺でさえ布団かぶってうずくまってる時間が長いから。だから、この「番組」に本音くれよ。弱音くれよ。俺も泣きながらやってるよ。

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
この放送のいいところは、リクエスト曲をその時間に聴く必要がないってとこ。歌える時間に歌うことも「放送」だって言いたいんだ、俺は。元気が出るよね、音楽は。俺も人生で最悪の時期にマービン・ゲイのワッツゴーインオンに励まされたんだよ。やつの見てる地獄が俺以上だったから。

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
ヘイ、福島ピープル! 岩手、茨城、秋田、新潟、千葉、長野フレンズ、もしも夜とかにustしたら見られる人はいますか? だめなら今のままの文字DJで心をロックするぜ。

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
古今亭志ん生からのサンプリングだけど、俺はこの数年イベントとかでいきなり言うんですよ。「あたしにまかせてください。悪いようにはしませんから」って。これがうけるんだよねー。経年変化の雰囲気なんだろうけど。で、今もはっきり言うよ。「俺が来ました。もう心は大丈夫です」

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
横浜がた夜間停電の可能性ありとリプライもらった。月明かりがきれいだといいね。さて、みなさん、ここで一曲。マイケルジャクソンで「rock with you」。なんかいきなり思いついた。鼻歌でなんとなく歌えるでしょ? てことで歌って。

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
リスナーのみんな、ありがとう。結果、「アイワナロックウィズユー」でいいわ。「アイワナロックウィズユー オールナイト ダンシング ウィズ ジャパン」で。歌って。

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
なんかわからないけど、「ロックウィズユー」をテキトーに歌い続けて増す、俺もなう。踊ろうよ、各自で。

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
作家たちがこの事態にむけて何かしようとしてるって。メールで呼びかけがあったけど、どうでもいいと思った。やりたきゃ自分の責任で好きにやれよ、クソども。俺は俺の責任でもうやってる、俺ラジオ。次の曲はどうしよう? 

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
どーしたんだ、ヘヘイベイビー!

DJせいこう ‏@seikoitoDJ
俺たちの放送ではキヨシローさんは生きてるぜ、もちろん! 俺が初めてやったアマチュアバンドはRCのコピーバンドだったんだよ。それから俺の音楽人生が始まったんです。


[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/20374083
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あ き ら at 2013-09-20 14:22 x
こんにちは。想像ラジオは出てすぐに買ったのに積んだままにしているのはワタシです。

>最初にかかった曲が『上を向いて歩こう』で、次がウルフルズの『笑えれば』、そのあと、マーヴィン・ゲイの『What's Going On』に励まされた思い出と、志ん朝からのサンプリング・・・

そうでしたか。何だかいいこと教えてもらっちゃった、という気がします。震災とは遠く西日本にいても心が苦しくて、苦しいとも気づかずにしばらくいて、そのあとは音楽しか聴けなくなったのでした。遠くにいるものの戯言ですけれども。積んであるやつ、読んでみます。
Commented by yomodalite at 2013-09-20 21:42
>そうでしたか。

そうなんですよ。あきらさん!

本書のきっかけであの頃のツイート振り返ってみたんですけど、東京なんか津波も来てないのに、地震があっただけで、臆病な私だけでなく、せいこうさんですら、もうずっと布団にうずくまっていたいみたいな時期があったり、計画停電や節電のせいで、暑いし、暗くて、みんな体調悪くなってた中、あのときの、想像ラジオには「グッと」きたんですよね。

この本は、そのラジオとは別の「津波があった場所で」放送してたラジオですからねぇ。。

それと、田島貴男さんのファンなんですね。私は元々XTCがすごく好きで、それで、ラ・ママ時代のオリラブに熱狂して、BODY FRESHER IIや、ORANGE MECHANIC SUICIDEとか、もう大好きでした!
Commented by あ き ら at 2013-09-21 16:09 x
>私は元々XTCがすごく好きで、それで、ラ・ママ時代のオリラブに熱狂して、BODY FRESHER IIや・・・

すみません!うれしさに悶えてしまいました(笑)。とはいえ、残念ながら当時はリアルに体験するような余裕はなくて遠くにいたのですけれど。今は自分のペースで愛しております。
Commented by yomodalite at 2013-09-21 23:02
そういえば、川勝氏の本で「ラ・ママ」の田島貴男にしびれまくったみたいな文章があって、それで、同じ頃、わたしも彼に夢中になってたことを思い出したんですよね。。。とにかく、こんなカッコいい人がいるなんて。と痺れまくっちゃって(私は「カッコいい」と思って夢中になることは、めったにないんですけどね)。。

ただ、私の好きな田島貴男は「バラード」じゃなくて、、「ピチカート」参入からはご無沙汰してたんです。でも、あきらさんのブログで彼の音楽を聴いたら、またちょっと新鮮なきもちになりました!
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-09-14 08:23 | 文学 | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite