和訳 trust『Dancing the Dream』[12]

f0134963_11571197.jpg

マイケル・ジャクソンが1992年に出版した『Dancing the Dream』に
収められた「trust」の和訳です。

日本語部分には、ご注意のうえ、気になる点や間違いは、遠慮なくご指摘くださいませ。


trust
Written By Michael Jackson

As I was feeding squirrels in the park, I noticed a small one that didn't seem to trust me. While the others came close enough to eat out of my hand, he kept his distance.

公園でリスに餌をあげていると、小さな一匹がぼくのことを信頼していないことに気づいた。他のリスたちが近づいて来て、ぼくの手から食べているときも、そのリスだけは距離を保っていた。

I threw a peanut his way. He edged up, grabbed it nervously, and ran off. Next time he must have felt less afraid, because he came a little closer. The safer he felt, the more he trusted me. Finally he sat right at my feet, as bold as any squirrel clamoring for the next peanut.

ぼくがそのリスの方向にピーナッツを投げると、じりじりと近づいて用心深そうにそれをつかんで走り去った。その次はもっと近くまでやってきたので、彼は、ぼくを恐れることなく、安全だと感じたことで、徐々にぼくを信頼するようになり、最終的には、ぼくの足元までやって来て、他のリスたちと同じように騒がしくピーナッツをねだるようになった。

Trust is like that, it always seems to come down to trusting in yourself. Others can't overcome fear for you; you have to do it on your own.

信頼とはそういったもので、常に自分自身の信頼にかかっている。他人にはあなたの恐怖を克服することなどできないから、自分でやるしかないのだ。

It's hard, because fear and doubt hold on tight. We are afraid of being rejected, of being hurt once more. So we keep a safe distance. We think separating ourselves from others will protect us, but that doesn't work either. It leaves us feeling alone and unloved.

それは厳しいことだ。なぜなら、恐れと疑いは強く結びついていて、ぼくたちは、また傷つけられたり、拒絶されるのではないかと恐れ、相手との距離を保ってしまう。しかし距離さえ保っておけば、自分の身を守れるという考えは間違いで、それでは、いつまでたっても、孤独で自分が愛されていないと感じることから脱け出すことができない。

Trusting yourself begins by recognizing that it's okay to be afraid. Having fear is not the problem, because everyone feels anxious and insecure sometimes.

自分自身を信じるには、まず恐怖心を認めること。どんなひとにも不安や心配はつきもので、恐れをもつことは問題じゃない。

The problem is not being honest enough to admit your fear. Whenever I accept my own doubt and insecurity, I'm more open to other people. The deeper I go into myself, the stronger I become, because I realize that my real self is much bigger than any fear.

問題は、自分の恐怖を正直に認めようとしないことだ。自分に不安や疑いがあることを認めてしまえば、他人に正直に心を開くことができる。自分自身を深く探れば探るほど、人は強くなれる。なぜなら、本当の自分を認めることより大きな恐怖はないということがわかるからだ。

In accepting yourself completely, trust becomes complete. There is no longer any separation between people, because there is no longer any separation inside. In the space where fear used to live, love is allowed to grow.

自分自身をまるごと受け入れることで、信頼はより完璧になる。心の中の垣根を取り去れば、人と人の間の垣根もなくなり、恐怖が住んでいた場所にも、愛が育っていくのだ。

(訳:yomodalite)

f0134963_2314955.jpg
◎[Amazon]『Dancing the Dream』Michael Jackson



[PR]
トラックバックURL : http://nikkidoku.exblog.jp/tb/20349828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mitch_hagane at 2013-09-12 09:06
みっちは見ていないけど、映画「アフター・アース」ってのがあって、予告編でウィル・スミスが盛んにFear、Fearと言っていたのを思い出した。(汗)

これです↓
“Fear is not real. It is a product of thoughts you create. Do not misunderstand me. Danger is very real. But fear is a choice.”

みっち訳:
『恐怖は実在しない。それは自分の思考が生み出したものだ。間違えてはいけない。
危険は確かに実在する。だが、それを恐怖するかどうかは、選べるのだ。』
Commented by やんちゃ at 2013-09-12 11:12 x
勇気が出そうです〜dvd借りて来てみよう。
mjファンから、前向きなyomodaliteさんのファンにもなっている
五十肩の嫁です。コメント欄の皆さまの教養レベルもmj考察レベルも高水準でワクワクして拝読。今日、今頃やっとAmazonからDancing the Dreamが届くレベルの私ですが、蟻の行列に入り込んだみたいな楽しさで、先頭のyomodaliteさんにすごーく感謝しています。
Commented by yomodalite at 2013-09-12 18:30
>危険は確かに実在する。
だが、それを恐怖するかどうかは、選べるのだ。

ウィル・スミスはん、ええこと言わはるなぁ。。わたしは平均よりも大分臆病なので、暗いところで、爆発したり、襲われたり、死んだりするのが怖いので、映画を娯楽とは思えなくて、、自分を知るより、やっぱ恐怖映画の方が怖いよぉと思ってしまうのだけど。。

でも、死ぬのが一番良くないとか、命が一番大事だっていうのは、初等教育なんだよね。今の日本はもうそれしかないけど。。

「アフター・アース」http://eiga.com/movie/58024/special/ 私も観てないけど、なんか、SFらしいSFって感じですね。この間紹介していただいた『思考と行動における言語』今、苦しみつつ読んでるとこなんですけど、この映画も観てみようと思います!
Commented by yomodalite at 2013-09-12 18:46
>今頃やっとAmazonからDancing the Dreamが届く...

つ、ついに!

その本は見るだけで「うっとり」できちゃう上に、読んでも「ええこと」ばっかしなんですが、、最近「Part 1」と「Part 2」は、どういう基準で分けてあるのかなぁと疑問に思い始めたので、やんちゃ姐さん、わかったら教えてくださいね。(他の方も是非!)
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by yomodalite | 2013-09-10 11:33 | ☆Dancing the Dream | Trackback | Comments(4)

旧「読書日記と着物あれこれ」。歴史/文学/お笑いを好み、着物生活をしていたはずが、いつしかマイケルジャクソンのように本を読もうになってしまったブログ。永年暮らした東京を離れ、現在は大阪を満喫中。


by yomodalite